ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

    緑区の十日市場中学のすぐ隣でマンション建設が始まってますが近隣の学校の児童受け入れ態勢は整っているのでしょうか?緑区とは名ばかり地主の土地売却と東電崩壊で住宅開発が進み既に受け入れ困難になってる小学校...

    ちゃたろうさん

    過去に記事になった「ポニータクシー」がクリスマス仕様でサンタさんと白馬になっていたので乗ってきました! 街をぐるっと1周まわって頂き、通行人の注目を浴びまくってお代は千円!激安です!採算が取れているの...

    スさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> 不動産

ベストプラン株式会社

資産運用という名の「セールス」はしない。本当に必要な手法がわかる「ベストプラン」

最終更新日:2017年3月22日

045-321-5544

イチオシサンプル画像

顧客の利益なくして、自社の利益なし。財形の勝ち組をリードする「ベストプラン」

不動産の活用と相続を左右する「2つの視点」。元不動産仲介業のトップセールスが明かす奥の手とは、むしろ表を行く正攻法だった!?

DATA
住所: 横浜市神奈川区鶴屋町2-10-1 MINDANビル5階
各線「横浜駅」より徒歩4分
営業時間: 10:00~21:00

「実際、他社が2億円で査定した物件を、倍の4億円で販売したことがあります。不動産取引に求められるのは、プロでも知り得ないポイントを、どれだけ把握しているかということ。お客様にしたら、差額の2億円がそのまま利益になるわけですから、コンサル料を引いても損ではないですよね」
 
そう話すのは、2014(平成26)年に設立された「ベストプラン」の代表取締役、豊田剛士(とよた・つよし)さん。この10月に出版した共著は、アマゾンの「相続税・贈与税」部門における人気度第一位を獲得。まさに勢い破竹の進撃を続けている。
 

001bestplan_article
共著、『相続財産を賢く活用する8つの対策』
 
002bestplan_article

穏やかなのに、的を外さない話し方が印象的

 
さて、肝心な「プロでも知り得ないポイント」について伺ってみたところ、
 
・不動産各社の得意・不得意に精通し、最も有利な価格を提供してくれそうな相手と交渉する
・さまざまな評価方法を使い、実際の取引価格を見抜く
 
ことが大切だという。そして何より、サービスやパッケージを営業するのではなく、顧客の立場になったコンサルティングが欠かせないらしい。不動産を活用した資産運用の大半が「そのままでは失敗する」と言う豊田さんに、「ベストプラン」のプランニングを案内していただこう。
 
 
 
デベロッパーにいたからわかる「買取り価格の逆算」
 
不思議に思ったのはポイントの1点目。同じ不動産会社なのに得意と不得意があり、見積価格が違ってくるということ。多少の差なら理解できるとしても、冒頭の話のように「倍も違う」というのは、どのような事情なのだろう。
 

003bestplan_article
よく見かける、工事現場の一例

 
「同じ不動産会社でも、人間のようなクセや好き嫌いがあるんです。マンションの販売に特化している会社、戸建分譲の会社、平地が好きな会社もあれば、傾斜が好きな会社もある。私自身、デベロッパーに勤めていましたから、それぞれの利幅や提示価格が、ある程度わかります」
 
また、こうしたクセや得意分野は、取引価格を算出するための施工見積もりにも反映してくるという。例えば土地に段差がある場合、基礎工事が得意な業者であれば、特殊基礎だけで事足りるかもしれない。しかし、そういうスキルを持っていない会社は、ありがちなコンクリート擁壁で段差を覆い尽くしてしまう。
 

004bestplan_article
壁一面を埋める資格類は、「確かな眼力」の証

 
「こちらの希望価格をゴリ押ししているわけではないんです。どちらかというと、細部まで忠実なシナリオを描いている感覚」
 
ユーザーからすると、いちいち相見積もりを取り寄せる必要がないので、時間や手間が短縮できる。しかも、好条件を逃さないというオマケ付き。これが、1点目のポイントである。
 
 
 
不動産を見極めるコツは、「相続税評価額と時価の差」
 
土地を相続した場合に納める相続税。この基準になるのが「相続税評価額」というモノサシだ。地目や路線価を参考にして決められ、原則として、同じエリア内なら上下することはない。しかし、実際の販売価格はどうだろう。時価は人気のバロメーターであり、有名芸能人が同じマンションに住んでいるというだけで上がる可能性もある。
 

005bestplan_article
眺望やイワク付きなども、変動要因になり得る

 
「相続税評価額は同じ3000万円なのに、5000万円で売れる物件と2000万円にしかならない物件があるわけです。あるいは、同じ3000万円という時価なのに、将来払う相続税が倍も違うことだって起こり得る。この視点はとても大切なのに、着目している会社は少ないと思いますよ」
 
「トータルプラン」なら、「相続税評価額」に引きずられることなく、時価の逆算ができる。これが2番目のポイント。また、賃貸アパートのような収益物件の見込み価格も算出可能だという。豊田さんによれば、ここまで細かく試算できるのは、「同業100社のうち5社程度ではないか」と話す。
 

006bestplan_article
楽観からきつめまで、いくつかの予測を立てておく

 
「収益物件の見込みを扱える会社といっても、そのほとんどが、楽観パターンしか見ていないのではないでしょうか。会社の商品を『セールス』するための資料ですから、悲観論を盛り込むようなことはしないはず。おそらく、9割以上のオーナーさんが失敗しているのでは」
 
また、「相続税評価額と時価の差」は、当然、相続にも関係してくるという。相続というからには、「相続税評価額」を前提にした話し合いになるのが道理。しかし、実際に処分するときは、時価が問われるのだ。3000万円と腹づもりしていたのに、2000万円にしかならなかったとしたら・・・。
 
 
「売りつけない」コンサルティングをめざして >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索