ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年9月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    東戸塚駅のニューデイズ(コンビニ)は、地域密着型というコンセプトで、地域の商品を扱う専用の売り場のほか、生ビールを販売してイートインスペースで呑んだり、大型のスポーツイベントが開催される際は、パブリッ...

    LA-CL3さん

    横浜のどこかに、インドで作って下さった「水の塔」?という建築物があるらしいです。何ですか?どこにあるのですか?なんでインドから持ってきて下さったのでしょうか。これは、日本でインドに新幹線を7路線敷く事...

    狐猫さん

    横浜から秩父の近くまで、みなとみらい線、東急線、などと、西武線、東武線、などとが、東京地下鉄と相互に乗り入れています。観光客は、埼玉県方向から神奈川県方向の皆様が過半数で、神奈川県方向から埼玉県方向は...

    狐猫さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

横浜駅に乗り入れている好きな鉄道路線って何?

京浜急行線
JR京浜東北線
JR東海道線
JR横須賀線
相模鉄道線
東急東横線
横浜高速鉄道みなとみらい線
横浜市営地下鉄ブルーライン

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
2位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
3位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
4位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
7位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
8位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
9位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
10位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
11位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
12位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
13位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
14位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
15位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
16位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
17位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
18位
2学期制って良くなかったの?
19位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
20位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
21位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
22位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!~学校の歴史と防大ツアー編~
24位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
29位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
30位
ベイスターズジュニアチームではどんな選手が選ばれる?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

住む> エクステリア

3rd your life style shop 東戸塚店

卓越したアイデアとクリエイティビティでイメージを形に。一生ものの家具に出会いたいなら、東戸塚の名店へ

最終更新日:2017年5月02日

045-823-6496

イチオシサンプル画像

人に馴染み、家族に寄り添うオリジナル無垢材オーダー家具と空間演出なら「3rd 東戸塚店」

量販店には数千円と廉価なものがある一方、こだわりを追求する人も多い家具。家族と時間を共有する存在だからこそ、最高のものを手に入れたい。「人」と「家」の関わりのなかで、家具作りを追求する店を取材した。

DATA
住所: 横浜市戸塚区品濃町512-12
JR横須賀線「東戸塚駅」より徒歩10分
営業時間: 11:00~19:00

“家具”ってなんだろう?
 
英語で“家具”を意味する語は“furniture(ファニチャー)”だが、この語は中世フランス語の“furnir(=設備する)”に由来するという。
 
人が家に設備するものが“家具”。家があり、人がいるからこそ“家具”が備えられる。“家具”と家、人は切り離せない関係なのだ。
 

0013rdtotsuka_article
人、家、“家具”は三位一体

 
そんな、家と人との関わりにおいて、“家具”を見つめなおしてくれるのが、東戸塚に店舗を構える「3rd your life style shop(サード※以下「3rd」)」だ。
 

0023rdtotsuka_article
小さな店だが多くの家具と、それにまつわる物語を生み出してきた

 
 
 
“人”と“家”の次、3番目に“家具”がある
 
JR横須賀線「東戸塚」駅より歩いて10分弱。静かな通りに面して配されたウッドデッキには意匠が目を引く子ども向けの家具や玩具が並ぶ。
 

0033rdtotsuka_article
「東戸塚」駅東口を出て右手へ

 
0043rdtotsuka_article
住宅街を歩いて10分ほどで

 
0053rdtotsuka_article
通り沿いにウッドデッキを擁した店舗に到着する

 
この場所に2007(平成19)年にオープンした「3rd your life style shop」は、オーダー家具販売を軸に、空間デザインまでを手がけるトータルインテリアショップ。
 

0063rdtotsuka_article
ショールームを兼ねた店内には家具がずらり

 
もとは洋服のテーラー(仕立て業者)だったという代表取締役・青木祥一(あおき・しょういち)さんが、「とにかく40歳の誕生日に自分の店を開きたい」との一念で立ち上げた店舗だ。
 

0073rdtotsuka_article
オーダーメイドの服作りから家具作りに転向した青木代表

 
青木代表は語る。「1番目に人がいて、2番目に家がある。その次の3番目に“家具”があるという考えから、屋号を『3rd』としました」
 

0083rdtotsuka_article
「野球でもファースト、セカンドとまわって、サードはホーム(ベース)に一番近い場所ですよね」

 
常に人と家との関わりのなかで、オートクチュールの家具作りを模索し続ける、同店らしい命名だ。そんな同店の家具作りについて、もっと掘り下げてみよう。
 
 
 
