ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    「予約の取れない肉料理」のお店、都内では次々に大人気店ができています。その中でも代表格な「肉山」がついに横浜進出とのこと! がっつり美味しいお肉大好きメンバーとしてはキニナリます!

    HyperNattohさん

    伊勢佐木モールの五丁目に鳥さんやウサギさんをモールに出してお客さんを癒してる【一心堂】という可愛いお店があります。不思議な雰囲気なので是非レポートお願いします。

    greygreyさん

    警察のヒミツの部屋?? 最近出来た警察署(例えば金沢警察署や港北警察署)には建物から飛び出した部屋っぽいのがある。そこはどんな部屋?? とてもキニナル!!!

    まっくすさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
ラミレス監督らが小学校をサプライズ訪問! 選手寮のカレーのお味は?
3位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
4位
【ニュース】横浜DeNAベイスターズ選手寮のカレーが学校給食になる!
5位
【ニュース】「ハマの永遠番長」三浦大輔氏が小学生向けの野球教室を実施!
6位
【ニュース】「シーパラこども海育塾」塾生募集!
7位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
8位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
9位
【ニュース】5月24日に「ふでともかきかた教室」無料体験イベント実施!
10位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
11位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
12位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
13位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
14位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
15位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
18位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
19位
神奈川屈指の進学校「栄光学園」が上智大学と合併する?
20位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
21位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
22位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
23位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
24位
横浜駅自由通路前「赤い靴の女の子」はいつ設置された?
25位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
26位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
27位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
28位
国立なのに「横浜」!? 横浜国立大学の名前の由来に迫る!
29位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
30位
多摩川沿いにそそり立つ川崎総合科学高校は、全国一「高い」って本当?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 創作料理

ど根性キッチン

オーナー自らが地元食材の仕入れルートを確立。泉区産の採れたて野菜を堪能でき、「食」についても学べる店

最終更新日:2017年5月02日

045-410-8466

イチオシサンプル画像

「生産者の声が聞ける」お店! 横浜市泉区の食材を味わい尽くす「ど根性キッチン」

横浜市泉区で採れた地元野菜と食材を使った、色とりどりの絶品料理が味わえる、ここぞ真の地元密着型キッチン。

DATA
住所: 横浜市泉区和泉町6214-1
相鉄いずみ野線「いずみ野駅」より徒歩1分
営業時間: 11:00~22:00(L.O.)
平均予算: ~2000円

筆者の実家は農家で、養鶏やみかん、里芋や大根などを作り、毎日市場に売りに行っていた。成人して実家を離れ、土とは無縁の生活をしていると、時たま買い物中に疑問がふつふつと湧き上がってくることがある。
 
「このニンジン、どっから来たの? なんでこんな安いの? すごいまっすぐでピカピカなのは何故に?」
 
きっと私は土くささが無いというか、生れたルーツを感じさせない、食材の佇まいに違和感があるのだと思う。
 

001dokonjo_article
ほら、どんなんなってるか言うてみい!

 
その食材がどこで誰に育てられ、ここに来たのか。知らないままでも、きっと生きていけるけれど、でもぜひその地で採れたものを口にしてみてほしい、と思う。実家で採れたものをそこで食べるのって、何やかんやすごくおいしい。横浜駅から電車一本で、そんな経験のできるキッチンに行ける。
 
 
 
いずみ野駅整備されましたな
 
今回ご紹介するお店は相鉄線いずみ野駅から徒歩約1分という、アクセス抜群のところにある。
 

002dokonjo_article
最近駅前開発されたいずみ野駅
 
003dokonjo_article

のどかさが残るバスロータリーを眺めながらぐるっと
 
004dokonjo_article

こちらがはまれぽがイチオシするお店

 
その名も「ど根性キッチン」! 実は以前キニナルでお邪魔した横浜市西区の「大ど根性ホルモン」の姉妹店なのだ。
 

005dokonjo_article
お店の雰囲気は大分違いますなあ

 
「大ど根性ホルモン」は地場野菜とホルモンをいただけるが、「ど根性キッチン」は地場野菜、もっともっと言うと横浜市泉区で採れた野菜がメインのお店とのこと。泉区って住宅が多いイメージだけど、野菜も作っているのか。
 

006dokonjo_article
と、お店の脇を見ると

 
ちっちゃい畑!? 「ど根性キッチン いずみ野ポタジエ」ですって、ブロッコリーが生えている。「ポタジエ」とは、フランス語で「家庭菜園」を意味し、観賞用と実用を兼ね備えたものだそう。さっそくいずみ野野菜、見つけました!
 
