ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    みなとみらいの海沿いは終電の時間が過ぎてもカップルだらけですが、彼らはどこから来ているのか気になります。地元の人ではなさそうなので。

    KTAさん

    元町のエリスマン邸から山手十番館に行く途中に、灯台みたいなレトロな電話ボックスがありますがこれが何なのか気になります!確か、戸塚の図書館前にも似た電話ボックスがあったと思うのですが、何か由来があるもの...

    みきみきさん

    横浜市営バスにそっくりの横浜都市開発バス。市営バスと前面のエンブレムが違うが、そもそも何が違う?

    まっくすさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

もうすぐGW。期間中はどこで過ごす?

横浜市内で過ごす
神奈川県内で過ごす
関東圏内で過ごす
関東圏から脱出する
海外で過ごす
そのほか
休みなんかない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
三崎のシャッター商店街に開店した元Jリーガーの接骨院って、いろんな意味で大丈夫?
3位
唐木田から上溝まで8.8km、小田急多摩線の延伸はいつ実現する?
4位
横浜市の住民税って高いの?
5位
リニア開通で相模原市はどう変わる? 橋本駅編!
6位
計画から30年! 再開発が本格スタートした金沢八景駅はどう変わる?
7位
スーパーオートバックスみなとみらい店の跡地はどうなる?
8位
横浜市職員の給料は高いのか!?
9位
相鉄線二俣川駅南口再開発の計画変更の詳細と今後は?
10位
あの横浜スカイウォークは廃墟と化すのか!?
11位
みなとみらいのアンパンマンミュージアムが閉鎖するって本当?
12位
相鉄線ゆめが丘駅周辺は大きく変わる?
13位
再開発で綱島駅周辺はどう変わる?
14位
誰かが反対している? 陸の孤島・本牧に鉄道が延伸しない理由の真相は?
15位
川崎市のJFE敷地内、不法占拠の家屋群の正体は?
16位
京急線が三崎口駅から先の延伸を凍結した理由は?
17位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.1「日本で唯一のモペット・メーカー フキ・プランニング」
18位
イトーヨーカドー本牧店跡地にオープンした「本牧フロント」の様子は?
19位
2018年に大きく変わる瀬谷駅南口、再開発計画の内容は?
20位
京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?
21位
2015年に開業予定の羽沢駅周辺は今後どうなる?
22位
金沢区の山田工業所が作る、日本で唯一の「打ち出し式」中華鍋って何?
23位
寿町のドヤ街はなぜ形成されたのか?
24位
横浜にこんなすごい会社があった!Vol.8「日本唯一のハイエンドオーディオ機器専門メーカー・アキュフェーズ株式会社」
25位
川崎市営地下鉄「川崎縦貫鉄道計画」が休止!? その理由は!?
26位
JR根岸線、幻の「栗木駅」建設計画はあった?
27位
返還された上瀬谷通信施設で2026年に「花博」が開催されるって本当?
28位
業務停止を受けた「グリフィン」の営業手法とは!?
29位
ロケ地として500作品以上に登場! 閉校した旧県立三崎高校に潜入&解体後の跡地はどうなる?
30位
本牧に鉄道が開通するのはいつ?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 板金塗装・修理

整興モーターサービス

愛車のトータルサポートに! 自動車修理も板金塗装もお任せ。

最終更新日:2017年3月22日

045-711-5418

イチオシサンプル画像

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

高い技術力と粘り強く誠実な仕事で車を蘇らせる! 顧客メリットを第一に、完成度の高い仕事をやり抜く「整興モーターサービス」。中間マージンなし。修理方法や価格について納得いくまで相談できるのも大きな魅力だ

DATA
住所: 横浜市南区井土ヶ谷中町32
京急本線「井土ヶ谷駅」より徒歩7分
営業時間: 9:00~19:00

たとえば、ちょっとした不注意で自動車をぶつけてしまった時、大事故に到らなかったことを幸いと思いながら、車体のへこみや傷を見て思い悩むことはないだろうか。どこに修理をお願いすればいいのだろうと・・・。
 
そんな時に安心して任せられる修理・板金塗装の会社があるという。
 

001seiko_article
その会社があるのは、京急線「井土ヶ谷駅」から徒歩約7分のところ
 
002seiko_article

駅を出て、環状1号線を蒔田方面へ
 
003-4seiko_article

鶴巻市場交差点を右折、住宅街に入るとすぐに・・・
 

005seiko_article
工場が見えてきた

 
こちらが、今回紹介する「整興モーターサービス」だ。
 

006seiko_article
社長の溜渕康仁(たまりぶち・やすひと)さんに話を伺った

 
整興モーターサービスは、1973(昭和48)年に溜渕さんのお父さまが設立した会社。当時は日産ディーゼル工業株式会社(現、UDトラックス株式会社)で社内外注として車の整備を請け負っていたという。1981(昭和56)年に、板金工場として現在地に移転。

溜渕さんご自身は、高校卒業後、中区にあった技術力が高い板金の会社で3年間修業。その後はお父さんとともに会社を支えてきた。
 

007seiko_article
2002(平成14)年、溜渕さんが38歳の時に会社を引き継いだ

 
2011(平成23)年には、整備工場としても認可された。

同社では、月に100台あまりの自動車の修理・板金塗装、車検などを請け負う。基本的に地域密着の会社だが、なかには、神奈川県内だけでなく、東京や千葉、静岡からも、レアな愛車を持ち込む方もいるという。職人数4名という小規模な工場が、それほどまでに顧客を惹きつける理由はどこにあるのだろう。じっくり探っていきたい。
 
 
 
直に依頼できるから中間マージンなし。お客さんが納得できる修理を!
 
