ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧市民プールは今年も閉鎖されたままですね。今後どうなる予定なのでしょうか?

    ねむねむさん

    チケット販売の「ぴあ」が1万人規模の大型音楽アリーナをみなとみらい地区に建設するとのニュースを見ました。場所はトヨタ・日産の大規模中古車販売店だったエリアの様ですが、詳細調査をお願いします。

    よこはまいちばんさん

    産業廃棄物の処理の件で市内企業の従業員からの内部告発について、横浜市職員が当該企業に告発者名などの個人情報を漏洩していたと発表されましたが、記事によると通報者に対して市担当者が謝罪したとの事。しかし謝...

    よこはまいちばんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
6位
ロボットにかける青春! 「学生ロボコン」の横浜代表チームに突撃!
7位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
8位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
9位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
10位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
11位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
12位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
13位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
14位
相模原市が市内の全小中学校にエアコン完備! 現場の教諭や保護者の反応は?
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
横浜の子どもの4万人以上が貧困? その実態と横浜市の対策とは?
17位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
18位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
19位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
20位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
21位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
22位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
23位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
24位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
25位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
26位
焼夷弾は「地獄の音」 横浜大空襲体験者が語る戦争の悲惨さとは
27位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
28位
横浜初の女子校! 横浜出身の大女優「原節子」を輩出した「横浜高等女学校」について教えて?
29位
横浜のマークにはどんな意味や由来があるの?
30位
戦争の記憶を後世に。横浜大空襲体験者が戦争の悲惨さを語る
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 音楽教室

プライズエンターテインメント

初心者でもOK! アーティストでもあるベテラン講師によるボイストレーニングレッスンが受けられる!

最終更新日:2017年3月22日

045-312-1901

イチオシサンプル画像

ベテラン講師が基礎から徹底指導。横浜駅のボイストレーニングスクール「プライズエンターテインメント」

歌がうまくなりたいけれど、どうしたらいいのだろう・・・と悩んでいる人におすすめ! 横浜駅徒歩10分の初心者でも気軽に受講できるボイストレーニングスクールを体験してみた!

DATA
住所: 横浜市神奈川区鶴屋町3-32-14 新港ビル408
各線「横浜駅」西口より徒歩10分
営業時間: 【平日、土曜日】11:00~22:00【日曜日、祝日】11:00~21:00
 
さっそく体験レッスンを受講!
 
今回は、体験レッスン45分コースを受けさせていただいた。体験するのははまれぽ編集部・木村。学生時代に声楽の経験が少しある。
 

011prize_article
先生とがんばります!

 
レッスンを担当してくれるのは、ヴォイストレーナーの山川高風(やまかわ・こうふう)先生。自らもオペラやミュージカルに多数出演しており、実はPi坊先生の師匠でもある。
 
防音のレッスンルームに入り、まずはカウンセリングをスタート。カラオケに行く頻度、歌の経験、声の悩みなどを聞かれ、その後実際に声を出してみる。
 

012prize_article
ピアノの音に合わせて「あー」と発声

 
最初の発生により、その人の音域やリズム感などをチェック! 木村は2オクターブ半とかなり音域が広かったようで、山川先生も驚いていた。今回は木村の悩みでもある「お腹からの声の出し方が分からない・・・」を軸に、レッスンをしていくこととなった。
 

013prize_article
お腹に手をあてて呼吸のとりかたをつかむ
 

「スーッ」と、吐き出せるところまで息を吐き出していく

 
横隔膜をコントロールする呼吸やブレスのとりかたは、お腹の動きを見るために手をあてたり、鏡を見たりしながら行う。家でもできる方法ばかりなので、これならレッスンがない日でも練習することができそうだ。
 

014prize_article
山川先生の指導にも熱が入る!

 
横隔膜のコントロールができてきたら、続いては響きをつかむためのハミングの練習。先生のピアノに合わせて最初と同様に声を出していくが、最初よりどんどん高音が出るように。気がつくと3オクターブまで! 横隔膜を動かした効果なのだろうか!? すごい!
 

015prize_article
クチビルを動かす運動
 

ブルブルブルブル・・・思った以上に難しい

 
続いては息の流れをスムーズにするために、リップロールと呼ばれるクチビルを上下ブルブルと動かす運動を開始。なかなかうまくクチビルを動かすことのできない木村に対し、「はじめはできないのが当たり前だから」と、山川先生がリラックスさせてくれる。
 
安心したのか、力を抜いて動かせるようになった後、再度カウンセリングのときと同じ発声を行うと・・・声がでるでる! 最初よりも力強く声もを出せるようになっていた。
 

016prize_article
最後は歌に挑戦!

