ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜駅の西口ターミナルには田沢湖行きのバス停があります。高速バスは東口側から出ていると思いますが、何故西口から出ているのでしょうか?また、田沢湖行きなのもキニナリます。

    キンタさん

    日産自動車がとんでもない不正で、出荷停止まで…横浜F・マリノスや日産スタジアムの命名権に影響は出たりしないのか?横浜市の大企業のひとつだけに心配です。

    ナチュラルマンさん

    11月4日に日産スタジアム初のラグビーの代表戦が開催されます。その際の周囲の盛り上がりや、また地下鉄のスタンプラリーの様子など、是非、取材して下さい。

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【編集部厳選】家系、二郎、サンマーメンだけじゃない! みんな大好きラーメン特集!
2位
【はまれぽ名作選】横浜にある庶民的なのに本格中華の味が楽しめるお店を教えて!
3位
【イベントれぽ】横浜オクトーバーフェスト2017
4位
【I☆DB】ベイ選手に出会える!? マジっすか! 噂のあの店に突撃!
5位
【はまれぽ名作選】洋食の街、横浜の料理人に密着「横浜コック宝」 福富町「レストラン タマガワ」編
6位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
7位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
8位
【編集部厳選】秋の夜長に一人立ち飲み酒!
9位
【編集部厳選】オトナの街・本牧の昼の顔!
10位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
11位
【はまれぽ名作選】江戸時代に戸塚の名物だったという「うどん豆腐」って何?
12位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
13位
【ニュース】「横浜オクトーバーフェスト2017」、9月29日から開催! 赤レンガ倉庫に急げ!
14位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
15位
待ちきれない! 2日間限定販売の崎陽軒「トンデモ!?シウマイ弁当」を一足早く手作りして食べてみた!
16位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
17位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.5』~「マルガリータ」とカクテルの雑学~
18位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
19位
【はまれぽ名作選】ディープな雰囲気を醸し出す鶴見の「かめちゃん」ってどんな店?
20位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
21位
横浜市中央卸売市場竹家食堂の2号店「BAM・BAM番長」で高さ18センチの「ねぎとろ番長」と「大漁船盛り唐揚げ」を実食!
22位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
23位
【はまれぽ名作選】中華街の酢豚にパイナップルが入っている割合は!? ライター松宮が突撃調査!
24位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
25位
創業は? 修行先は? 謎だらけの老舗家系ラーメン店の謎を解け!
26位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
27位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
28位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 修理屋

整興モーターサービス

愛車のトータルサポートに! 自動車修理も板金塗装もお任せ。

最終更新日:2017年7月07日

045-711-5418

イチオシサンプル画像

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

高い技術力と粘り強く誠実な仕事で車を蘇らせる! 顧客メリットを第一に、完成度の高い仕事をやり抜く「整興モーターサービス」。中間マージンなし。修理方法や価格について納得いくまで相談できるのも大きな魅力だ

DATA
住所: 横浜市南区井土ヶ谷中町32
京急本線「井土ヶ谷駅」より徒歩7分
営業時間: 9:00~19:00

たとえば、ちょっとした不注意で自動車をぶつけてしまった時、大事故に到らなかったことを幸いと思いながら、車体のへこみや傷を見て思い悩むことはないだろうか。どこに修理をお願いすればいいのだろうと・・・。
 
そんな時に安心して任せられる修理・板金塗装の会社があるという。
 

001seiko_article
その会社があるのは、京急線「井土ヶ谷駅」から徒歩約7分のところ
 
002seiko_article

駅を出て、環状1号線を蒔田方面へ
 
003-4seiko_article

鶴巻市場交差点を右折、住宅街に入るとすぐに・・・
 

005seiko_article
工場が見えてきた

 
こちらが、今回紹介する「整興モーターサービス」だ。
 

006seiko_article
社長の溜渕康仁(たまりぶち・やすひと)さんに話を伺った

 
整興モーターサービスは、1973(昭和48)年に溜渕さんのお父さまが設立した会社。当時は日産ディーゼル工業株式会社(現、UDトラックス株式会社)で社内外注として車の整備を請け負っていたという。1981(昭和56)年に、板金工場として現在地に移転。

溜渕さんご自身は、高校卒業後、中区にあった技術力が高い板金の会社で3年間修業。その後はお父さんとともに会社を支えてきた。
 

007seiko_article
2002(平成14)年、溜渕さんが38歳の時に会社を引き継いだ

 
2011(平成23)年には、整備工場としても認可された。

同社では、月に100台あまりの自動車の修理・板金塗装、車検などを請け負う。基本的に地域密着の会社だが、なかには、神奈川県内だけでなく、東京や千葉、静岡からも、レアな愛車を持ち込む方もいるという。職人数4名という小規模な工場が、それほどまでに顧客を惹きつける理由はどこにあるのだろう。じっくり探っていきたい。
 
 
 
直に依頼できるから中間マージンなし。お客さんが納得できる修理を!
 
