ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    高島町駅とみなとみらい方面の間にある高島歩道橋。階段が1つしかなく、自転車は便利ですが、歩行者は坂道をグルグル歩かなくてはならず不便です。なぜこんな形なのでしょうか?特に高島町駅からシンクロン社方面へ...

    ミルキーさん

    横浜臨海部で運行が検討されている連接バス。結局どうなったのですか?

    浅間町9-4532さん

    ブルーラインの3000V形が運行を開始してから約3ヶ月。お客さんの評判はどうなのでしょうか?

    浅間町9-4532さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月27日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
5位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
6位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
10位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
11位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
12位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
13位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
14位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
15位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
18位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
21位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
22位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
23位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
24位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
25位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
26位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
27位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
28位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
29位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
30位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

病院・薬局> 歯科

オリーブ歯科

友だちの付き添い乗車や空き時間のショッピングもOK! 栄区内ならどこでも可! 自宅から病院までを無料

最終更新日:2017年5月02日

045-872-0602

イチオシサンプル画像

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

お互いが納得いく説明をしたうえで施術を開始する、まさに「患者さんファースト」の歯科医院は「また来たい」と思える歯科医院だった!

DATA
住所: 横浜市栄区桂台中15-1
JR根岸線「港南台駅」よりバス15分桂台中央行きにて「桂山公園」下車
営業時間: 【共通】9:30~12:30【月~金PM】14:00~19:00 【土日PM】14:00~17:00
「また来たい」歯科医院に
 
井上院長の「患者さんファースト」の精神は、病院の内装にも行き届いている。
 
「子どもの一番人気」だというアスレチックをはじめ、目にも楽しいさまざまな遊具があるプレイルームは診療台のすぐ近くにある。これは、子連れの患者さんが診療中、できるだけ近くに子どもをいさせてあげたいということを考えての配置だという。
 

013olive_article
バリアフリーのスロープを抜けて開放感ある診察室へ
 
014olive_article

近所の子どもが「遊びたい!」と入って来ることもあるそう
 
015olive_article

入口のガンダムも「患者さんファースト」の一環!

 
また、地域にはコーヒーショップや飲食店がないことから、憩いの場を提供しようとドリンクメーカーとマッサージチェアを設置している。
 

016olive_article
診察の前でも後でも自由に飲めるのが嬉しい
 
017olive_article
歯だけでなく、体の疲れもケアしないとね!

 
さらに井上院長が「いい人がそろってくれた」と話すスタッフも、病院を支えている。
 
患者さん対応のマニュアルがあるわけではなく「あいさつをしっかりしましょうということ以外は、それぞれの裁量に任せている」というが、井上院長が聞き取りきれていなかった患者さんの気持ちを、スタッフから「もっとこうしてほしかったそうですよ」といった形で伝えてもらうこともあるのだという。
 

018olive_article
オリーブ歯科を支える井上院長自慢のスタッフ

 
「患者さんを第一に考え、『また来たい』と思ってもらえる歯科医院にしていきたい」と話す井上院長の姿勢そのものが、まさに「患者さんファースト」を表しているようだった。
 

019olive_article
「また来たい歯科医院」を目指します!

 
そもそもオリーブ歯科が自宅から病院までの無料送迎を始めた理由について、同院のほか、JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン中山駅に「中山駅前歯科」、市営地下鉄ブルーライン新羽駅に「新羽駅前歯科」を展開する北村秀哉(きたむら・ひでや)理事長は「この桂台を含めた『栄区』という地域が抱える問題が深くかかわっている」と話す。
 

020olive_article
自身も歯科医として現場に立つ北村理事長

 
前述のように、オリーブ歯科の周辺は昭和40年代以降に整備された、いわゆる「ニュータウン」。当時この地域に住宅を購入した人たちの多くは現在、高齢者もしくは後期高齢者に差し掛かっている人たちなのだ。
 
厚生労働省によると、80歳以上で歯の治療が必要な人は約10%に上るといい、それは横浜市でも例外ではない。特に2014(平成26)年の市の統計によると、栄区は人口に占める65歳以上の高齢化率は27.9%で18区の中でもトップだという。
 

021olive_article
加えて、アップダウンが激しい地形

 
ドリンクメーカーやマッサージチェアの設置も、自宅から病院の無料送迎に家族や友人の同乗を認めて送迎時間を多めにとっているのも、すべては周辺環境を踏まえて住民によりよい生活を送ってもらいたいとのおもてなしの思いから。
 
北村理事長は「これからも地域のニーズに合った医療サービスを提供していきたい」と話していた。
 

022olive_article
周辺にマンガ喫茶がないからと、マンガも充実させた

 
そんな中、国も歯科医師による訪問診療の重要性を認め、2016(平成28)年3月に歯科医師法を改正。従来のように診療台を持たなくても、訪問診療を主業務として活動することが可能になった。
 
北村理事長もいち早く反応し、港南台駅・本郷台駅・大船駅周辺の患者をカバーする訪問診療にも力を入れた。それが法改正後、神奈川県下2例目となった訪問診療専門の「クローバー歯科」だ。同院はオリーブ歯科の歯科医が兼務して行っている。
 

023olive_article
約20kgの診療器具を持って1日7件ほど訪問する

 
クローバー歯科の吉田雅之(よしだ・まさゆき)院長は「これまで訪問診療というのは、休診日や空いた時間に行う、メインではない『受け身の診療』だった」と話す。
 
さらに吉田院長は、年齢を重ねるにつれて発症リスクが高まる糖尿病や認知症について「これらの病気は歯周病が原因の場合もある。口腔ケアで予防しておけば、発症リスクを抑えることができる」と訴える。
 

024olive_article
「受け身から攻めの訪問診療へ」と吉田院長

 
吉田院長は「歯を治すのは当然。そのうえで、食べられる、話せるといった『Quality Of Life(=クオリティー・オブ・ライフ:生活の質)」を向上させる治療を目指したい』と展望を語った。

 
 
 
取材を終えて
 
常緑樹であるオリーブは、「太陽の樹」とも呼ばれている。
 
地域のニーズを的確にとらえ、それを提供していくというのは、口で言うほど簡単なことではない。
 
しかし、栄区に芽吹いたばかりのオリーブが、そこに集う患者の未来を明るく照らす日も遠くないかもしれない。
 

025olive_article
燃え上がれ、熱い想い

 
 
―終わりー

 
 
HP/http://www.olivesika.jp/

 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから 

お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索