ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    でも確かにこれ悪意があるわけではなく、素人で「横須賀線」と「湘南新宿」の区別付かない奴なんかいくらでも居るはず。そもそもの駅の案内の仕方が間違いで、湘南新宿から来たかどうかではなく、方面別に「東海道方...

    ushinさん

    JR東横浜支社管内(たぶん)の横須賀線のホームには、湘南色の「湘南新宿ライン」整列目標とスカ色の「横須賀線」整列目標があり、「湘南新宿ライン逗子行きはオレンジの印に」とか案内されていて、バカ正直に並ん...

    ushinさん

    ミゲ~ル さん 2017.08.10 PM2:41 「そりゃ「center」は中心の意味だろうけど、この場合は施設という意味じゃないのか?と。」<中国語ネイティブで「なんちゃらセンター=○○中心」で、...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
2位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
3位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
4位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
5位
「8月21日今日は何の日?」
6位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
7位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
8位
横浜高速鉄道みなとみらい線で不正折り返し乗車、その実態は?
9位
横浜発祥のコンビニ「スリーエフ」がなくなってしまうって本当?
10位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
11位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
12位
廃棄野菜と迷惑生物が三浦半島の「新名物」!? 話題の「キャベツウニ」を調査!
13位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
14位
キュートな花柄が似合うセクシー系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編】
15位
「ピカチュウ大量発生チュウ!」のイベント名に偽りなし! ポケモン開発者と歩くイベントレポート2017!
16位
新しくなった関内駅ってどう変わったの? その後の街の変化は?
17位
『ポケモン』開発者、横浜・東戸塚出身の増田順一さんにクリエーターの原体験をインタビュー!
18位
透明感ある美白美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【由比ヶ浜海岸編】
19位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
20位
意外な穴場を発見? 県外の人に横浜を案内するならどこ?
21位
芸者が働く「花街」が井土ヶ谷の住宅地にあったって本当!?
22位
戦時中B29が鶴見区の總持寺に墜落したって本当?
23位
ドキッと発見! あなたの街の看板娘!(野毛編)
24位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
25位
こんがり焼けた肌が健康的な水着美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第2弾】
26位
【はまれぽ名作選】ゆずの「夏色」に出てくる「長い長い下り坂」って本当に長いの?
27位
祝60周年! 大磯プリンスホテルに温泉・スパ施設が開業。 湘南セレブ時間を初体験!
28位
多国籍の人々が暮らす県最大の公営住宅「いちょう団地」と一見入りにくい「超ディープ」なベトナム料理店「タンハー」に突撃!
29位
【はまれぽ名作選】横浜西口五番街の由来は?一番街から四番街まであるの?
30位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

漁平の鍋

ダシの旨みが凝縮したもつ鍋や、漁港直送の魚を化学調味料などを一切使用せず調理。極上の味を召し上がれ!

最終更新日:2017年3月22日

045-341-0019

イチオシサンプル画像

翌日は体が軽い? 体の芯から元気になってお肌もプルプルに! ヘルシー牛もつ鍋「漁平の鍋 関内北口店」

たっぷり野菜のもつ鍋は、体を内側からじんわり温めてくれる癒しの料理。厨房で腕を振るうのは、こだわりが強すぎて「食の変態」を名乗る店主「まー君」こと長崎正樹さん。「こだわりすぎのもつ鍋」のお味はいかに?

DATA
住所: 横浜市中区吉田町5-4 第6吉田ビル1-A
JR根岸線、横浜市営地下鉄ブルーライン「関内駅」より徒歩3分、JR根岸線「桜木町駅」より徒歩7分
営業時間: 17:00~23:00(日・祝前日15:00~23:00)
平均予算: ~4000円

JR関内駅北口から徒歩3分。街の喧騒を離れた小道の一角に、黒を基調とした落ち着いた居酒屋さんがある。店の名は「近海地魚 牛もつ鍋 漁平の鍋(りょうへいのなべ) 関内北口店」。魚も牛もつ鍋も、要するにいろいろと食べられるお店だ。一見するとごく普通の居酒屋さんだが、この店、実は、すごいんです。
 

001_ryouhei_article
JR根岸線関内駅北口からイセザキ・モールへ
 
002_ryouhei_article
富士そばの角を右折
 
003_ryouhei_article
駅から徒歩約3分で到着!
 
