ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    アクアライン開通20周年で千葉県知事は800円の暫定通行料金の恒久化を意気込んでいるようです。勿論対岸の神奈川県側にも様々に経済効果も得られているものの、もう一方のルートである東京湾フェリー(久里浜~...

    よこはまいちばんさん

    以前はまれぽで取り上げていた初音ヶ丘サークルKサンクスが、焼きたてピザやパンも扱うローソンに変わってました。交番裏の丘も工事中に…久し振りに保土ヶ谷公園と交番の辺りを取材してください。

    ホトリコさん

    県立がんセンターの重粒子線治療部門が専門医の相次ぐ退職意向で存続危機と。重粒子線治療はがん患者にとって現状での究極の選択と言っても過言ではない筈で、昨年2月からは先進医療にも適合されて待ち望まれていた...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> プログラミング

Builder Kids Garage(ビルダーキッズガラージ)

小学2年生からOK! マサチューセッツ工科大学開発の「スクラッチ」でプログラミングの基本から学ぼう

最終更新日:2017年3月22日

045-594-9460

イチオシサンプル画像

ゲーム作りでやりきる力を養う。子ども向けプログラミング教室「Builder Kids Garage」

エンジニアの先生が教えるプログラミング教室は、子どもがゲーム作りを通して、“やりきる力”を養えて、夢中になって「考える」、知的好奇心をくすぐられる空間

DATA
住所: 横浜市神奈川区鶴屋町3-31-1 鶴屋町ビル301
各線「横浜」駅西口より徒歩5分
営業時間: 10:00~17:30
平均予算: 7500円~

子どもにプログラミングを習わせる時代?
 
子どもにどんな習い事をさせるのが良いか。
子どものいる家庭なら、習い事について、一度は考える機会があるはずだ。
 
そして、今注目されているのが、「プログラミング教室」。テレビの教育番組の影響で、多くの子どもや親が興味を示し、日本でも習える場所が増えつつある。欧米諸国では、子どものプログラミング教室はポピュラーで、サマーキャンプが開かれるなど、盛んな教育が行われているのだ。
 
でも、子どもにプログラミングってどうなの? と不安や疑問に思う人も多いはず。そこで、横浜にある「Builder Kids Garage(ビルダーキッズガラージ)」を訪ねた。
 

001builder_article
横浜駅西口から徒歩5分
 
002builder_article
ヨドバシカメラの手前を右折し、かながわ県民センターを左折
 
003builder_article
すぐに見えてくるファミリーマートを右折
 
004builder_article
鶴屋町ビルの3階
 
005builder_article
「横浜ノリノリ勉強室」内で授業を行う「ビルダーキッズガラージ」
 
006builder_article
代表の西本尚五(にしもと・しょうご)さん

 
西本さんは、2005(平成17)年から「横浜ノリノリ勉強室」という有料自習室を経営し、2014(平成26)年に子ども向けプログラミング教室「ビルダーキッズガラージ」を設立。月曜日と土曜日にレッスンが実施され、小学2年生~中学3年生までを対象としている。
 

007builder_article
「こういう場所で勉強したかった」という西本さんの思いから生まれた自習室

 
子ども向けのプログラミング教室を開催したきっかけは、自身の幼少期の体験にある。
 

008builder_article
小学生ですでにプログラマーだった

 
「私が子どものころに、ちょうどマイコン(マイクロコンピューター/1970年代後半のパソコンの呼び名)ブームがありました。当時大好きだったマンガの作者が、マンガのマイコン入門書を出版したんです。それを読んで自分もやってみたくなり、親に頼んでコンピューターを買ってもらったのが始まりです」と話す。
 
小学4年生の時にマイコンでのプログラミングにハマり、小・中学時代は友達と「マイコンクラブ」を作り、雑誌に自作のプログラムを投稿するなど、熱心に取り組んでいた。
 
「昔は、テープで記録していたので、伸びるとおかしくなったり、やり直しが大変だったり、非常に根気がいりましたが、その分完成したときの達成感と快感といったら、ほかに類を見ませんでしたね」と当時のことを思い出し、熱がこもる。
 
プログラミングを一緒に楽しんでいた仲間たちも大人になった今では、プログラマーになったり、IT関係の仕事に従事したりと、最前線で活躍しているという。西本さん自身も、大手インターネットサービス会社So-netで、ネットワークエンジニアとして活躍した経歴を持つ。
 

009builder_article
子どもたちには、どのようにプログラミングを教えているのだろうか

 
「私たちの教室では、『Scratch(スクラッチ)』というソフトを使用しています。マサチューセッツ工科大学が開発した子ども向けのソフトで、誰でも簡単にプログラミングの基礎と仕組みを学べるものです」
 

010builder_article
プログラミングの仕組みを簡単に学べる「スクラッチ」

 
一般的なプログラミング教室では、簡単なやり方だけを教えて、あとは子どもたちに自由にやらせるところも多いという。しかし同教室では、最初に基礎を重点的に学べる「エレメンタリーコース」の受講を推奨し、まずは基本をしっかりと身に付けることを大切にしている。
 
「もちろん、最初から実力次第でどんどん先に進めるスクラッチコースを選択しても良いのですが、プログラミングは土台づくりが非常に重要です。基本をしっかり教えてあげることで、応用に対応できる思考力やひらめきが養えると考えます」と西本さん。
 

011builder_article
プログラミングを通して、最後までやり抜く力と論理的思考力を身に付けられる!

 
親が最も気になるのは、プログラミングを子どもに習わせるメリットである。西本さんは、大きく2つに分けて話してくれた。
 
1つ目は、“やりきる力”が身に付くこと。最初から順調に完成までたどり着くことはほとんどなく、大抵は途中でミスがあったり、不具合が生じるものなのだ。それらをすべてクリアしなければ、ゴールにはいつまでたってもたどり着けない。途中で匙を投げてしまったら、それまでの努力は徒労に終わるのだ。
 
「最後まで作り上げられた、という成功体験と、周囲から『良く頑張った』と認めてもらえることで、もっと高度なプログラミングにチャレンジしたいと意欲が湧くものです」
 

012builder_article
「できた」という達成感が、次のステップに進む意欲になる

 
2つ目は、“論理的思考力”をつけられること。プログラミングは順序立てて、構築していかなければならないので、考える力が身につくのだとか。論理的思考力は、社会に出てからも大きく求められるスキル。子どものうちから、身に付けられたら、大きな財産になるだろう。
 
「じゃあ、せっかくなのでプログラミングを体験してみませんか?」と打診いただき、レッスン対象のキッズ×3の年齢くらいだけど、お言葉に甘えて体験させていただいた。
 
 
ゲーム感覚で学べる!スクラッチでプログラミング! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索