ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    最近のシェアハウスは、コンセプト型が多いと聞きましたが、横浜のシェアハウスでは、どんなコンセプトがありますか?

    マンチカンさん

    高島町駅とみなとみらい方面の間にある高島歩道橋。階段が1つしかなく、自転車は便利ですが、歩行者は坂道をグルグル歩かなくてはならず不便です。なぜこんな形なのでしょうか?特に高島町駅からシンクロン社方面へ...

    ミルキーさん

    横浜臨海部で運行が検討されている連接バス。結局どうなったのですか?

    浅間町9-4532さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
3位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
4位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
5位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
6位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
7位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
8位
あの懐かしのファミコンをもう一度! 反町の「とある店長の秘密基地」に突撃!
9位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
10位
【はまれぽ名作選】京急の発車時に鳴る「ドレミファソラシド~♪」的な音、「ドレミファインバータ」がなくなるって本当?
11位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
12位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
13位
歌って踊れる親善大使にCKB!? 「横浜開港祭2017」の見どころは?
14位
横浜市の紫陽花(あじさい)おすすめスポットは?
15位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 横浜市営バスのヒミツ!
16位
【編集部厳選】いくつ知ってる? 鉄道会社のヒミツ「相鉄編」!
17位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
18位
【編集部厳選】誰が名付けた!? 謎の地名の由来!
19位
本業はどちら? ◯◯なのに◯◯のお店! (美容室編)
20位
祝残留決定! B1残留をかけた「横浜ビー・コルセアーズ」の大一番の熱気をお届け!
21位
【ニュース】きょうから「横浜セントラルタウンフェスティバル“Y158”」開催!
22位
【はまれぽ名作選】横浜で半世紀以上も現役の超レア「丸ポスト」を探せ!
23位
【編集部厳選】なんでそんな名前にしちゃったの?
24位
【ニュース】剛速球守護神がハマスタに帰ってくる!
25位
【ニュース】スリーエフと「飲んべえのアイドル」吉田類さんがコラボ!
26位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(6月1日~6月7日)
27位
関内のSMバー「非日常への入口」へ突撃!
28位
運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
29位
【ニュース】シーパラで「オトナの本気の水遊び!」
30位
【はまれぽ名作選】口に指を入れて「金沢う〇こ」、それとも「学級う〇こ」? 横浜出身者は全員「金沢う〇こ」と言うのか!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

出世居酒屋いっすんぼうし 天王町本店

本格的な料理に、希少な日本酒。天王町駅から徒歩30秒の老舗居酒屋さんに新たな風が吹く!

最終更新日:2017年6月07日

045-333-3751

イチオシサンプル画像

天王町で30年以上続く居酒屋さん! 本格的な料理がリーズナブルに味わえる「出世居酒屋いっすんぼうし」

安心、安全を保ち、30年以上も続く「出世居酒屋いっすんぼうし」。常に進化し続けるメニューや日本酒のラインナップが人気の秘密だ。 「古き良き」を大切に、進化し続ける店舗をチェックしてきた!

DATA
住所: 横浜市保土ケ谷区神戸町4-3
相鉄本線「天王町駅」から徒歩30秒
営業時間: 16:00~24:00(L.O.23:00)
平均予算: 4000円

相鉄本線の「天王町駅」南口から徒歩30秒。商店街とは逆側のため隠れた穴場となっているが、実はこんな駅近くに名店がある。以前、はまれぽでも横浜東口店を紹介した、「出世居酒屋いっすんぼうし」の姉妹店だ。
 

001_issuntenno_article
「天王町駅」南口を出ると右手にすぐ見える

 
こちらのお店、実は横浜東口店より古くからある本店。すでに30年以上もこの地で営業を続けている老舗なのだ。そんな老舗の店に若者が新たな風を吹かしている・・・!? という情報を聞き、話を伺いにいくことにした。
 
 
 
柱がない! オープンな空間に様変わり!
 
