ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    みなとみらいの海沿いは終電の時間が過ぎてもカップルだらけですが、彼らはどこから来ているのか気になります。地元の人ではなさそうなので。

    KTAさん

    元町のエリスマン邸から山手十番館に行く途中に、灯台みたいなレトロな電話ボックスがありますがこれが何なのか気になります!確か、戸塚の図書館前にも似た電話ボックスがあったと思うのですが、何か由来があるもの...

    みきみきさん

    横浜市営バスにそっくりの横浜都市開発バス。市営バスと前面のエンブレムが違うが、そもそも何が違う?

    まっくすさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
4位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
5位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
8位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
9位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
10位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
11位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
12位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
13位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
14位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
15位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
18位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
19位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
20位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
21位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
22位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
23位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
24位
横浜市が小児医療費助成の対象を小学3年まで拡大! その詳細は?
25位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
26位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
27位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
28位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
29位
日本の科学を切り拓く高校生を育てる? 鶴見の「サイエンスフロンティア高校」ってどんな学校?
30位
待機児童ゼロとうたう横浜市、「保留」の扱いとは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 企業

バウアー

プロの技が光るメンズのお洒落改造計画は必見! 真似したいファッションをスタイリング!

最終更新日:2017年3月22日

070-5367-5179

イチオシサンプル画像

ファッション誌で活躍中! 稲田一生が企画する、憧れのスタイルを提案するスタイリスト事務所「バウアー」

第一線で活躍するスタイリスト・稲田一生。横浜で生まれ、横浜で育ち、横浜を愛する稲田さんが、独立するまでの道のりや、気になるその仕事内容に迫る!

DATA
住所: 横浜市保土ヶ谷区新桜ヶ丘2-16-16
横浜市内~東京都内まで、車にて移動
営業時間: 要相談

雑誌「LEON」や「MEN’S CLUB」などで活躍するスタイリスト稲田一生(いなだ・いっせい)さん。横浜出身で横浜を愛し、今も横浜に住み続けるスタイリストだ。そんな稲田さんの仕事に対する姿勢や、横浜への想いを聞いてみた。
 
 
 
スタイリストになるまでの道のり
 
昔から洋服が好きで、高校時代からスタイリストという職業に憧れていたという稲田さん。高校卒業後は迷わず服飾系の専門学校のスタイリスト科に入学をした。
 

001bower_article
中高時代から買い物やファッション誌を読むのが大好きだった

 
専門学校は2年で卒業したものの、そこですぐにスタイリストになったわけではない。職業的に英語を話せると有利・・・という噂を聞き、卒業後すぐにファッションの街として名高いイギリスのロンドンに半年、そして大好きなビールが豊富なアイルランドに1年留学をした。
 
海外にいたことで、日本への愛が深まったという稲田さん。帰国後は地元の横浜をもっと知りたいと思い、野毛などの飲食店でアルバイトを5年ほどしたという。しかしその間もずっと、「いつかはスタイリストになる」という思いは強かった。30歳近くなり、「そろそろ本格的にはじめよう」と思い、2009(平成21)年、知人のツテでスタイリスト・吉野誠(よしの・まこと)さんのアシスタントになった。
 
 
 
辛かったアシスタント時代を超えデビュー
 
元々、革靴やスーツが好きだった稲田さん。それを活かすために、大人の男性向けメンズ雑誌を得意とする吉野さんに師事した。しかしあまりの作業量に寝られない、帰ることのできないアシスタント時代は過酷そのもの・・・。しかし仕事自体は楽しく、人間関係にも恵まれたため、辞めたいと思ったことはなかったという。
 

002bower_article
独立して一人立ちするまで5年もの長い時間が!

 
アシスタントを5年経験したのち、スタイリストとして独立することに。通常よりも長い5年間という時間、一人で真面目につらいアシスタント業務をこなしてきたことで、今まで仕事を一緒にしていたスタッフからの信頼は抜群だった。アシスタント時代に培った人脈からいろいろと仕事をもらうことができ、今の場所にいるのだという。
 

003bower_article
撮影のときに持っている、稲田さんの必需品

 
稲田さんいわく、今、憧れだった雑誌で仕事ができているのは、5年間のアシスタント時代があったからこそだという。「5年という期間は長かったが、たくさんの編集者やブランドの担当者と知り合うことができ、家族といえるくらい仲が深まった人もいる。そこで「稲田一生」として評価してもらえたからこそ、それが結局、今の仕事につながっていると思う」と話してくれた。
 
現在は雑誌で、依頼内容の企画に沿ったアイテムを集め、自分のセンスでコーディネートを生み出す日々。抜群のファッションセンスをいかし、有名雑誌で大きな企画も任されている。今後は自身の趣味である自転車競技・BMXやオートバイを活かし、もう少しストリートシーンでも活用できるようなスポーティーやカジュアルなファッションの仕事にも挑戦したいとのことだ。
 
 
 
地元・横浜への想い
 
スタイリストの仕事はほとんどが都内でのもの。しかし稲田さんは現在も横浜に住み、横浜から通い続けているという。横浜の街がカッコいいと思ったきっかけは、ドラマ「私立探偵 濱マイク」。それ以来横浜をより知るために、伊勢佐木町の「登良屋」でアルバイトをし、野毛を飲み歩き、寿町のディープな部分にまで触れた。
 

004bower_article
野毛は稲田さんの庭だという(ちなみに、はまれぽの大ファンだとも)
 
005bower_article

横浜愛へのコメントが止まらない

 
現在も仕事で横浜出身の人と会うと、すぐに仲良くなってしまうという稲田さん。特に大好きな野毛の魅力は、いろいろな人と出会えること。普段は絶対に接点のない人々と関われる楽しさが、稲田さんを惹きつけるという。いつかは横浜に関わる仕事もしてみたいと熱い思いを語っていた。
 
 
営業・平本のファッションを大改造しちゃおう! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索