ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜に自転車で登りごたえのある峠はありますか?既に旧道化していてもいいです。横浜であまり聞いたことがないと思いました。調査の方お願いします。

    ピロリンさん

    八景島マリーナは大学ヨット部が集まって練習していますが、最近ヨット部にかわいい女性が増量中です!ビーチの水着も結構ですが、是非かわいいヨット女子を取材してください!

    tontonさん

    トレッサ横浜にオープンするディーナゲッツのバスケットコートが気になります。常勤スタッフ付き常設バスケットコートは日本初のようです。

    ハムエッグさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
「7月22日今日は何の日?」
3位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
4位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
5位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
6位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
7位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
8位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
9位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
10位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
11位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
12位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
13位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
14位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
15位
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
16位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
17位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
20位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
21位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
22位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
23位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
24位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
25位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
26位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
27位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
28位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
29位
【はまれぽ名作選】横浜最古の酒場はどこ!?
30位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

串揚げとワイン はち

いくらにトリュフ、のどぐろまで?! サクっと軽い薄衣の創作串揚げに夢中!

最終更新日:2017年3月22日

045-341-4004

イチオシサンプル画像

女子ウケ抜群♪ 串揚げ×ワインでオシャレにいただくのがハマのスタイル!「串揚げとワイン はち」

タレ壺にどぼん、だけが串揚げにあらず! 5種のオリジナルソースでいただくリッチな串揚げに大満足

DATA
住所: 神奈川県横浜市中区宮川町1-11
JR根岸線「桜木町駅」より徒歩7分
営業時間: 【月~金】17:00~24:00【土・日・祝】14:00~24:00
平均予算: 3000円~4000円

センスの良いお店がすぐに出てくる人は、「デキる人」だと感じさせる。色んな情報に敏感で、引き出しがたくさんあると、それだけで人としての魅力が増幅するものだ。
 
ライター・カメイもそろそろ、そういう大人になりたいものだなぁ、と野毛のハーモニカ横丁・都橋商店街をふらふらと、今日はどこで飲もうかなと探索していると、「あれ、野毛っぽくない店構えだな・・・」と感じさせるお店を発見。
 

001hachi_article
呑んべぇの聖地・都橋商店街にお洒落なお店が!
 
002hachi_article

野毛の町に筆記体のコントラストが異彩を放つ

 
2016(平成28)年5月26日にオープンした「串揚げとワイン はち」である。一つ気になるのが暖簾(のれん)に書いてある「横浜串揚げスタイル」の文字だ。“横浜の串揚げ”ってどんな食べ物だろう・・・と想像が広がり、すぐさま、野毛飲み歩きの師匠であるハマのパリジェンヌ、編集部・木村に電話し、合流することにした。
 

003hachi_article
「いらっしゃいませ」と我々を出迎えてくださったのは、オーナー林亨(はやし・こう)さん

 
オーナーの林さんは、鶴見に「Kushi酒場Yayen(やえん)」とグリル料理専門の「Yayen Grill」の2店舗を展開してきた。いつか野毛や横浜周辺の名店がひしめくエリアでお店を出したいと考え、この度、念願の3店舗目「はち」をオープンさせた。
 

004hachi_article
奥行きのある空間で、ゆっくり時間を過ごせそう

 
「お店を開くにあたり、串焼きやもつ焼きの名店の多い野毛で同様のことをやっても何も目新しくないし、埋もれてしまうと考え、1号店でノウハウを得ていた串揚げがメインのお店にしようと考えました」と話す。野毛界わいにリサーチを兼ねて飲みにきていた時、串揚げ店が少なく、かつ関東風の串揚げを提供しているお店がないと気づいたという。
 
 
 
見た目も華やかで、数種類のソースでいただく“横浜スタイル”の串揚げとは?
 
同店で提供する串揚げは、関東風かつ横浜らしい洗練された串揚げであるという。どのような串揚げが提供されているのか、ご紹介いただいた。
 

005hachi_article
見た目も華やか! こういう串揚げって、高級なお店で出てくるイメージ!

 
タレ、二度付け禁止が原則で大衆食である関西風の串揚げに対し、関東風の店は高級天ぷら店のように、揚げたてを1本1本提供し、ラグジュアリーな雰囲気の中でいただくところが多い。でも、野毛で高級なものを出してもね・・・ということで、銀座で提供されるような高級感のある創作串揚げを野毛プライスで提供しているのだ。
 

はち_記事差替え
一番高くても1本300円というリーズナブルさ!

