ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年5月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    3/18に開通した横浜北線ですが、国道1号線(子安台付近)を通ると新しい交差点ができてて、よく見ると東京側に歩道が見えました。はまれぽ(3/17)の記事では2度と歩いて見られないと書いてありました。あ...

    Zoo3さん

    全国都市緑化フェアで初めて里山ガーデンに行きました。広いし整備されてるし、今までこんな場所があるのを知らなかったです。以前は里山ガーデンには何があったのですか?また会期以外はどのようにつかわれているの...

    doricoさん

    綱島街道沿い、綱島と大倉山の間にあったサンマルクが解体されて何か商業施設ができるそうです。駐車場とレストランで実は結構広いスペースがあるので、いったい何ができるのか気になります。綱島街道沿いは日吉のア...

    doricoさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたは「はまれぽ.com」の更新情報を何で知りますか?

「パソコン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「スマートフォン」で、はまれぽ.comのサイトをチェックする
「はまれぽアプリ」で記事をチェックする
「Twitter」で記事を知る
「Facebook」で記事を知る
「メルマガ」で記事を知る
「プッシュ通知」で記事を知る

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
船も便数も売り上げも減った横須賀の「東京湾フェリー」、本当に大丈夫なの?
4位
廃線跡巡り! モノレール・ドリームランド線跡に当時の面影は残ってる?
5位
横浜DeNAベイスターズのサポーティングガールズユニット「diana」、パフォーマンスの舞台裏に密着!
6位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
7位
【はまれぽ名作選】「タマゾン川」化した鶴見川にはピラニアが!? ライター松宮がガチ釣りに挑戦!
8位
【編集部厳選】「B級」なんて誰が言った!? 絶品「庶民の味」特集!
9位
【編集部厳選】連休の疲れはお風呂で癒そう! いい「温泉&銭湯」集めましたよ!
10位
経営が厳しい? 「東京湾フェリー」の東京湾周遊60周年特別クルーズを体験レポート!
11位
映画で見た横浜を訪ねる #1『世界大戦争』
12位
【編集部厳選】こどもの日に、あえて「オトナ」のはまれぽ!
13位
【ニュース】観音崎京急ホテルに屋外宿泊施設がオープン!
14位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
15位
【ニュース】「京急デハ230形」が38年ぶりに帰ってきます!
16位
【編集部厳選】こんなにあるぞ! 京急の「特別列車」!
17位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
18位
【編集部厳選】ゴールデンウイークのお土産は「知られざる横浜名物」で決まり!
19位
「FREEWAY428」がルミネ横浜店で期間限定ショップをオープン
20位
水陸両用バス「スカイダック」が始める日本初の夜間運航コースを一足早くお届け!
21位
【はまれぽ名作選】公募で決まったという「みなとみらい21」の名付け親は誰?
22位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(5月4日~5月10日)
23位
【はまれぽ名作選】横浜中華街の謎のウワサ「最初の客がチャーハンを注文するとその店がもうからない」のは本当か?
24位
もこもこアニマルにへぇ~んしん? 神奈川県の「顔ハメパネル」追跡記(1)
25位
横浜ビー・コルセアーズ、B1残留をかけた大一番をレポート!
26位
相鉄線の運転士“疑似”体験パネル! 神奈川県の「顔ハメパネル」追跡記(2)
27位
【ニュース】男子もOK! お得な乗車券「葉山女子旅きっぷ」がパワーアップ!
28位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
29位
【ニュース】京急鶴見駅高架下に新しい商業施設が7月オープン!
30位
【ニュース】「横浜ビー・コルセアーズ」残留かけたプレーオフのPVを実施!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

季節料理 なか一

横浜駅西口で60年。老舗の居酒屋さん「なか一」では、古き良き横浜を肌と舌で体験できる

最終更新日:2017年5月12日

045-311-2245

イチオシサンプル画像

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

横浜を愛する人にぜひ立ち寄ってほしい、老舗の大衆居酒屋さん。

DATA
住所: 神奈川県横浜市西区南幸1-10-18
各線「横浜駅」から徒歩1分
営業時間: 【1F】11:15~23:00【3F】12:00~22:30
平均予算: 【ランチ】1000円【宴会】3500円
新鮮な食材を確かな腕前で調理した、絶品メニュー
 