004_ryouhei_article
黒を基調とした落ち着いた店内
 
005_ryouhei_article
「ここから物語がはじまる」? 期待を込めてメニューを開く

 
 
 
こだわりの食材が体を細胞から元気にする
 
「ここのもつ鍋は、ちょっとほかとは違う」
 
そんなことを耳にしていた筆者。いったい何が違うのだろうか。
 
メニューを開くと、「体が喜ぶもつ鍋」とのことで、とにかく食材にこだわっているらしい。
同店は、2012(平成24)年にオープン。昨年から店主を務める長崎正樹(ながさき・まさき)さんは、店内では「まーくん」と呼ばれ、親しまれている。食材への思いが強く、自ら「食の変態」と名乗っているのだとか。こだわりの度合いが強すぎるのが、変態の所以だそう。変態と言われるほどのこだわりって、いったい何なのですか?
 

006
食への熱い思いを語る店主まーくんこと長崎正樹さん

 
「こだわりすぎていて何から話せばよいか分からないですが、まずは、すべての料理に添加物、化学調味料、精製塩、白砂糖、小麦グルテンを一切使用していません。添加物や化学調味料が、体によい影響をもたらさないのはもちろんですが、精製塩、白砂糖、小麦グルテンは体を冷やすと言われていて、できれば摂らないほうがよいものなんです」
 
使用するのは、ミネラルが豊富な瀬戸内産の粗藻塩(あらもじお)やてんさい糖など。アルミは調理中に溶け出して体によくないという理由から、ステンレス鍋を採用している。こうしたこだわりの環境の中で、長崎さんが腕を振るう。
 
店名にもあるように、近海の地魚もここの名物。全国各地の漁港と提携し、築地市場でも手に入らないような珍しい魚も直送で入荷している。この日入ったのは、マゴチ、メジナ、コショウダイ、キチヌ。珍しい魚ばかり!
 

007_ryouhei_article
この日入荷した魚たち
 
008_ryouhei_article
日替わりの刺し盛り1200円。漁港直送だけあって、新鮮!

 
長崎さんいわく、「人の体って3ヶ月前に食べたものでできているんですよ。だから、普段から食材に気を使っていいものを食べていれば健康になるし、そうでないものを食べていれば、体に悪影響がでる。お客様に元気になってほしいということがこの店の一番のコンセプトです」とのこと。
 
といっても、難しいことは抜きにして、まずはおいしく食べてもらいたいと話す長崎さん。価格帯もリーズナブルに設定してあり、20代の若者から健康が気になる40代、50代まで客層もさまざま。1人でもグループでも入りやすい雰囲気。ただ、おいしかったね、と帰ってもらうだけでもうれしいという。
 

009_ryouhei_article
ユニフォームは、裁縫が得意なスタッフの手作り!

 
楽しいことが好きで、店で働くことも大好き。「楽しいから、仕事を仕事と思っていない」という長崎さん。そんな長崎さんのもとに、たくさんの人たちが自然と引き寄せられていく。スタッフは全員、元お客さん。店に通ううちに「ここで働きたい!」とアルバイトに立候補する人が次々現れるので、アルバイトの面接はしたことがないのだとか。
 
さらに、長崎さんは、「お客さんの悩みすべてをここで解決できるようになりたい。僕が考えているのは世界平和。食と笑いで世界を平和にしたいんです!」という。体の不調だけでなく、心も元気になってほしい。そう願って、スタッフの笑顔にも気を配る。
 

010_ryouhei_article
調理場の一角に貼られたスタッフへの伝言

 
長崎さんの熱い思いはスタッフだけでなく、店の外の人も引き寄せる。たとえば、焼酎「大正の一滴(580円/グラス(税抜・以下同)」。長崎さんがその味にほれ込み、会いたいと願ううちに、偶然が重なり社長と直接会うことができたのだとか。
 

011_ryouhei_article
焼酎のために育てられたさつまいもを使った「大正の一滴」

 
店内では、マジックショーやお笑いライブ、リンパマッサージまで、さまざまなイベントも開催している。講師やパフォーマーも、同店のお客さんとして来店し、長崎さんと意気投合したことで出演することになった人ばかり。たくさんの人が自然と、引き寄せられるかのように店に集まっている(イベント日程など、詳しくはフェイスブックページを参照)。
 
 
どれを食べても体が喜んでいることを実感!? >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索