ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

靴専科 綱島店|横浜市港北区のシューリペア工房
町のかかりつけ医・関内編
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    上大岡イトーヨーカドーが3月で閉店になります。デニーズ1号店があったり、地域に密着していたので残念です。イトーヨーカドー撤退後、何になるのか気になります。どうぞ調査宜しくお願い致します。

    maru。さん

    2017年2月26日、圏央道茨城県区間が開通し 湘南から成田空港辺りまでが繋がりますが こちらを使う高速バスなどはあるのでしょうか?

    soraさん

    金魚グッズを集めています、横浜でたくさん売ってるお店ありませんか?

    ななここさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろ梅が見どころの季節。どのエリアに梅を見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
ターミナル駅ではない港南台に髙島屋がある理由って?
2位
関内駅前のセルテで火災発生! 現地の様子は?
3位
JR桜木町駅に新しい改札ができるって本当?
4位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
5位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
6位
横浜市と山梨県道志村で幻の飛び地合併計画があったって本当? 前編
7位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
8位
JR戸塚駅と大船駅をつなぐ県道、一部区間が未整備の理由とは?
9位
計画決定から45年、JR大船駅東口の再開発事業の現状は?
10位
石川町にある厳重に封鎖された公園。実際に遊べるの?
11位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
12位
CKB横山剣さんのご両親も!? 個性的な店が集まる中華街にある「横濱バザール」とは?
13位
横浜市と山梨県道志村で幻の飛び地合併計画があったって本当?後編
14位
京急にも反町駅があった!? 二つの反町駅の歴史にせまる!
15位
新子安駅から見える極端に細い橋脚は強度的に問題ない?
16位
舘ひろしさんも登場した鶴見区總持寺の「節分会」の様子をレポート!
17位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
18位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
19位
磯子区杉田は江戸時代に、梅の観光名所だったって本当?
20位
湘南モノレール大船駅の広場にある謎の塔の正体は?
21位
横浜市内に「立って乗れる」高速道路を利用したバス路線がある?
22位
横浜駅近くで個性的なオーナーが運営する女性起業支援に特化したコワーキングスペース「ヨコハマホップ」を徹底取材!
23位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
24位
駅が無い!東戸塚~生麦間線路、その真相は!?
25位
横浜市営地下鉄の運賃は何故高い?
26位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
27位
JR横浜駅の横須賀線ホームに潜む3つの謎に迫る!
28位
【速報】石原軍団も登場! 鶴見区の總持寺で行われた「節分会」の様子を速報!
29位
歩いて体験する博物館? 保土ケ谷区の「まちかど博物館」を巡る!
30位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
「はまれぽアプリ」で新着記事をソッコーGET!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年2月

暮らす> 企業

バウアー

プロの技が光るメンズのお洒落改造計画は必見! 真似したいファッションをスタイリング!

最終更新日:2017年2月22日

070-5367-5179

イチオシサンプル画像

ファッション誌で活躍中! 稲田一生が企画する、憧れのスタイルを提案するスタイリスト事務所「バウアー」

第一線で活躍するスタイリスト・稲田一生。横浜で生まれ、横浜で育ち、横浜を愛する稲田さんが、独立するまでの道のりや、気になるその仕事内容に迫る!

DATA
住所: 横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘2-16-16
横浜市内~東京都内まで、車にて移動
営業時間: 要相談

雑誌「LEON」や「MEN’S CLUB」などで活躍するスタイリスト稲田一生(いなだ・いっせい)さん。横浜出身で横浜を愛し、今も横浜に住み続けるスタイリストだ。そんな稲田さんの仕事に対する姿勢や、横浜への想いを聞いてみた。
 
 
 
スタイリストになるまでの道のり
 
昔から洋服が好きで、高校時代からスタイリストという職業に憧れていたという稲田さん。高校卒業後は迷わず服飾系の専門学校のスタイリスト科に入学をした。
 

001bower_article
中高時代から買い物やファッション誌を読むのが大好きだった

 
専門学校は2年で卒業したものの、そこですぐにスタイリストになったわけではない。職業的に英語を話せると有利・・・という噂を聞き、卒業後すぐにファッションの街として名高いイギリスのロンドンに半年、そして大好きなビールが豊富なアイルランドに1年留学をした。
 
海外にいたことで、日本への愛が深まったという稲田さん。帰国後は地元の横浜をもっと知りたいと思い、野毛などの飲食店でアルバイトを5年ほどしたという。しかしその間もずっと、「いつかはスタイリストになる」という思いは強かった。30歳近くなり、「そろそろ本格的にはじめよう」と思い、2009(平成21)年、知人のツテでスタイリスト・吉野誠(よしの・まこと)さんのアシスタントになった。
 
 
 
辛かったアシスタント時代を超えデビュー
 
元々、革靴やスーツが好きだった稲田さん。それを活かすために、大人の男性向けメンズ雑誌を得意とする吉野さんに師事した。しかしあまりの作業量に寝られない、帰ることのできないアシスタント時代は過酷そのもの・・・。しかし仕事自体は楽しく、人間関係にも恵まれたため、辞めたいと思ったことはなかったという。
 

002bower_article
独立して一人立ちするまで5年もの長い時間が!

 
アシスタントを5年経験したのち、スタイリストとして独立することに。通常よりも長い5年間という時間、一人で真面目につらいアシスタント業務をこなしてきたことで、今まで仕事を一緒にしていたスタッフからの信頼は抜群だった。アシスタント時代に培った人脈からいろいろと仕事をもらうことができ、今の場所にいるのだという。
 

003bower_article
撮影のときに持っている、稲田さんの必需品

 
稲田さんいわく、今、憧れだった雑誌で仕事ができているのは、5年間のアシスタント時代があったからこそだという。「5年という期間は長かったが、たくさんの編集者やブランドの担当者と知り合うことができ、家族といえるくらい仲が深まった人もいる。そこで「稲田一生」として評価してもらえたからこそ、それが結局、今の仕事につながっていると思う」と話してくれた。
 
現在は雑誌で、依頼内容の企画に沿ったアイテムを集め、自分のセンスでコーディネートを生み出す日々。抜群のファッションセンスをいかし、有名雑誌で大きな企画も任されている。今後は自身の趣味である自転車競技・BMXやオートバイを活かし、もう少しストリートシーンでも活用できるようなスポーティーやカジュアルなファッションの仕事にも挑戦したいとのことだ。
 
 
 
地元・横浜への想い
 
スタイリストの仕事はほとんどが都内でのもの。しかし稲田さんは現在も横浜に住み、横浜から通い続けているという。横浜の街がカッコいいと思ったきっかけは、ドラマ「私立探偵 濱マイク」。それ以来横浜をより知るために、伊勢佐木町の「登良屋」でアルバイトをし、野毛を飲み歩き、寿町のディープな部分にまで触れた。
 

004bower_article
野毛は稲田さんの庭だという(ちなみに、はまれぽの大ファンだとも)
 
005bower_article

横浜愛へのコメントが止まらない

 
現在も仕事で横浜出身の人と会うと、すぐに仲良くなってしまうという稲田さん。特に大好きな野毛の魅力は、いろいろな人と出会えること。普段は絶対に接点のない人々と関われる楽しさが、稲田さんを惹きつけるという。いつかは横浜に関わる仕事もしてみたいと熱い思いを語っていた。
 
 
営業・平本のファッションを大改造しちゃおう! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索