ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    鶴見は沖縄関係のお店が多いことで有名ですが、大船も沖縄料理店が多いんです。その理由がキニナル。それ以上に鎌倉街道沿いにひっそりとたたずむ沖縄料理店の『アンダンスー』がとってもキニナル

    丼さん

    冬になるとイルミネーションが華やかになりますが、今シーズンのお勧めスポットを紹介してください。 意外に知られていない穴場も調査お願いします。

    けーたりんぐさん

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
2位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
3位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
4位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
9位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
12位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
13位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
14位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
15位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
16位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
17位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
18位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
19位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
20位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
21位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
22位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
23位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
24位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
25位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
26位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
27位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
28位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
普通の家? 新山下の住宅街にポツンと存在、1本80円の焼き鳥が「すっごく美味しい」という「串焼き 太郎」に突撃!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> 不動産

ベストプラン株式会社

資産運用という名の「セールス」はしない。本当に必要な手法がわかる「ベストプラン」

最終更新日:2017年3月22日

045-321-5544

イチオシサンプル画像

顧客の利益なくして、自社の利益なし。財形の勝ち組をリードする「ベストプラン」

不動産の活用と相続を左右する「2つの視点」。元不動産仲介業のトップセールスが明かす奥の手とは、むしろ表を行く正攻法だった!?

DATA
住所: 横浜市神奈川区鶴屋町2-10-1 MINDANビル5階
各線「横浜駅」より徒歩4分
営業時間: 10:00~21:00

「実際、他社が2億円で査定した物件を、倍の4億円で販売したことがあります。不動産取引に求められるのは、プロでも知り得ないポイントを、どれだけ把握しているかということ。お客様にしたら、差額の2億円がそのまま利益になるわけですから、コンサル料を引いても損ではないですよね」
 
そう話すのは、2014(平成26)年に設立された「ベストプラン」の代表取締役、豊田剛士(とよた・つよし)さん。この10月に出版した共著は、アマゾンの「相続税・贈与税」部門における人気度第一位を獲得。まさに勢い破竹の進撃を続けている。
 

001bestplan_article
共著、『相続財産を賢く活用する8つの対策』
 
002bestplan_article

穏やかなのに、的を外さない話し方が印象的

 
さて、肝心な「プロでも知り得ないポイント」について伺ってみたところ、
 
・不動産各社の得意・不得意に精通し、最も有利な価格を提供してくれそうな相手と交渉する
・さまざまな評価方法を使い、実際の取引価格を見抜く
 
ことが大切だという。そして何より、サービスやパッケージを営業するのではなく、顧客の立場になったコンサルティングが欠かせないらしい。不動産を活用した資産運用の大半が「そのままでは失敗する」と言う豊田さんに、「ベストプラン」のプランニングを案内していただこう。
 
 
 
デベロッパーにいたからわかる「買取り価格の逆算」
 
不思議に思ったのはポイントの1点目。同じ不動産会社なのに得意と不得意があり、見積価格が違ってくるということ。多少の差なら理解できるとしても、冒頭の話のように「倍も違う」というのは、どのような事情なのだろう。
 

003bestplan_article
よく見かける、工事現場の一例

 
「同じ不動産会社でも、人間のようなクセや好き嫌いがあるんです。マンションの販売に特化している会社、戸建分譲の会社、平地が好きな会社もあれば、傾斜が好きな会社もある。私自身、デベロッパーに勤めていましたから、それぞれの利幅や提示価格が、ある程度わかります」
 
また、こうしたクセや得意分野は、取引価格を算出するための施工見積もりにも反映してくるという。例えば土地に段差がある場合、基礎工事が得意な業者であれば、特殊基礎だけで事足りるかもしれない。しかし、そういうスキルを持っていない会社は、ありがちなコンクリート擁壁で段差を覆い尽くしてしまう。
 

004bestplan_article
壁一面を埋める資格類は、「確かな眼力」の証

 
「こちらの希望価格をゴリ押ししているわけではないんです。どちらかというと、細部まで忠実なシナリオを描いている感覚」
 
ユーザーからすると、いちいち相見積もりを取り寄せる必要がないので、時間や手間が短縮できる。しかも、好条件を逃さないというオマケ付き。これが、1点目のポイントである。
 
 
 
不動産を見極めるコツは、「相続税評価額と時価の差」
 
土地を相続した場合に納める相続税。この基準になるのが「相続税評価額」というモノサシだ。地目や路線価を参考にして決められ、原則として、同じエリア内なら上下することはない。しかし、実際の販売価格はどうだろう。時価は人気のバロメーターであり、有名芸能人が同じマンションに住んでいるというだけで上がる可能性もある。
 

005bestplan_article
眺望やイワク付きなども、変動要因になり得る

 
「相続税評価額は同じ3000万円なのに、5000万円で売れる物件と2000万円にしかならない物件があるわけです。あるいは、同じ3000万円という時価なのに、将来払う相続税が倍も違うことだって起こり得る。この視点はとても大切なのに、着目している会社は少ないと思いますよ」
 
「トータルプラン」なら、「相続税評価額」に引きずられることなく、時価の逆算ができる。これが2番目のポイント。また、賃貸アパートのような収益物件の見込み価格も算出可能だという。豊田さんによれば、ここまで細かく試算できるのは、「同業100社のうち5社程度ではないか」と話す。
 

006bestplan_article
楽観からきつめまで、いくつかの予測を立てておく

 
「収益物件の見込みを扱える会社といっても、そのほとんどが、楽観パターンしか見ていないのではないでしょうか。会社の商品を『セールス』するための資料ですから、悲観論を盛り込むようなことはしないはず。おそらく、9割以上のオーナーさんが失敗しているのでは」
 
また、「相続税評価額と時価の差」は、当然、相続にも関係してくるという。相続というからには、「相続税評価額」を前提にした話し合いになるのが道理。しかし、実際に処分するときは、時価が問われるのだ。3000万円と腹づもりしていたのに、2000万円にしかならなかったとしたら・・・。
 
 
「売りつけない」コンサルティングをめざして >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索