ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    トレッサ横浜にオープンするディーナゲッツのバスケットコートが気になります。常勤スタッフ付き常設バスケットコートは日本初のようです。

    ハムエッグさん

    よこはまフェアのみなとみらいガーデンや里山ガーデンで植えられていた木のごく一部(数本)が、港北区大倉山地区にも分配されて太尾南公園前などに移植されました。よこはまフェアであった残りの木などはどうなった...

    烏龍茶さん

    新横浜の駅近くにこども食堂があります。どんな人たちが何のために運営していて、お金はどこから出ていて、メニューや値段、利用者は子供ばかりなのか保護者も一緒なのか、一日/一か月でどらくらい利用者がいるのか...

    烏龍茶さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

シーズン到来!今年の夏はどこの海水浴場に遊びに行きますか?

海の公園
三浦海岸海水浴場
一色・森戸海水浴場
逗子海水浴場
由比ガ浜・材木座海水浴場
片瀬東浜・片瀬西浜海水浴場
鵠沼海水浴場
サザンビーチちがさき
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
2位
「7月22日今日は何の日?」
3位
「無期限休業」状態だったラーメン二郎 横浜関内店が営業再開!
4位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
5位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
6位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
7位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
8位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
9位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
10位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
11位
【ニュース】3連休は花火大会が目白押し!
12位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
13位
気分はインディ・ジョーンズ!? 横浜市立大に隠された「謎の洞窟」を探索!
14位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
15位
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
16位
武蔵小杉駅前にある創業53年の老舗店「喫茶ブラジル」が閉店。その理由とは?
17位
きょうオープン! 高架下の新商業施設「ウィングキッチン京急鶴見」の様子を一足早くレポート!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
1972年の横浜市電全廃から45年、当時の姿でよみがえった保存車両の現状に迫る!
20位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
21位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
22位
民家or旅館!? それともラブホテル!? 戸塚にあるナゾの建物に突撃!
23位
横浜市長選立候補予定者が激論を交わした公開討論会の様子をレポート!
24位
大船のフラワーセンターが閉園!? 噂の真相を徹底レポート!!
25位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
26位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
27位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
28位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
29位
【はまれぽ名作選】横浜最古の酒場はどこ!?
30位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

季節料理 なか一

横浜駅西口で60年。老舗の居酒屋さん「なか一」では、古き良き横浜を肌と舌で体験できる

最終更新日:2017年6月07日

045-311-2245

イチオシサンプル画像

愛され続けて60年、横浜駅から徒歩1分で昭和の横浜を体験できる老舗「季節料理 なか一」

横浜を愛する人にぜひ立ち寄ってほしい、老舗の大衆居酒屋さん。

DATA
住所: 神奈川県横浜市西区南幸1-10-18
各線「横浜駅」から徒歩1分
営業時間: 【1F】11:15~23:00【3F】12:00~22:30
平均予算: 【ランチ】1000円【宴会】3500円

横浜駅で飲む! というと、皆さんはどこへ行かれるでしょうか? 数多の居酒屋さんがひしめく場所でありますが、「いきつけ」を見つけるというよりは、毎回違うお店へミツバチのように転々としている方も多いかと思います。
 
そんなあなたにいきつけにして欲しい「横浜駅で60年」「見た目の趣と味は一級品」「値段は大衆的」さらに「古き良き横浜の雰囲気を味わえる」お店を堂々ご紹介!
 
 
 
昼から活気ある居酒屋
 
そのお店は各線「横浜駅」のみなみ西口改札を出てすぐ右手に見える。
 

nakaichi-article001
その名も「季節料理 なか一」

 
本当に横浜駅からあっという間の好立地なので、見覚えのある方も多いのでは。ぱっと見高級感のある和食屋さんのような佇まい。ちらりとお店を覗くと、おお、賑わってますな。
 

nakaichi-article002
まずは1階にお邪魔します
 
nakaichi-article003

店内は和を感じる空間

 
ここ、格式高い居酒屋さんなんじゃないの? と気後れする必要はありません。すぐに親しみやすい笑顔のベテランスタッフさんたちが席へ案内してくれる。

伺ったのはお昼時を少し過ぎた時間帯、ちょうどランチ終盤かな。1階には4人掛けのボックス席とカウンター席があり、中には1人で食事をしているお客さんの姿も見受けられた。
 

