ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    中区の根岸加曽台に、長年(20年くらい?)放置されたままの開発途中の広大な土地があり、キニナっています。分譲住宅かマンションを建てようとしていたようにも見受けられますが、どういう経緯で開発が中止になっ...

    濱俊彦さん

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
4位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
10位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
11位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
12位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
13位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
14位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
18位
2学期制って良くなかったの?
19位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
20位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
21位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
22位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
24位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
29位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
30位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

学ぶ> 趣味

一般社団法人 Nフラワーデザインインターナショナル

型にはめることなく、生徒の個性を伸ばすことを重視。楽しみながら資格取得も目指せる!

最終更新日:2017年9月05日

090-4013-3760

イチオシサンプル画像

花と向き合い、自分らしい花のアレンジを学べるフラワースクール「Nフラワーデザインインターナショナル」

趣味として楽しむ人から、資格取得を目指す人まで、幅広く通うフラワースクール。日本の伝統である生け花とヨーロッパのフラワーアレンジの良いところをあわせた同校独自のアレンジを学ぶことができる。

DATA
住所: 横浜市中区麦田町4-107
JR根岸線「山手駅」より徒歩10分
営業時間: 各教室へお問い合わせください

花がある生活をしたい 
 
毎日お疲れ気味。仕事から帰れば殺伐とした部屋・・・。「花を飾れば少しは気分も変わるかしら」。しかも自分好みにお花をアレンジできたら、それってちょっと素敵じゃない? 友達を家に招いて、自分好みのお花を飾って・・・と妄想はどんどん膨らんでいく。
 
そうだ、お花を習いに行こう! フラワーアレンジ教室はたくさんあるけれど、せっかく習うなら本格的にやってみたいし、実績のある先生がいいな。
 
そんなことを考えながら教室を探していたら、メディアでもたびたび取り上げられている有名な先生のお教室が横浜市内にあるという情報をキャッチ。さっそく教室へと向かった!
 

001nflower_article
JR根岸線山手駅から徒歩約10分(元町方面からバスでも行ける)
 
002nflower_article

商店街をまっすぐ歩く
 
003nflower_article

大通りに出たら、交差点を渡り右折
 
_MG_8282

モダンな外観の花屋さん。ここの2階がスクール本校だ

 
「一般社団法人Nフラワーデザインインターナショナル」本校は1階が「大和生花店」というお花屋さん。高い天井の広々とした空間に、季節を感じる色とりどりの花であふれている。フラワースクールはこの2階で行われる。
 

005nflower_article
広い店内。花やグリーンが所狭しと並べられている

 
 
 
バンド少年がトップフラワーアーティストに
 

今回は、主宰の永塚慎一(ながつか・しんいち)先生がお話してくださることに。永塚さんはフラワー雑誌にたびたび登場、著書も多く、花の世界では知らない人がいないほどの有名人。
 

006nflower_article
Nフラワーデザインインターナショナル主宰の永塚先生

 
永塚先生は、横須賀市出身でご実家が花屋さんを営んでいる。自然と花に触れる機会のある暮らしを送っていたが「花の先生になるとは全く考えていなかった」のだとか。
 
「花屋の仕事が大変なのを知っていたので、自分はやりたくないと思っていました。若いころは花にはまったく興味がなく、音楽に夢中でバンドをやっていましたね」
 
ところが、20歳のとき、たまたま見に行った花の競技会で、人生が変わった。
「競技会の作品を見るまで、『花のデザイン』という世界があることを知らなかったんです」
 

007nflower_article
競技会をきっかけに、花を仕事にすることを決意

 
花が持つ魅力に気づき、家業である花屋さんを仕事として選択。職業柄、著名な生け花の先生のもとへ活け込みに行くことも多かったという永塚さん。流派を超えていろいろな先生の活け込みを手伝うことで多くのことを学んだという。どの師匠にもつかず、独学で花を学び、自分のセンスを頼りに作品制作に没頭した。
 

008nflower_article
さまざまな流派の生け花に触れながら独自のスタイルを築いたという

 
「自分はごてごてと飾ることは好きではなく、ラインがしっかりしたものを作りたかったんです」
 
初めてフラワーデザイン競技の全国大会に出場すると、上位入賞。2回目の挑戦で全国1位になった。ここで一気に注目が集まり、雑誌にも連載を開始。読者に好評で単行本が出版されることになり、一躍有名人となった。
 
生まれついてのセンスなのか、実家が花屋さんという環境によるものも大きいのか、活け込みの仕事で得た経験を活かし、あっという間にトップの座に登りつめた永塚さん。だが、その姿勢はいつもいたって冷静だ。目の前の花と向き合い、自分の美的感覚をたよりに独自の世界観を築き上げていく。その姿に多くの人が魅せられた。
 

009nflower_article
タテのラインとヨコのラインが美しく調和した永塚先生の作品

 
 
 
自由な発想を大切に、個性を伸ばすのが永塚流アレンジメント
 
作品制作に没頭し、当初は教室を開くことをまったく考えていなかったという永塚さんだが、「教えてほしい」という声があまりに多かったため、2013(平成25)年にスクールを開校。すると、たちまち話題を呼び、全国から生徒が集まるようになった。
 
「決まった型を教えるやり方は、僕はしません。まずは自由にやってもらい、その人の個性を見極めて、その個性がどうやったら伸びるかを考えます」
 
「カリキュラムを作って、生徒さんに型を真似てもらうやり方は、教える方としては楽なんですよ。でも、それでは生徒さんは伸びない。一人ひとりの作業をじっくり見て、その人のいいところを引き出し、弱いところをカバーする。これが僕の基本姿勢です」
 
どの流派にも属さずに全国1位に上りつめた、永塚さんならではの教え方だ。とはいえ花の教室といえば、お手本を真似るところから始めるものだと思っていたのでびっくりだ。
 

010nflower_article
永塚先生の作品に魅せられて通う生徒さんが多数在籍する

 
現在、教室は全国30ヶ所以上に展開しているが、どの教室でもNフラワーデザインインターナショナル独自の資格を取得した講師が、永塚先生と同じように、生徒一人ひとりに合った教え方をしていく。
 
決まった型を押し付けないので、生徒さんはのびのび楽しく花と向き合えるのだという。
「プロが持っている技術を惜しみなく伝えるので、みなさんの上達は早いですよ」とのこと。クラスはどんなものなのか、気になる!
 
 
さあ、授業を見学させていただきましょう! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索