ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    中華街にある老舗喫茶「ブラジル」が最近ずっと閉まっています。タマゴサンドとコーヒーが絶品の、常連客の多い知る人ぞ知る名店で、90歳近い老夫婦が経営しています。心配なので応援かねて取材してください!

    Dixhuitさん

    中区の根岸加曽台に、長年(20年くらい?)放置されたままの開発途中の広大な土地があり、キニナっています。分譲住宅かマンションを建てようとしていたようにも見受けられますが、どういう経緯で開発が中止になっ...

    濱俊彦さん

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
高さ1.2メートルのガードを発見! 低いガードがあるという噂の南武線に突撃!
3位
航空写真に写る米軍施設から伸びる謎の軌道とは?
4位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
5位
【フォトれぽ】横浜ベイサイドマリーナで今年も熱狂! 「タモリカップ2017年」潜入レポート!
6位
何かと話題の『セシルのもくろみ』も! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.2
7位
【I☆DB】ファンに「一目置かれる」シブいユニホームって誰だ?
8位
人気作家原作のドラマも! ストーリーも終盤、横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編
9位
フリルの水着を素敵に着こなす癒し系美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【江の島海岸編 第3弾】
10位
鮮やかなブルーの水着をまとうスレンダー美女が登場! ビーチで発見!キニナル水着女子2017【総集編】
11位
【I☆DB】川崎球場時代からのファンも!? オールドファン&熱狂的なファンに突撃!
12位
【I☆DB】全力応援企画! 横浜DeNAベイスターズ、19年ぶり日本一への道!
13位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 前編ー
14位
【編集部厳選】オトナの自由研究してみませんか?
15位
【フォトれぽ】横浜赤レンガ倉庫で行われている「横浜グルメンタ」をレポート!
16位
伊勢佐木町が大プッシュ! 「ヨコハマメリー」から11年、『禅と骨』公開中!
17位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
18位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
19位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
20位
中世の名残を求めて、鎌倉街道を踏破 ー中の道を離れて弘明寺道を歩く 後編ー
21位
最終回目前のドラマも! 横浜のロケ地巡り2017年夏ドラマ編vol.3
22位
【はまれぽ名作選】桜木町に「人間性回復のチャンス」という看板が!これは何?
23位
横浜駅のベストな待ち合わせスポットはどこ?
24位
【編集部厳選】暗号? デザイン? それとも秘密のなにか? 街で見かける不思議なアレ!
25位
【I☆DB】ベイ戦士に思い出してほしい! あの試合あの場面!
26位
黄金町の『ちょんの間』ってどうなったの?
27位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
28位
【I☆DB】仕事中もバレずに横浜DeNAベイスターズの試合経過が分かるって本当?
29位
末吉町の街角に佇む売春婦、その後はどうなった?
30位
【編集部厳選】いくつ知ってる? みなとみらい線のヒミツ!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 鍼灸院

やす接骨院

施術後の“夢”も共有する治療院

最終更新日:2017年9月04日

045-381-8115

イチオシサンプル画像

「本気で良くなりたい!」という想いに パートナーとして共に向き合う「やす接骨院」

ズラリと並んだ“喜びの声”は信頼の証!! 丁寧な問診で一人ひとりの症状を改善する

DATA
住所: 横浜市保土ケ谷区西谷町901
相鉄本線「西谷駅」南口より徒歩4分 国道16号「梅ノ木バス停」より徒歩3分 西谷商店街並び
営業時間: 9:00~20:00(水曜・土曜午後は完全予約のみ)
平均予算: 整体5,500円~8,000円

1日のほとんどをパソコンの前で過ごす、そんな毎日が続いている。
 
そのせいか、ここ数日、ものすごく腰が痛い。もともとひどい猫背なうえに、疲れてくると椅子の上であぐらをかくクセがあり、一段と姿勢が悪くなる。そんな状態で長時間座りっぱなしなのだから、体に負担がかからないわけはないのだ。
 
そんな時にやって来た、接骨院への取材依頼。もちろん! 二つ返事でお受けしましたよ。取材にかこつけて、この疲れも癒せたら・・・そんな邪な気持ちを抱いて相鉄線西谷駅に降り立った。
 
 
 
「良くなりたい!」という思いに正面から応える、頼れる街の治療院
 
西谷駅南口は、線路沿いに住宅が立ち並ぶ「静かな住宅街」といった雰囲気。本日訪れる「やす接骨院」はここから歩いて4分ほど、西谷商店街の一角にあるという。
 

001yasu_article
住宅や小さな商店が並ぶ西谷駅南口を出て
 

008yasu_article

駅前の不動産店と小さなカフェの間の道を進む
 
007yasu_article

T字路にぶつかったら左折。右側のJAが目印だ

 
JAのある角を曲がると、道は西谷商店街へとつながっている。スーパーにお蕎麦屋さん、お茶屋さん・・・昔ながらの歴史を感じさせる店が並んでいる。訪れた時は平日の昼間だったので落ち着いた雰囲気だったが、土日や夕方には多くの人が行き来するのだろう。
 

006yasu_article
昔ながらの商店が並ぶ「西谷商店街」を進む
 
002yasu_article

商店街の中ほど、「やす接骨院」に到着。緑色の看板が印象的!