 
「せっかくだから歌ってみよう!」という山川先生の提案で、最後は楽譜を見て歌にチャレンジ! 今回はカラオケでも大人気のディズニー映画『アナと雪の女王』の主題歌『レット・イット・ゴー」。一度目は場当たり的でうまく歌えなかったが、歌詞の意味を理解し流れをつかむため、一度山川先生と話すように歌った後は声がスムーズに出るようになった。
 
体験の45分はここまでだったが、きちんと成果が見える大満足の結果に! 「木村さん、本格的に練習したらすごいことになるよ」と、山川先生のお墨付きもいただいた。
 
 
 
成果を実感する生徒さんたちの声
 
かなり成果を感じることができ、大満足だった体験レッスン。初心者でもこれなら無理なくレッスンを受けられるなと感じた。そこで実際にスクールに通っている生徒さんたちに話を聞いてみることにした。
 

017prize_article
8年通っている植村(うえむら)さん

 
まず一人目は2008(平成20)年より8年、月4回のベーシックコースに通っている植村さん。腹筋をほぐすボディーワーキング「ロルフィング」の先生に「呼吸が浅い」と言われたことがショックで通いはじめたのだという。当初は声を出すことが中心だったが、興味のあったオペラをやってみたいと思うようになった。無理な提案かと思ったがレッスンを開始、なんと今では歌えるようになった。
 
レッスンを続けることで日本人の歌謡曲なども教わり楽曲の幅が広がったのはもちろんだが、音楽関係の人に出会う機会も増えたのが嬉しいと話していた。
 

018prize_article
ベーシックコースに通う佐藤(さとう)さん

 
2013(平成25)年より3年通っている佐藤さんが受講しているのも、月4回のベーシックコース。体験レッスンに来たきっかけは大好きなTUBEのボーカル・前田亘輝(まえだ・のぶてる)さんのように、うまく歌ってみたいという理由だった。当初は「力任せに高音さえ出せればいい」と思っていたが、普通に出せる音域がちゃんと発声できなければ歌ではないと先生から教えられた。
 
レッスンではマンツーマンで技術的なことを教えてもらうのはもちろんだが、性格面も把握してメンタルについても指導してくれるのが嬉しいとか。繰り返しの発声練習により、今では高音域も自然に出せるようになったとのことだった。
 

019prize_article
歌うことが大好きな今泉(いまいずみ)さん

 
2009(平成21)年からベーシックコースを受講している今泉さん。大好きな歌をもっと上手になりたいという思いで通い始め、今では芯のある声が出せるようになったと実感しているそう。仕事でレッスンに行けない日があっても、2ヶ月間は繰り越し調整できることが通い続けられる要因のひとつでもあるという。
 
先生はダメなところはきちんと指摘してくれて、改善されるまで熱心に付き合ってくれるとのことで信頼度も抜群! 今後は人前でもいつもの力を発揮できるようになるのが目標だという。
 
 
 
学べるのは歌だけじゃない
 
体験レッスンや生徒さんの声を聞くと、歌についてのレッスンはもちろんだが、講師のみなさんが親身になってくれる姿勢が魅力のひとつなのだと感じた。その部分について岡本さんに改めて聞いてみた。
 

020prize_article
「講師のことは全員信頼している」と話す岡本さん

 
先にも述べたように、ここにはほかのスクールでは見られない、ベテラン講師がそろっていることが自慢! 技術面の安心はもちろんだが、全員が人情味にあふれていて、しっかりと相談に乗ってくれるという。そのため講師と生徒がプライベートの話をすることも多く、信頼関係も厚いとのことだった。
 
また、歌を習いたい人だけにではなく、面接やプレゼンで大きな声で話すことが苦手な人のための話し方や声の出し方を教える指導、さらにプロアナウンサーのヴォイストレーニングのレッスンもしているという。歌のレッスンでもそうだが、人によって悩みや歌のうまさ、声の大きさはまちまち。講師の先生は全員、生徒さん一人ひとりに応じた教え方を考え、基礎からしっかりとみてくれるのだ。
 
岡本さんは今後、ヴォイストレーニングを通して、難聴で滑舌が困難な人の手助けをする福祉をはじめ、話すことに重きをおく他業種などともコラボレーションをしていきたいと語っていた。
 
 
 
取材を終えて
 
非常に高い壁があると思っていたヴォイストレーニングスクール。通っているのはプロ志望という人だけでなく、歌や呼吸がうまくなりたいという一般の人が中心だった。また歌以外にも声を出すための練習ができるとは驚き・・・。自分に自信をもって話したいときなどに利用してみるのもいいなと感じた。
 
 
―終わり―
 
 
HP/http://www.prize-ent.com/

 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから
 
 
お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索