ブログの実例は1000件以上! サイト経由のアプローチが大半
 
「当店の場合、公式サイトなどを通じたカタログ請求からおつきあいが始まるお客さまが多いですね。ブログで実例を公開しているのですが、『数年前のこの実例を見て・・・』とダイレクトに指定して来られる方も。家具に対する意識が高く、入念なリサーチをされたのちにアプローチされている印象です」と、青木代表。
 

0093rdtotsuka_article
特別なPRは行っていないのだという

 
「3rd」ではこれまで手がけた家具や空間を、豊富な写真とともに公式ブログで紹介している。2007年11月から続けているブログのエントリーは1000件をゆうに超え、いまも増え続けている。
 
「ここまで多くの実例をネットで公開しているのはほかにないんじゃないかな? 当店ではデザイン、制作から納品まで、すべて自社で手がけています。出来あがったオーダー家具は、運送会社などを利用することなく、すべて社員の手でお届けしているのです」
 

0103rdtotsuka_article
公式ブログにはクライアント宅で撮影した家具の写真が並ぶ

 
「愛情込めて作った家具だからこそ、どんな場所で、どんな人たちに、どのように使われるのか、きちんとこの目で確かめておきたいじゃないですか。だから納品した商品の数だけ実例写真が増え、ブログも充実していったんですね」
 
 
 
まっしろな紙に「空間」を描く『3rd』の家具作り
 
ある程度求める家具へのイメージを膨らませてからオーダーされる方が多いというが、オーダーの際にはどのような流れでイメージを具現化していくのだろうか?
 

0113rdtotsuka_article
「とにかく描いてイメージを膨らませます」

 
青木代表のお話は続く。「オーダーをいただく時点では、まっしろな紙を一枚渡されたようなものなんです。どんな場所に、どんな家具を求めていらっしゃるかは、まったくの未知ですから。そこに“空間”を描いていくのが私たちの仕事です」
 
「3rd」では、注文を受けたクライアントから部屋の図面と現況写真を提供してもらい、状況をつかむ。その後、手描きのデザイン画を作成して、空間イメージを膨らませていくという。
 

0123rdtotsuka_article
見ているだけでわくわくしてくるデザイン画だ

 
「CGを使えば早いんですけど、人の手で描くからこその温かみや、描き手の思いのようなものが伝わるよう、手描きにこだわっています。私自身は美術系はまったくなのでディレクターに徹していますが、ほかのスタッフはみなそれなりに描けますよ(笑)」と、青木代表は笑顔を見せる。
 
 
 
時が刻む表情を楽しめる。無垢材へのこだわり
 
いく枚ものデザイン画作成を経て家具のデザインが決定すると、いよいよ工房での制作に入る。「3rd」の家具は、チェリー、ウォールナット、メイプル、オークなどの無垢材を中心とした素材から生み出されていく。
 

0133rdtotsuka_article
青木代表は変化が楽しめる無垢材が好きなのだという

 
「経年により変化し、アンティークになっていくのが無垢材のおもしろさ。同じ木から切り出した素材で作った2つの家具でも、使い方によってまったく異なる表情になるのです」と青木代表。
 
「家具に傷をつけたくない」と思ってしまいがちだが、「傷をつけてもよい家具を提供すべき」というのが「3rd」の考え方。使い込んで使い手になじんではじめて、家具は道具として輝きを放つというのだ。
 

0143rdtotsuka_article
使い込むほどに味が出るのが無垢材の魅力

 
「もちろん、無垢材にはメンテナンスによって長く使えるというよさもあります。限りある資源だからこそ、世代を超えて使い続けられる、耐久性の高い家具を作るようにしています」
 
立ち上げから10年を経て、同店には「以前ここで作ってもらった家具に手を加えて使い続けたい」というメンテナンスの依頼も舞い込むようになったという。また、他店で作った家具を持ち込んで作り変えて欲しいという依頼もあるとのことだ。
 

0153rdtotsuka_article
オーダー家具は部屋やライフスタイルに合わせて作り変えることもできる

 
「家具の素材に使えるような木は10年どころでは十分に育たないですから、20年、30年と次の木が育つまで使い続けられる家具であることは重要です。自分たちがお届けした家具の10年後の姿を見ることができるのは、何よりの幸せですよ!」
 
 
ユーザーの声を紹介。口コミの質が違う! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索