ホクホクしながら入店! 店内はナチュラル和風テイストの落ち着いた印象で、大きな窓からは自然光がさんさんと降り注ぐ。なんと内装は古い農家のお家をイメージ!
 

007dokonjo_article2
お座敷があって
 

008dokonjo_article2
家の骨組みは土間で
 
009dokonjo_article2
テーブル席ですよ

 
わあ、実家も昔土間だった!! 懐かしい!! ちなみに、土間の床部分は昔の家づくりと同じように、地元の子どもたちと踏み固めるワークショップをしたんだとか。
 
なんか面白いぞこのお店、ただならぬ感じがするぞ!同店についてのお話を聞くのは、オーナーシェフの椿直樹(つばき・なおき)さん。
 

010dokonjo_article2
宜しくお願い致します!

 
椿さん、「ど根性キッチン」って、どんなお店なんですか、どんな根性があるんですか?

同店がオープンしたのは2016(平成28)年8月31日、野菜の日。泉区で採れる地元野菜をメインにした料理を提供するお店、というのが同店の最大の売り。
 
「横浜店は横浜市内全域ですが、こちらのお店は泉区で採れる食材を100パーセント使用することを目指しているお店です。これまで私はいずみ野とはご縁がなかったのですが、駅前の再開発に伴い、場所ができるからお店をやらないか、と知り合いづてに誘われまして」
 
「お話をもらった後に、たまたまいずみ野の小学校でスーパー給食(各ジャンルの料理人が、地元の農畜産物のみを使い小学校の給食を作るイベント)を行い、その時に地域の人たちと触れ合って、いずみ野の良さを知りました。それが5,6年前ですかね」
 

011dokonjo_article2
ふむふむ

 
「1号店の時に培ったノウハウを活かし、泉区の生産者とのラインを全て1から作り、直接やり取りできるようにして、このお店を始めました」と椿さん。泉区には畑が多く、協力してくれる農家さんも多かったのだとか。
 
街を歩いていても、地産地消を謳っているお店は増えてきているように思う。しかし同店がほかのお店と違うところがある。それは農家さんへのこだわり。
 

012dokonjo_article2
カウンターには調理する前のお野菜が

 
「このお店と協力してくれている農家さんは、どこでも良いわけじゃないんです。出荷した後も、自分たちの作ったものがどのようにして人の口に入るのか。そこまで関心がある農家さんと契約をしています」
 

「ど根性キッチン」は、ただ地元野菜が食べられるだけではなく、お客さんはもちろん、生産者もお店を通して自分たちの仕事について考えられるお店なのだ。
 

013-1,2dokonjo_article2
店頭には農家さんとの交換日記が置かれている

 
こだわりの泉区の野菜は、ほかの野菜と比べて濃い味がするんだそう。「きっとこの場所で作られている、っていうこともあるんでしょうけど、お野菜の味がしっかり分かる、ってお客さんからよく言われます」とのこと。
 
「顔が見える」どころか、作っている場所も農家さんの声も聞ける、「ど根性キッチン」。お料理への期待に、心、満タンです!
 
 
 
うっまー!!
 
最近ニンジンを丸かじりするほどに野菜を求めている筆者。
 

014dokonjo_article2
うわあああ

 
お野菜だけでもご馳走なのに、お、お肉も出て来たなんて・・・
 

015dokonjo_article2
こちらは人気ナンバーワンの「ど根性サラダ/900円(税込・以下同)」

 
いずみ野野菜をたっぷり使った、目にも鮮やかなサラダ。旬の根菜がゴロゴロで、これだけでも食べ出がありそう。岩手県陸前高田市の「八木澤商店」とコラボしたドレッシングをかけていただきます。
 

016dokonjo_article2
続きまして「和牛もも肉の洋風たたき ポタジエ野菜添え/950円」

 
見るからに柔らかそうな牛肉のたたきにバルサミコソースを添えた一品。さり気なく添えられている葉野菜はもちろんいずみ野産。ポタジェから摘んだ野菜も含まれていて、何とも贅沢な気分に。
 

017dokonjo_article2
まだまだあります、「はまぽーくのクリスピーステーキ/800円」

 
柔らかいのにこりこりとした食感のはまぽーくを、かりっと仕上げた一皿。まんべんなくマスタードソースがかかり、付け合わせはホクホクのポテトフライ。
 

018dokonjo_article2
仕上げは「ど根性プリん?/400円」

 
卵と生クリームで作ったというプリン。ザラメを香ばしく焼き付けた、楽しみでしょうがないデザート。
 
 
横浜の色鮮やかな大地の恵みがたくさん・・・いただきます! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索