では「なか一」のメニューについて、加賀谷さんからご説明していただこう。
 
同店でイチオシしたいのはお刺身。2代目社長が毎朝自ら横浜市中央卸売市場へと仕入れに行っているそうで、毎日新鮮なお刺身がいただける。また、注文を受けてから職人さんが一つずつ揚げてくれる「天ぷら」も人気。そのほかにも、「冷やしトマト/380円(税込・以下同)」や「じゃがバター/540円」「さけ茶漬け/430円」など、和食を中心とした豊富なメニューは、目移りしてしまう魅力的なものばかり。
 

nakaichi-article016
開業当初から並ぶメニューも多数

 
同店ではグランドメニューはもちろんのこと、ランチメニューも押さえておきたい。
 
ランチメニューは「刺身定食/1080円」や「とんかつ定食/950円」など、なじみ深いラインナップ。メイン料理にご飯とお味噌汁、お漬物、小鉢がついてくる上に、あるものが食べ放題。
 
ランチメニューの一番人気は毎日50食限定の「中落ち定食」だそうだが、この日は残念ながら完売したとのこと。「12時にはもうなくなっちゃうんですよ」とすごい人気っぷり。早めのお昼を食べる方は是非ご賞味くだされ。
 
ということで今回ご紹介するのは、開業当初からの変わらない味わいだという「生姜焼き定食/950円」。
 

nakaichi-article017
生姜焼きは厚切りのお肉がたまらない

 
これだけでもボリューム大満足なのだが、なんと生卵がつくのだ、しかも食べ放題。テーブルの上に山盛りの卵が、でん! と置いてあり、定食を注文した人はそちらから好きなだけ卵をいただける、というスタイルがうれしい。
 

nakaichi-article018
後ろに卵が控えているだけで高級感三割増し

 
また、「煮魚定食/1080円」という土日祝日限定のレアな定食もあるのだそうで、うう、お客さんが毎日でも来たくなるような工夫を凝らしているなあ。
 
で! グランドメニューはこちら。
 

nakaichi-article019
「なか一盛り合わせ/850円」

 
お刺身をはじめとした同店のお酒の肴にピッタリなメニューをちょこっとずつ盛り合わせた1品。
 
右から時計回りにマグロ・ブリの刺身→コーン入りさつまあげ→エシャレット→テリーヌ→魚の練り物→焼鮭→ハム→たこわさ→姫サザエ、というもりもりにもりもりっぷり。これで850円というのは、とってもお得なのではないでしょうか。この1皿とお酒を1杯頼んでも1500円でお釣りがくるって、すごいよなあ。
 

nakaichi-article020
リピート率抜群の「シーフードサラダ/750円」

 
シーフードサラダのシーフードって、申し訳程度に冷凍ミックスのちっこいエビとかイカとかが乗っているような印象が筆者にはあるんですけどこちらは違います。ぷりっぷりのエビとタコ、イカ、ホッキ貝、ホタテのお刺身と、人気のネタがごろっごろ。お野菜というよりもシーフードが主役の、贅沢なサラダ。
 

nakaichi-article021
豪華な「天ぷら盛り合わせ/850円」

 
エビ・キス・アナゴ・メゴチ・野菜の天ぷらの盛り合わせ。そのお得さは一目見てお分かりいただけるかと思います。メゴチの天ぷらって珍しい!
 

nakaichi-article022
見よっ!

 
うーん、見た目はすごい高級感、しかし値段は大衆向け、といううれしいギャップがありますね。
 

nakaichi-article023
60年の歴史が織りなす味、筆者と編集部・黒澤が心していただきます
 
nakaichi-article024
まずはランチの生姜焼き

 
肉厚のお肉はとっても柔らかく、味付けは甘めの昔ながらの生姜焼き。ご飯もお野菜ももりもり進みます。また、付け合わせの小鉢も上品な味わいで、これは最上級のランチだなあ。
 

nakaichi-article025
定食では食べ放題の卵かけごはんも最高だし
 
nakaichi-article026

お刺身は、うん、鮮度が全然違う!

 
雑味がなく、ほろりと口の中でほどけるような、柔らかーいお刺身。これはお酒をさらに美味しくしてくれるぞお。ブリもしっかりと油が乗っていて、んんんんー!!
 

nakaichi-article027
天ぷらー!

 
どれもふわっふわ。しかも素材の味が濃い!! 「天ぷらや ああ天ぷらや 天ぷらや」と1句詠みたくなってしまう。ちょんちょんと天つゆと大根おろしにつけていただきます。
 

nakaichi-article028
ごちそうさまでした

 
古き良き横浜を感じる店内で、昔堅気の絶品料理をいただく。「なか一」では肌と舌で横浜の歴史を感じられる、貴重な「体験」ができました。横浜を愛する多くの人に、同店でこの「体験」をしていただけたら良いなあ。
 
 
 
取材を終えて
 
ランチもできてお酒も飲める、しかも美味しいし、昔の横浜の片りんを体感できるお店だった。
 
 
―終わりー
 
 
Facebook
 
■メッセージや質問など、お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索