 
院内に入ろうとしたところで、入口横に置かれた立て看板に目が留まる。見れば、この「やす接骨院」で治療をした患者さんからの喜びの声がズラリ。びっしりと書かれたお礼の言葉や、先生と一緒に映した笑顔の写真・・・これは、かなりの実力派治療院とみた!
 

003yasu_article
立て看板に並べられた、患者さんからの喜びの声。みんないい笑顔だなぁ

 
院内に入ると、カーペットやソファーなど茶系のインテリアで統一されたあたたかな雰囲気の待合室、そして奥には施術用のベッドが2台。待合室の壁には、やはり施術を受けた患者さんから寄せられた感想やお礼の言葉がびっしりと掲示されている。
 

004yasu_article
あたたかな雰囲気、かつ清潔感が漂う待合室&施術スペース
 
005yasu_article

待合室の壁にも、患者さんからのメッセージが貼られていた

 
患者さんからの“熱い声”に感心しきりのわれわれを笑顔で出迎えてくれたのは、院長の大友泰明(おおとも・やすあき)さん。30代前半とお若いが、インターン時代を含め、すでに15年以上もの間、多くの患者さんを施術してきたという経験を持つ実力派だ。
 

009yasu_article
あたたかな笑顔が印象的な大友先生。患者さんの言葉にも親身に耳を傾ける

 
「やす接骨院」のオープンは2011(平成23)年7月のこと。もともと横浜市泉区出身だという大友先生。開業の地として西谷を選んだのは「開業はここだ! っとビビッときて・・・」と笑う。
 
地元・横浜での開院をめざし、市内各地の物件を巡った末に、「商店街の中にある路面店舗」であることに惹かれ、現在の場所を選択。今では予約優先制で、朝は午前8時30分からと早く、夜も午後7時時30分までと比較的遅い時間まで受付をしていることから、老若男女問わず、多くの人に頼られる存在となっている。
 

010yasu_article
受付時間が長く、土曜日も治療可。受付時間外も予約にて対応可能

 
そもそも大友先生が柔道整復師、接骨院開業をめざしたのは「自分自身、常に接骨院で体のケアをしてもらっていた」という経験から。小さなころからずっとサッカーに打ち込んできた先生にとって、接骨院は「自分にとって切り離せない、身近な存在」だったという。
 
特に接骨院での治療に興味が出たのは高校生の時。それまでは、不調があれば整形外科に通っていたそうだが「レントゲンを撮って骨に異常がなければ、湿布や薬を渡され安静にしなさい」と言われて終了、という治療に『それでいいのか?』・・・と思うようになっていた」のだとか。
 

011yasu_article
自身の経験を活かし、スポーツ選手のケガの治療、メンテナンスにも力を入れている

 
そして「近所で評判の良い」という接骨院への通院に切り替えた大友先生。そこで「痛みやケガの治療だけでなく、いかにケガをしにくい体にするかという“メンテナンス”にも心を配ってくれる」接骨院での治療に魅力を感じ、それ以来「ケガの早期回復に」「痛みの出にくい体のケアに」と足しげく通うようになっていったという。
 
こうした経験もあって、競技生活を終え、進路を考えるようになった時に「接骨院の先生もいいな」と、思うようになったのは「自然な流れだったのかな」と笑う。
 

012yasu_article
「不調の“改善”と“再発予防”をできる点が当院の魅力」と語る大友先生

 
ご自身が「接骨院に通ってよかった」という経験をしているからこそ、痛みや不調に悩む患者さんの気持ち、そして何を治療院に求めているかも分かる。それが入口に掲げられた「喜びの声」につながっているのかもしれないな・・・そう感じた。
 
 
 
問診はじっくり時間をかけて・・・その理由とは?
 