整興モーターサービスには、どのような特徴があるのだろうか。
「お客さんのメリットを第一に考えて、修理を進めていくこと」と溜渕さんは強調する。
 
「えっ、それって普通のことなんじゃないの?」と思ってしまうのだが、そうでもないらしい。多くの人が修理を依頼するディーラーなどでは、物品販売を目的のひとつとしている面があるため、安易に部品交換を勧めてくることもあるという。しかし、同社では極力、もとのモノを生かす方向で、技術的に甦らせることを考える。
 

008seiko_article
「修理できないようでは修理工場と言えないよ」というプライド

 
「安易に交換を勧めることはありません。お客さんにとって修理した方が良ければ、時間や手間がかかっても修理します。お客さんにメリットがあることが大切で、職人の苦労は二の次」と溜渕さん。
 
他社で板金修理によって直すことは難しい、と部品交換を勧められたものでも、同社では職人の高い技術力と粘り強い仕事で、きれいに修理を完了できることが多々あるそうだ。
 

009seiko_article
職人の技術力とプライドをかけて、高い完成度を目指す

 
「もちろん、なにがなんでも板金にこだわって直すというわけではありません。中古部品で交換した方が安ければそちらを勧めます」と溜渕さんは言う。その中古部品さえも、中間手数料を省いて価格を抑えられるよう、お客さん自らが注文して工場に送ってもらうこともできる。
 
「時間、クオリティ、プライスと、お客さんそれぞれに判断基準が違うので、柔軟に対応します。見積もりの時点で、修理方法によるメリット・デメリットを説明し、金額面、納期も含めて納得のいくまで話して決めていきます」と溜渕さん。
 

010seiko_article
専門用語ではなく一般的な言葉で、きちんとお客さんに伝わるように心がける

 
苦労をいとわず、お客さんの立場に立って仕事に取り組む姿勢が少しずつ見えてくる。なぜ、そこまで親身になれるのだろう。

「お客さんと直につながっている、お客さんの顔が見えるという部分も大きいです。きれいに仕上がると、職人としての達成感に加え、お客さんが喜ぶ顔を見ることができる」と溜渕さん。
 

011seiko_article
お客さんが喜ぶ顔を見たいから頑張れる

 
整興モーターサービスは、個人客から直に仕事を請け負う工場。中間マージンが発生しないため、価格を抑えられるというメリットがあるのはもちろんだが、お互いの顔が見えることにより大きな力が働くに違いない。
 

012seiko_article
「お客さんに感動を与えるのがひとつのテーマ!」

 
「ここだけでいいよと言われても、ここもやっておきましたと、見積もり以上のところまでやる。きっちり型にはめず、お客さんの喜んでくれることをやる。私が言わなくても、職人たちがみんな、そういう気持ちで仕事に取り組んでくれていますね」と溜渕さん。

技術力の高さだけではなく、人と人とのつながりを大切に仕事へ取り組む同社の姿勢が伝わってくる。
 
 
 
熟練の職人ならではの技術で、車の資産価値を守る!
 
お客さんのメリットを考えるなかで、車の資産価値を守ることは重要なポイントだという。「一時的にごまかすような修理ではなく、できるだけ良い状態で長く乗ってもらえるように修理をします」と溜渕さんは言う。
 
たとえば・・・
 

013seiko_article
本来なら修理が必要な部分だけを塗装すれば良いのだが・・・

 
多くの板金塗装工場では、塗装が必要な部分の周辺もグラデーションをかけ、ぼかして塗る(ボカシ塗装)そうだ。ところが、同社では、修理部分だけを塗装(ブロック塗装)して修理を行っている。ブロック塗装は、元の色と修理部分の色を全く同じにしなければならず、技術的にも難しいため、行える業者は限られるのだという。
 

014seiko_article
色の確認にはずれがないよう、自然光に近いライトを使用
 
015seiko_article

丁寧な色合わせが要求される
 
016seiko_article

色が分離しないように濃度を一定にするミキシングマシンも完備

 
こちらにある原色の塗料を使って、色を調合するのだが、同じ車種であっても経年や管理状態によって車体の色は異なってくるため、色を完全に合わせるのは簡単なことではないそうだ。
 

017seiko_article
色合わせは職人の経験と勘が頼り

 
一般的に行われるボカシ塗装よりも、同社が行うブロック塗装の方が、仕上がりがきれいで長持ちするため、車の価値が下がりにくい。また、塗料も少量で済み、熟練した職人の手により作業時間も短縮されるため、費用も割安になるという。
 
・・・なるほど、多くの手間と高度な技術が必要とされるブロック塗装を行う根底には、やはり、お客さんのメリットを優先させる想いがあることに気づく。
 

018seiko_article
ムラがない均一な塗り肌は、職人の技術の見せどころだ

 
同社には、長年使用した車の再塗装やレストア(復元)の依頼も多くあるという。「色が変色したり、ボンネットの塗装が剥げたりするまで長く乗ってきた車の持ち主は、きっと、その先も同じくらい長く乗られるでしょう。そこにしっかり対応できる修理をしようと考えます」と溜渕さんは言う。
 

019seiko_article
こちらは広範囲の塗装を行う設備

 
整興モーターサービスは、もともと板金塗装に力を入れてきた会社だが、さらに同社の強みは、整備資格を保有した専門のスタッフがおり、整備工場としてもライセンスを取得している点にある。
 

020seiko_article
車検やメカニックなトラブルに対処することができる

 
整備と板金塗装の両方を安心して任せられるメリットは大きい。実際に、車検と同時にちょっとした車体の傷やへこみの修理を依頼されることも多いという。車のメンテナンスに関してトータルにサポートできる体制があることは、利用者にとって、とても心強いに違いない。
 
 
新技術、環境問題にすばやく対応! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索