整興モーターサービスには、どのような特徴があるのだろうか。
「お客さんのメリットを第一に考えて、修理を進めていくこと」と溜渕さんは強調する。
 
「えっ、それって普通のことなんじゃないの?」と思ってしまうのだが、そうでもないらしい。多くの人が修理を依頼するディーラーなどでは、物品販売を目的のひとつとしている面があるため、安易に部品交換を勧めてくることもあるという。しかし、同社では極力、もとのモノを生かす方向で、技術的に甦らせることを考える。
 

008seiko_article
「修理できないようでは修理工場と言えないよ」というプライド

 
「安易に交換を勧めることはありません。お客さんにとって修理した方が良ければ、時間や手間がかかっても修理します。お客さんにメリットがあることが大切で、職人の苦労は二の次」と溜渕さん。
 
他社で板金修理によって直すことは難しい、と部品交換を勧められたものでも、同社では職人の高い技術力と粘り強い仕事で、きれいに修理を完了できることが多々あるそうだ。
 

009seiko_article
職人の技術力とプライドをかけて、高い完成度を目指す

 
「もちろん、なにがなんでも板金にこだわって直すというわけではありません。中古部品で交換した方が安ければそちらを勧めます」と溜渕さんは言う。その中古部品さえも、中間手数料を省いて価格を抑えられるよう、お客さん自らが注文して工場に送ってもらうこともできる。
 
「時間、クオリティ、プライスと、お客さんそれぞれに判断基準が違うので、柔軟に対応します。見積もりの時点で、修理方法によるメリット・デメリットを説明し、金額面、納期も含めて納得のいくまで話して決めていきます」と溜渕さん。
 

010seiko_article
専門用語ではなく一般的な言葉で、きちんとお客さんに伝わるように心がける

 
苦労をいとわず、お客さんの立場に立って仕事に取り組む姿勢が少しずつ見えてくる。なぜ、そこまで親身になれるのだろう。

「お客さんと直につながっている、お客さんの顔が見えるという部分も大きいです。きれいに仕上がると、職人としての達成感に加え、お客さんが喜ぶ顔を見ることができる」と溜渕さん。
 

011seiko_article
お客さんが喜ぶ顔を見たいから頑張れる

 
整興モーターサービスは、個人客から直に仕事を請け負う工場。中間マージンが発生しないため、価格を抑えられるというメリットがあるのはもちろんだが、お互いの顔が見えることにより大きな力が働くに違いない。
 

012seiko_article
「お客さんに感動を与えるのがひとつのテーマ!」

 
「ここだけでいいよと言われても、ここもやっておきましたと、見積もり以上のところまでやる。きっちり型にはめず、お客さんの喜んでくれることをやる。私が言わなくても、職人たちがみんな、そういう気持ちで仕事に取り組んでくれていますね」と溜渕さん。

技術力の高さだけではなく、人と人とのつながりを大切に仕事へ取り組む同社の姿勢が伝わってくる。
 
 
 
熟練の職人ならではの技術で、車の資産価値を守る!
 
お客さんのメリットを考えるなかで、車の資産価値を守ることは重要なポイントだという。「一時的にごまかすような修理ではなく、できるだけ良い状態で長く乗ってもらえるように修理をします」と溜渕さんは言う。
 
たとえば・・・
 

013seiko_article
本来なら修理が必要な部分だけを塗装すれば良いのだが・・・

 
多くの板金塗装工場では、塗装が必要な部分の周辺もグラデーションをかけ、ぼかして塗る(ボカシ塗装)そうだ。ところが、同社では、修理部分だけを塗装(ブロック塗装)して修理を行っている。ブロック塗装は、元の色と修理部分の色を全く同じにしなければならず、技術的にも難しいため、行える業者は限られるのだという。
 

014seiko_article
色の確認にはずれがないよう、自然光に近いライトを使用
 
015seiko_article

丁寧な色合わせが要求される
 
016seiko_article

色が分離しないように濃度を一定にするミキシングマシンも完備

 
こちらにある原色の塗料を使って、色を調合するのだが、同じ車種であっても経年や管理状態によって車体の色は異なってくるため、色を完全に合わせるのは簡単なことではないそうだ。
 

017seiko_article
色合わせは職人の経験と勘が頼り

 
一般的に行われるボカシ塗装よりも、同社が行うブロック塗装の方が、仕上がりがきれいで長持ちするため、車の価値が下がりにくい。また、塗料も少量で済み、熟練した職人の手により作業時間も短縮されるため、費用も割安になるという。
 
・・・なるほど、多くの手間と高度な技術が必要とされるブロック塗装を行う根底には、やはり、お客さんのメリットを優先させる想いがあることに気づく。
 

018seiko_article
ムラがない均一な塗り肌は、職人の技術の見せどころだ

 
同社には、長年使用した車の再塗装やレストア(復元)の依頼も多くあるという。「色が変色したり、ボンネットの塗装が剥げたりするまで長く乗ってきた車の持ち主は、きっと、その先も同じくらい長く乗られるでしょう。そこにしっかり対応できる修理をしようと考えます」と溜渕さんは言う。
 

019seiko_article
こちらは広範囲の塗装を行う設備

 
整興モーターサービスは、もともと板金塗装に力を入れてきた会社だが、さらに同社の強みは、整備資格を保有した専門のスタッフがおり、整備工場としてもライセンスを取得している点にある。
 

020seiko_article
車検やメカニックなトラブルに対処することができる

 
整備と板金塗装の両方を安心して任せられるメリットは大きい。実際に、車検と同時にちょっとした車体の傷やへこみの修理を依頼されることも多いという。車のメンテナンスに関してトータルにサポートできる体制があることは、利用者にとって、とても心強いに違いない。
 
 
新技術、環境問題にすばやく対応! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索