「せっかくですから・・・」と、大友先生の施術を体験させてもらうことになった筆者(内心、やった!)。まずは問診票に今、悩んでいる痛みや、気になる症状を記入していく。
 

013yasu_article
腰の痛みや、姿勢の悪さからくる首や肩のコリが気になる・・・と記入

 
その後、書かれた内容をもとに問診が始まるのだが、その時間は「初診の方だと20分から30分くらいいただいています。もっと長い時間お話しする方もいますよ」と大友先生。
 
「体の痛みやつらい症状は、その人の生活習慣や、歩き方、座り方などの“クセ”によって起こることが多いです。問診に時間をかけることで、そうした痛みや不調の“本当の原因”を見つけて、根本からの治療をめざします」
 

014yasu_article
「1日でパソコンに向かっている時間はどのくらい?」など、細かな質問が続く

 
大友先生のもとには、いくつもの病院を巡っても状態が良くならず、藁をもつかむ思いで訪ねてくる患者さんも少なくないという。また難治性の腰痛や膝痛を抱え、長期間の治療が必要となる人もいる。
 
そうした患者さんに「日常生活で困っていること」を聞くことで、抱えている“苦しさ”や“辛さ”を引き出し、さらに「痛みがなくなったら何がしたいか」と質問し、患者さんの“夢”や“目標”を共有する。それによって「『その夢に向かって一緒に頑張ろう!』という絆が生まれる」のだという。
 

015yasu_article
「“その場限り”の治療にしないためにも、患者さんとの信頼関係が重要」だと語る

 
筆者の腰痛や首、肩のコリは、幸いにも「辛くて動けない」といった重度の痛みではない。それでも疲れが溜まると必ずといっていいほど顔を出す症状なので、やっぱり座り方や姿勢など に「好ましくないクセ」があるのだろう。
 
実際、筆者の立ち姿を見て「だいぶ体の軸が歪んでいますね」と大友先生。自分としてはまっすぐ立っているつもりなのだが、左右の肩の位置が全然違うらしい。このようにひと目見ただけで体の不調箇所が分かるケースも多いのだとか。
 

016yasu_article
こうやって見ると、びっくりするくらい右肩が下がっていますね
 
017yasu_article

体をひねったり曲げたりしながら、歪みの状態を細かくチェックし、施術に入る

 
筆者の場合、体の軸が歪んでいるだけでなく、運動不足なのがバレバレなくらい「体が硬い!」とのこと。またちょっと触っただけで「水分が足りてないですね。あんまり水を飲まないでしょ? トイレにもあまり行かないんじゃないですか?」とも。
 
・・・スゴイ! なんでそんなことまで分かるんだ?
 

018yasu_article
少し体を触られただけで、次々と「不調の要因」を発見されてしまった(笑)

 
それにしても「腰が痛い」「首や肩が張る」と伝えたのだが、実際に腰や肩、首を触ることがほとんどない。大部分が足(股関節や膝)や骨盤周辺への施術だ。足を持ち上げ、股関節を動かしたり、膝を回したり、指先まで動かしたり・・・それでいいの?
 
大友先生いわく、筆者の腰の不調は「全体的な疲労がたまったことが原因」だという。こうした腰痛や肩こりは「揉むだけでは治らない」ため、患部を直接施術するのではなく「その周辺から体全体を整えていく」のだそうだ。
 

019yasu_article
膝から足の裏や指先まで、しっかりとほぐしてもらった

 
足や骨盤周辺の調整がひととおり終わると、今度はうつ伏せに。すると、腰部分に手を当てた状態で、体全体を揺らし始めた大友先生。これは「背骨を揺らすことで、全体の関節や筋肉をゆるませ、自立神経を調節し、自然治癒力をより引き出すことが目的」だという。
 

020yasu_article
腰に手を当て、左右に体をユサユサ。この「ゆらし」の施術、なかなか気持ちいい♡

 
施術時間はだいたい20分程度。これも患者さんの状態によって変わる。患部を冷やしたり、機械を使って刺激を与えるなどの施術を行うこともある。一人ひとりの状態・症状に合わせて施術を組み立てる・・・そのためにも丁寧な問診が欠かせないのだ。
 
痛みを感じていた腰にはほとんど触らなかった施術だったが、終わってみれば、腰がグンと軽くなったのが分かる。しかも頭の上から何か見えない糸で引っ張られているような、背中がスッと伸びたような感覚がある。
 

021yasu_article
「もっと体のケアをしっかりやらなくては」そう実感させられた施術だった

 
整体とか、接骨院の施術って「バキバキと痛そう」というイメージがあったけれど、その先入観も見事に覆された。腰痛や肩コリには、今まで「マッサージ!」と思っていたけれど、ここなら、痛みの原因から辛い症状を取り、体のメンテナンスもできる・・・もっと早く知りたかった!
 
 
癒しではなく、常に体の状態をよくしたい! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索