こちらの店舗を現在、仕切っているのは オーナー の塩生裕也(しおの・ゆうや)さんと、塩生さんの兄でもある店長の山室健太(やまむろ・けんた)さん。名字は異なるが兄弟二人で店舗を運営している 。
 

002_issuntenno_article
右から塩生さん、山室さん

 
「出世居酒屋いっすんぼうし」という店名の意味を聞くと、「上司と一緒にお酒を飲めば飲むほど出世する・・・」ということから来ているとのことだった。早速だが、「新たな風」について具体的に話を聞いてみると、なんと店内の「柱」を丸ごと取り去ったのだという。
 

003_issuntenno_article
柱を取り外して・・・
 
004_issuntenno_article
オープンな空間に大変身!

 
以前は柱が店舗中央の大テーブルにあったため、店内に死角ができ、お客様に呼ばれても気づかない・・・なんてことも。しかし柱を取り去ってからは、お客様全員の顔がよく見えるようになった! 先日は貸し切りで同窓会が行われ、この大テーブルがビュッフェコーナーとしても活躍したそうだ。
 
また以前は黒いガラスで中が見えづらかった、入口脇のウィンドウ部分。こちらも現在は中が見えるようにクリアにチェンジ!
 

005_issuntenno_article
外から中の様子がわかる仕様に

 
お客様からも 入りやすくなったと大好評。自慢の日本酒を並べて、お店の雰囲気もわかりやすいようにした。ちなみに今回の改装はすべてスタッフが行った手作り! お金をかけなくても、みんなで案を出し合いながら、自分たちで楽しくお店を作りあげていく、そんなスタッフ同士の温かい雰囲気がとても伝わるエピソードだなと感じた。
 
 
 
お店の自慢は本格的な料理と日本酒
 
二人によるとお店の自慢はなんといっても料理! 板前出身の料理人だった父から受け継いだノウハウを元に、天王町店で料理を試作。評判がよいものを横浜東口店でも提供するようにしている。現在は150種類以上のメニューがあるとのことだ。
 

006_issuntenno_article
店内には手書きのメニューが

 
メニューはすべて筆書きするのが店のこだわり。塩生さんも山室さんも小さい頃から習字を習っており(実は塩生さんは書道家・椽渉(えんしょう)としてもご活躍とか!)、そんなきっかけもあり、今ではスタッフ全員が習字でメニューを書いており、さらに、味のあるいいと思ったキャッチフレーズはすぐに採用しているのだという。
 

007_issuntenno_article
「梅に恋しろ…梅水晶」!
 
008_issuntenno_article
見事な腕前!

 
そしてお店のもうひとつの自慢は地酒の多さ! 最近は特に日本酒に力を入れており、関東ではなかなか飲めないもの や滅多にお目にかかれないものなどを、10数種類置くようにしている。
 

009_issuntenno_article
ボトルが空くと、メニューが入れ替わるそう
 
010_issuntenno_article
他ではお目にかかれない銘柄も

 
例えば「裏ちえびじん」は人気の「ちえびじん」の中でも、貯蔵タンク1本だけ限定で仕込んだいわゆる番外編。なかなか入手できないレアものだ。「ゆきつばき」なども販売店が限られている希少な1本。そういった日本酒を楽しむことができるのだ。
 

011_issuntenno_article
お店オリジナルの焼酎も置いてある

 
もちろん日本酒に合うお料理も研究中! 魚系を中心に、塩辛やあん肝など随時新メニューなど を提案しているとのことだった。
 
店舗はテーブル席と座敷席を合わせて、約70名利用することが可能。
 

012_issuntenno_article
お座敷を貸し切っての宴会もできる

 
店内は古い部分もあえて残してあり、そのレトロ感がおしゃれでなんともたまらない。 店をよくするために新しいものを取り入れつつも、古きよきものをヴィンテージっぽくかっこよく見せる。会長である父の代から続いている強みを 、このような部分でも感じることができた。
 

013_issuntenno_article
昭和を思い起こさせるような店内

 
 
厚切りハムカツが・・・!! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索