ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
【はまれぽ名作選】本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 動物病院

新横浜動物医療センター

“ペットのきもち”に沿った治療・ケアを!

最終更新日:2017年3月22日

045-947-3191

イチオシサンプル画像

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

イヌ、ネコ、小動物、そしてヤギ!? 治療からトリミング、ホテルまでしっかり完備された施設で、 ペットに関する「困った!」に笑顔で応える

DATA
住所: 神奈川県横浜市港北区篠原町2805
JR各線・横浜市営地下鉄「新横浜」駅篠原口より徒歩3分
営業時間: 9:00~12:00、15:00~19:00
 
「一生つきあっていきたい」と思ってもらえる病院をめざして
 
もちろん、新横浜動物医療センターは、こうした設備や環境の充実だけに力を入れているわけではない。五十嵐先生のモットーは「飼い主さまに“一生つきあっていきたい”と思ってもらえる動物病院をめざす」こと。
 
そのために最も力を入れているのが、インフォームド・コンセント(=病状や治療方針をわかりやすく説明し、患者の同意を得ること)の徹底だ。不調の原因をしっかりと探り、最も適した治療法を提案する・・・当たり前だが、それができなければ飼い主さんとの信頼関係は生まれない。
 

021_shinyoko_article
ペットの不調の原因を探るための各種検査機器も取りそろえている
 

022_shinyoko_article
レントゲン画像やエコー画像などを見ながら説明

 
また、同様に病気の治療だけではない「ペットのトータルケア」にも力を入れているという。
 
「動物病院を訪れる理由って“ペットの様子がいつもと違う”というのがほとんどですよね。でもその時には、すでに病気にかかっている状態かもしれません」と、語る五十嵐先生。病気を治療するのも動物病院の務めだが、同様に「病気を未然に防ぐことにも力を入れている」のだとか。
 

023_shinyoko_article
ペットの“ちょっとした変化”に気づく、そんな存在でありたいという

 
院内にトリミング施設やペットホテルを併設しているのも、こうした想いからだ。少しでもペットに触れる機会を設けることで、「トリマーが皮膚病を見つけたり、ペットホテルでの様子を見て獣医師が“ちょっとおかしい”と、発見することもある」のだという。
 
シャンプーやカットの価格は犬種や個体の大きさで変わってくるが、小型犬でシャンプー(2900円/税抜・以下同)や、カット(4800円~)。皮膚病のある子には薬用シャンプー(500円~)、オゾンシャワー(1500円~)などの用意もあるので、安心して施術を受けることができる。
 

024_shinyoko_article
トリマーの森町さん(右)と松尾さん。もちろん耳や爪のお手入れもお願いできる

 
トリミングは、本院である三ツ池動物病院でも活躍していたベテラントリマーである森町さんと、今回の開院に合わせて新たにスタッフに加わった松尾さんの2人で担当。動物病院での施術という安心感、そして良心的な価格も手伝って予約も急増中だ。
 

025_shinyoko_article
心臓などに疾患がある子でもトリミングOK!それも動物病院併設だからこそ

 
また筆者が実際に見て「これはいいなぁ・・・」と思ったのがペットホテル。もちろん犬と猫は別のスペースでのお預かり。しかも用意されているケージがすごく大きい! 筆者が知っているペットホテルで使用しているケージに比べ、軽く2倍の広さはあるのではないだろうか。
 

026_shinyoko_article
長期休暇の期間は予約でいっぱいになるというのも納得!

 
また、ペットの具合が悪くても「仕事が忙しい」とか「高齢で外出が難しい」など、さまざまな理由で動物病院に足を運べないケースもある。
 
そうした飼い主さんのために、三ツ池動物病院の創業時から往診にも対応。「病院に行けなくて病状が悪化した」といった悲劇を生まないよう、「自分のできることを続けていきたい」と、新横浜動物医療センターでも、できる限り往診に応じていくという。
 

027_shinyoko_article
往診中の五十嵐先生。先日は「ヤギを往診した」のだとか(写真はホームページより)

 
ほかにも「これから犬を飼いたい」と考えている人に向け、その人のライフスタイルに合ったオススメの犬種を教えてくれるチェックシートをホームページ上で掲載したり、生後5ヶ月未満の子犬を対象に、他の犬や人との接し方やしつけを学ぶ「パピークラス」の開催など、ペットと飼い主との“幸せな暮らし”をサポートする取り組みにも力を入れている。
 

028_shinyoko_article
ライフスタイルに合わせた「オススメの犬種」をホームページで紹介

 
ペットのことで困ったり、悩んだりした時にいつでも頼れる・・・そんな「ペットのトータルケア」をめざす五十嵐先生に「今後、何かさらに取り組みたい事案はありますか?」と聞いてみた。すると「遺されたペットの預かりシステムを作りたいですね」との答えが。
 
聞けば、今、「癒される」「話し相手になってくれる」とペットをかわいがる高齢者が増えているのだという。そうした背景の中で、ペットよりも先に飼い主さんが亡くなられ、行き場を失った犬や猫が処分されてしまうといった悲しいケースも少なくないのだとか。
 

029_shinyoko_article
かつて三ツ池動物病院で生活していた故・紅鮭ちゃんも、飼い主を亡くした一匹だった

 
“ペットを飼いたいと思っているのに「高齢だから」と諦める”、“飼い主亡き後、ペットが行き場を失う”、どちらも悲しいことだ。こうしたペットが絡む不幸や悲しい事例を少しでも減らしていきたいのだという。
 

030_shinyoko_article
五十嵐先生の言葉の隅々から、動物への深い愛情を感じることができた

 
「かわいいから」と一目ぼれでペットを飼う人もいる。でも、当たり前だがペットも年齢を重ねて老い、病気になり、飼い主より先に亡くなることの方が多い。筆者も猫を亡くすたび「この子はウチで生活していて幸せだったかな」「もっとできることはなかったかな」と後悔もした。
 
でも、新横浜動物医療センターのように、トリミングやペットホテルを利用して、定期的に動物病院に訪れる機会を持てば、お医者さんの目でペットの変化に気づいてもらえるようになる・・・それは非常に心強いし、筆者のような「後悔」をする飼い主さんも減るのではないだろうか。
 
ペットのトータルケア、一人でも多くの飼い主さんに活用してほしいと感じた。
 
 
 
取材を終えて
 
我が家の「こまめ」が元気なことをいいことに、定期検診などもせずに、すっかり放置状態になっていることを痛烈に反省した今回の取材。ペットを飼い、何度も動物病院に通った経験があるから分かるが・・・かなりうらやましいです! この充実した設備と環境。
 
筆者ならペットホテルをフル活用して、先生方と「こまめ」を「顔なじみ」にするだろうな。
 

031_shinyoko_article
ペットの健康維持のためにも「一生お世話になりたい動物病院」だと感じた

 
「犬はフィラリアの予防接種の時に健康診断を行いますが、猫の場合、そういった機会もあまりありませんよね。でも少なくとも8歳を過ぎたら、定期的な診断を受けるようにしましょうね」とにこやかにアドバイスしてくれた五十嵐先生。
 
はい、そう肝に銘じておきます!
 
 
終わり

 
 
HP/http://www.shinyokohama-ah.com/ 
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから 

お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索