nakaichi-article004
少人数での利用に良い感じ

 
「5人以上で集まることが多いんだよなあ」という方は、1階入り口の脇からエレベーターに乗って団体でもゆったりとくつろげる3階へ。
 

nakaichi-article005
3階の入り口。やはり門構えは立派だ
 
nakaichi-article006
まるで料亭のような玄関

 
話では老舗の大衆居酒屋さん、という風に聞いてきたけれど、だいぶ高級店の香りがする・・・格安のチェーン店ばかりに行く筆者はすっかり逃げ腰に。が、店の奥からは何やら楽しそうな笑い声が聞こえる。
 

nakaichi-article007
おお

 
1階と3階合わせて200席ほどの広さで宴会も可能。まだ外は明るいが、既にお酒が入って盛り上がっている団体さんがちらほら。皆さんかしこまっている様子はなく、和気あいあいと楽しんでいる。その温かい雰囲気が、このお店のカラーを物語っているようで、ほっとしました。
 

nakaichi-article008
3階は団体さんにうれしい座敷。掘りごたつ形式なのが座りやすくてうれしい

 
1階も3階もきれいで明るい店内なのだが、なんとなく昭和を感じる。映画に出てくる座敷がある昔の居酒屋さんって、実際こんな感じだったのかなあ。これはきっと老舗が代々受け継いできた空気なんだな。
 
 
 
この場所で愛され続けて60年、その歴史を紐解く
 
とってもきれいな店内だが、しっかりと古き良き昭和の雰囲気に浸れる居酒屋さん「なか一」。その歴史についてお話をしてくださったのは、名物店長の加賀谷徹(かがや・とおる)さん。
 

nakaichi-article009
同店の愛されキャラ

 
加賀谷さんは同店に勤めて約20年以上。途中ブランクはあったものの、学生時代からこのお店に携わってきたそう。加賀谷さんの知る「なか一」の昔を、教えてください。
 
「このお店ができたのは1960(昭和35年)なのですが、それ以前に初代社長はこの周辺で酒屋を営んでいたそうです。駅前の開発かなんかで、酒屋があった場所を譲って、代替え地としてこの場所に移動したと聞きました。そのタイミングもあってか、酒屋の経験を生かせる大衆居酒屋をやろうってことでお店を開いたのが始まりのようです」と加賀谷さん。
 

nakaichi-article010
飾らず柔らかい口調の加賀谷さん

 
「今では駅前ということもあり、かなり賑わっていますが、当時ここは相鉄の資材置き場があり、閑散としていたみたいですよ」
 
筆者は以前、別件で昭和30年代の横浜駅西口の写真を見たことがあるが、びっくりするほど何もなかった。それがここまで大きな繁華街になったのだ、と驚いた。同店はその始まりから見てきたのだと思うと、なんだか感慨深いです。
 
お店のモットーについても聞いてみた。「うちは昔も今も大衆居酒屋なんです。今どきのおしゃれなものを置いたら、お客さんが増えるかもしれないけれど、背伸びしてもしょうがないですよ」と、昔から変わらないスタンスでお店作りをされていることが伺えた。
 

nakaichi-article011
お店は高級感があっても、心意気は大衆

 
「でも、最近は若いお客さんも多いんです。平成生まれの方に『昭和を感じる』って言われることもあります。昔ながらの雰囲気を楽しんでもらえているんですかね。」
 
「常連さんは皆さん長く通われています。お勤め時代から来ていた人が、定年後、夕方早い時間から1杯飲みにきたり。だからこの店は他の居酒屋さんが空く15~17時頃の早い時間に混むんですよ」
 
昔からの常連さんだけでなく、若い人達にもこのお店の良さが伝わっているんですね。
 

nakaichi-article012
常連さんたちのキープボトルが1階、3階合わせて約500本も並ぶ

 
そんな歴史ある同店の味を守る職人さんやスタッフさんは、勤務歴が長い方ばかり。中には20年近くこのお店で働いている職人さんもいるのだとか。
 

nakaichi-article013
3階の大広間からは、厨房が見える
 
nakaichi-article014

鋭い集中力で料理を仕上げていく職人さんたち

 
職人さんが受け継いできた、「なか一」の味。その味わいは、きっとおいしいという言葉だけでは語れない深みがあるのではないだろうか。
 

nakaichi-article015
居酒屋とは思えないほど完成度が高い1皿

 
 
「なか一」の心温まるお料理をいただきましょう! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索