 
串揚げも奥が深く、立ち飲みで気軽に食べられるものから、料亭でいただくもの、ミシュランの星を獲得する名店までさまざまだ。同店で食べられる串揚げは、高級店が出すような洗練されたスタイルの串揚げなのだ。
 

007hachi_article
価格と味の限界に挑む!

 
「6000円や7000円以上出して食べる串揚げを、2000円~3000円で食べられることほど価値のあることはないですね。高くて美味しいのは当たり前。手に届きやすい価格で、本格的なものを提供したいんです。せっかく足を運んでくださるのですから、満足して帰ってもらいたいですね」と自信をのぞかせた。
 
 
 
自慢の串揚げとワインのマリアージュをとくとご堪能あれ!
 
串揚げ屋さんが一番こだわるのは、ねりや(粉を溶いたもの)だ。具にまとわせ、パン粉をつける。厚すぎても、薄すぎても、食感が悪くなったり、味にまとまりがなくなったりする。
 

008hachi_article
重たくならないように、ほどよく、薄く

 
試行錯誤を重ねて完成させた同店オリジナルのねりやには、粉雪のようにきめ細かい生パン粉をまとわせる。
 

009hachi_article
丁寧に一本、一本、作られていく
 

010hachi_article
そして、揚げは豪快に

 
完成した串揚げは、一本ずつテーブルへサーブされる。
 

011hachi_article
左から「山芋ささみ/150円」、「高野豆腐/100円」、「湯葉ごぼう/180円」、「いくらサーモン/250円」

 
串揚げの上にいくらが! もう、見た目だけで、参りましたと白旗。
 

012hachi_article
5種類のソースでいただく

 
左から、レモン、岩塩、バジルソース、燻製出汁、特製ソースだ。特製ソースは、隠し味に赤ワインを使用し、サラッとした同店の自信作。どのソースにつけるのが良いか、メニューにおすすめが載っている。このお値段なのに、ここまで至れり尽くせりなリッチ感に驚きつつ、特製ソースをつけて「山芋ささみ」を一口。さらなる衝撃が待っていた。
 

013hachi_article
美味しいです、姉さん!!!(思わず、編集部・木村を見る)

 
さっくり軽く揚げられた衣の中から、程よくシャキシャキ感の残る山芋と、しっとりとうまみを閉じ込めたささみが絶妙なハーモニーを奏でる。なにこれ、幸せ。カメイが知っている串揚げと違う。
 
感動も束の間、続々と揚げたてがテーブルへ運ばれてくる。
 

014hachi_article
左から「ヒレカツ/200円」、「チーズ/200円」、「のどぐろ/200円」、「トリュフコロッケ/200円」

 
え、トリュフ?! 串揚げにトリュフが乗っちゃうんですか!! と先ほどから驚かされっぱなし。しかも、250円という野毛らしい価格帯で提供される。こ、これが「横浜串揚げスタイル」なのか!?
 
「あら、トリュフと来たら、やっぱりワインでもいただかないとね」と、スイッチの入った編集部・木村。さまざまなワインの勉強会に参加してきた林さんに、おすすめをご紹介いただいた。
 

015hachi_article
「ワイン3種飲み比べセット/580円」

 
3000円台までのワインを少量ずつ、といっても並々とグラスに注がれる。左から南アフリカ産リントン・パークのカフェ・カベルネ、サッポロワインの北海道ケルナー、スペイン産オノロ・ベラのボデガス・アテカである。
 

016hachi_article
一升ワイン「北極星/450円」のみ、グラスの縁ギリギリまで注がれる
 
017hachi_article

串揚げとワイン、ありそうでなかった最高の組み合わせ・・・

 
編集部・木村も、はち特製の串揚げとワインに、この表情である。はちの串揚げは、油臭くなく、衣もとても軽くて、いくらでも食べられる。衣の中で蒸しあがる具材はうまみがぎゅっと閉じ込められ、野菜は甘みが増し、お肉や魚はジューシーさが増すのだ。
 

018hachi_article
食前は、「自家製サングリア(500円~)」もおすすめ!

 
 
串揚げをジャンジャンいただいちゃいましょう! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索