ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    本牧山頂公園は、ひそかに心霊スポットとしても知られていますよね。実際、霊感のある人がたまたま夕方~夜に歩いて「二度と行きたくない」と言ったという話を聞いたことがありますし、毎年のように「また自殺者が出...

    濱俊彦さん

    相生町で非日常のお店が有りましたが、どうやら、3月にも和風lounge絲ってbarが出来たらしく気になります。女性一人でも、エロ無しって事で安心らしいです。和風って所も気になります。是非、調査お願いし...

    月明かりさん

    既にコビン・ケスナーさんからもありましたが、ウルトラセブンのモロボシダン役、森次晃嗣さんが経営するお店が藤沢市鵠沼にあります。名物料理はモロボシダンのハヤシライスだとか。また、ウルトラセブングッズも販...

    ナチュラルマンさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
2位
「8月19日今日は何の日?」
3位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
4位
横浜高速鉄道みなとみらい線で不正折り返し乗車、その実態は?
5位
廃棄野菜と迷惑生物が三浦半島の「新名物」!? 話題の「キャベツウニ」を調査!
6位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
7位
新しくなった関内駅ってどう変わったの? その後の街の変化は?
8位
戦時中B29が鶴見区の總持寺に墜落したって本当?
9位
【はまれぽ名作選】本牧の「自由の女神」がある横浜ロイヤルホテルって!?
10位
【はまれぽ名作選】横浜西口五番街の由来は?一番街から四番街まであるの?
11位
【はまれぽ名作選】市営バスで乗り降りが制限されるバス停っていくつあるの?
12位
【はまれぽ名作選】横浜・広島間を走る高速バス「ドリームスリーパー」、その居住性は?
13位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
14位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
15位
【はまれぽ名作選】ちょっとややこしい!? 中区の根岸町と港北区の岸根町の由来とは?
16位
【はまれぽ名作選】JR桜木町駅前に1つだけある風車って、一体なんなの?
17位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
18位
これは穴場!? 休日など混雑時に使いたい! みなとみらいの駐車場を徹底調査!
19位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
20位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
21位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
22位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
23位
金沢区称名寺の裏山にある八角堂に、地下へ続く「抜け道」があるって本当?
24位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
25位
【編集部厳選】ねえ、ここ「横浜」だよね!?
26位
漏水で営業が中止となった本牧市民プール、今後はどうなる?
27位
東横線沿線の駅の中で、綱島駅だけキャバクラやラブホテルが多い気がするのはなぜ?
28位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
29位
【編集部厳選】きょうは「山の日」! 横浜市内でハイキングはいかが?
30位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 企業

株式会社ニッカイ

ビッグマック!? からドック設備改修まで、従業員総勢16人にできないことはない

最終更新日:2017年5月02日

046-824-1419

イチオシサンプル画像

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

平和を守るモチベーションは、故郷のお祭りで流れるはやし太鼓。あの余韻に浸りたいから、厳しい米軍の要求にも「納期割れ0」でミッションポッシブル!

DATA
住所: 横須賀市米が浜通2-4-5
京急本線「横須賀中央駅」から徒歩10分
営業時間: 8:00~18:00
「くんち」は体の一部、祭りが終わった瞬間から翌年のことを考えている
 
米軍から厚い信頼を寄せられている俊介社長だが、37年前までは、瀬戸内海に浮かぶ島の造船所で造船技師だったそうだ。アメリカとのパイプがあったわけでもないのに、どうして横須賀へ進出しようと考えたのだろう。
 

nikkaicorp-article011
横須賀市内に建つ、同社ビル外観

 
「昭和50年代に入ってからやってきたのが、造船不況の波でした。子どもの出産費用すら工面できなかったことを思い出します。そんなとき、横須賀の艦船修理会社を紹介してくれる人がいまして。ですから、最初は転職だったんです」
 
その一方、俊介社長の後ろ髪を引いたのは、自ら「体の一部」だと言う佐賀県のお祭り「唐津くんち」。町内に住まないと祭りの幹部から外されて「采配」を持てないため、そのことが心残りだったという。
 

nikkaicorp-article012
町内ごとに異なる合計14台の山車が見もの

 
「空母『ミッドウェイ』のオーバーホールを手掛けたのは、この時代でしたね。出航予定日が決まっているので、やることが多くなると徹夜が増える仕組みです。最初の段階で作業量を見分ける感覚と、納期を絶対に割らない工程管理能力が、ともに鍛えられました」
 
しかし、船の修理だけをやっていたら、出航後の仕事にありつけなくなってしまう。そこで目をつけたのが陸の仕事、つまり「ベース」というわけだ。これを期に独立を検討していたところ、空母「ミッドウェイ」の乗組員が、自分で考えた社名入りのノベルティをプレゼントしてくれた。
 

nikkaicorp-article013
下に「ジャパン・マリン・リペア・アンド・サービス」の文字が確認できる

 
「登記した『日本海事興産』という名前は、これが元になっているんです。陸の仕事もしたくて『興産』を付け加えたのですが、『こうさんさん』なんて変な呼ばれ方をしていましたよね」
 
横須賀米軍へ業者登録すると、まず手始めに行ったのは、船の溶接技術が生かせる管工事だった。どちらも、「金属を切って曲げてつなげる」作業だったからである。
 

nikkaicorp-article014
同社が近年受注した「ポンプ・テスト・スタンド」には、配管がぎっしり

 
「溶接工は普通の職人よりいい給料をもらっていたので、管工事の専門会社という選択肢もあったんです。でも、いろいろできたほうが『おもしろい』でしょ。それに、MACCは分割発注という形式を取りませんから、建築やら塗装やら、ひとつひとつ勉強していきました」
 
職人集団から総合建設業への脱皮を遂げると、同社の存在が徐々に知れ渡ってきた。そこで、呼びやすいようにという意味も込めて、現在の「ニッカイ」へ改称。この30年の歩みである。
 
 
 
大切なのは熱意と誠実さ、そして、ときに度胸
 
「ニッカイ」をここまで支えてきたものは何か。この問いに対して俊介社長は、三つのポイントを挙げた。まずは、社員の頑張り。熱意をもってあたれば、大手にも負けないいい仕事ができる。アメリカは「名」より「実」を評価するので、やっただけプラスになって返ってくる。
 

nikkaicorp-article015
エントランスに飾られている舵輪は、補修の際に譲り受けた実物

 
二つめは誠実さ。法令やレギュレーションが変わろうとも、常に初心へ返って、感謝の心を忘れないこと。最後は度胸。特に英語は「ずうずうしい人間ほど早く覚える」のだとか。文法をあまり意識せず、必要な単語だけ連発していれば、「意、自ずから通じる」ところがあるらしい。
 
世界のゲートをくぐるのに必要なのは、パスポートでも身分証明書でもなかった。心の持ちようひとつで「地球を舞台にする」ことができるのだ。そのチャンスを、横須賀でつかんでみてはいかがだろうか。平成の坂本龍馬になれるかもしれない。
 
 
―終わりー
 
 
HP/http://www.nikkai.net/
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索