食べる> ダイニング

エルスウェーニョ

時空を超えて、見知らぬ国に迷い込んだような気分が味わえるJAZZバー&ダイニング「エルスウェーニョ」

最終更新日:2018年4月13日

045-322-3014

    ~マスター手作りによるイタリアン・スパニッシュ家庭料理です~

    mv

お料理メニュー

    生ハム
    ・プロシュート・デル・パルマ(900円 ) 
    ・超熟プロシュート ( 1000円)
    ・クラテッロ・ディ・ジベッロ ( 1000円)
    ・ハモンイベリコ・デ・ベジョータ( 1000円)
    ・四種類の生ハム盛合せ( 2000円)
     
    手打ち生パスタ
    ・ポルチーニのクリームパスタ(1200円)          
    ・トマトとマスカルポーネのクリームパスタ(1200円)
    ・パルミジャーノチーズのクリームパスタ( 1200円) 
    ・豆乳とアンチョビソースのパスタ(1200円)
    ・イベリコ豚のとんこつスープのつけ麺(1200円)
     
    スパゲティ
    ・トマトソースとバジルのスパゲティ(1000円)  
    ・ ペペロンチーノ( 1000円)
    ・自家製ラグソースのスパゲティ(ミートソース)(1200円)   
    ・シェフおまかせ野菜の和風スパゲティ(1200円)
     
     炭火窯焼ピザ
    ・アボカドのピザ(1200円)  
    ・オリジナルトスカーナピザ( 1000円)

    ・ピザマルゲリータ (1000円)   
    ・アンチョビのピザ(1000円)

    ・水牛チーズピザ(モッツアレラ・ディ・ブッファラ)(1700円)   
    ・古代ピザ卑弥呼(1800円

    ・ポルチーニのピザ( 1800円)
     
    その他料理
    ・自家製パン( 500円)

    ・炭火焼キッシュ( 900円)
    ・田舎風ラザニア(1500円)   
    ・十穀米のパエリア(2000円)
    ・本日のタルト( 500円)   
    ・手作りアイスクリーム(500円)

マスターのブログ

    純はぼんやりと思う。
     
    何十年も前に、フランス、ボルド―の一地区、サンテミリオンの地でぶどうの実が赤く熟す。この地は先祖代々ワイン栽培の聖地だ。そのうえこの年はボトルワインに最適なきこうで、つまり日照が多く暑く、かつ秋が早い。ぶどうをあるいは植物を育てるのは自然の恵み。太陽の光と熱、雨と水、土壌の養分、ミネラル…それだけではない。青い空、白い雲、風のそよぎ、ふりかかる雨、鳥の声、蛙の声、蝉の声、コオロギの声、虫たちの接触、月の光、その満ち欠け、星のまたたき、そして人々の想い。
     
    主や農夫たちが共同でぶどうを摘む。きっとすばらしいワインができる期待を胸に。シャトーに移し、皮をもみ実をくだいて熟成させる。それを濾して樽に寝かせて待つ。それを濾してボトルに詰める。製法は秘伝だ。
    そうしてできた一本がこのワインだ。
     
    何十年の歳月を経て、多くの人々の手を経て、いま、東の果てのこの地にあり、述の手によって開けられ、注がれた。ワインは生きている。
     
    マスターのブログの続きはこちらから⇒http://elsueno.jp/o_blog/page/4