遊ぶ・泊まる> レジャー

セーブポイント~夢みる白雪姫~

白雪姫の世界観を完全再現! 誰もが物語の登場人物になれるカフェ&スペース 「セーブポイント」

最終更新日:2017年6月28日

045-651-4525

イチオシサンプル画像

SNS映え間違いなし! 「小人の家」や「白雪姫の魔法の鏡」 で特別な一枚をゲット!

女子会、誕生日会、結婚式の1.5次会、コスプレイベントetc。某テーマパーク顔負けのファンタジーな空間で、はまれぽ女子がおおはしゃぎ! 特製スイーツとりんごのビールで大人白雪姫になろう

DATA
住所: 横浜市中区元町5-196 ルネサス元町4F
JR根岸線「石川町駅」から徒歩3分
営業時間: 10:00〜21:00(年中無休)

鏡よ、鏡・・・白雪姫になれちゃうファンタジーなカフェ&スペース爆誕!
 
とある日のはまれぽ編集部。
 
「元町に、すごくファンタジーでメルヘンなお店がオープンしたんですよ!!」
 
編集部・木村が湧きたっている。「元町は私の庭」と豪語する彼女は、石川町・元町界隈を頻繁に飲み歩いているので、編集部の中でも人一倍情報が早いのだ。
 
「ファンタジーでメルヘンなお店って、どんな感じですか」
 
「まるで某テーマパークみたいなの! 童話の世界のような内装で、貸切のレンタルスペースとしても、個人で立ち寄れるカフェとしても使えて、かなり本格的に作り込んでいるみたい。早速ドラマ撮影のメインステージにもなったとか!」
 

001_savepoint_article
その名も「セーブポイント」というらしい

 
そのお店は、2016(平成28)年12月末にオープンしたばかりだというが、すでに口コミで広がり、若い女性や子連れママたちに絶大な支持を得ているという。
 
レンタルスペースって、「会議やセミナーを開く場所」というイメージがあるが、若い女性や子連れママに人気って・・・。想像していた客層とだいぶギャップがあるが、一体どんなお店になっているのだろう。利用方法も気になるので、仕事終わりにさっそく行ってみた。
 

002_savepoint_article
JR京浜東北線「石川町駅」元町口

 
横浜が誇る「元町ショッピングストリート」。その入り口にある、ストリートのシンボルでもある「フェニックス」を見上げると、そこには・・・
 

003_savepoint_article
お城が見える。あのてっぺんが、今回のゴールだ!
 
004-5_savepoint_article
ストリートへの横断歩道を渡って、すぐ。「ルネサス元町」
 
006_savepoint_article
ドキドキしながら、魔法のボタンを「ぽち」

 
エレベーターで4Fへ。扉が開くと我々の目に飛び込んできたのは・・・
 

007_savepoint_article
別世界!!!
 
008_savepoint_article
・・・ん? りんご??

 
りんごが出てくるファンタジーストーリーといえば・・・そう、セーブポイントは、「白雪姫」をテーマにしたマルチなスペースだったのだ!
 
 
 
ここは白雪姫の夢のお城!?
 
レンタルスペースというからには、イベントやワークショップの開催はもちろんのこと、結婚式の1.5次会などのパーティ開催も可能だ(着席~25名・立食~40名)。貸切料金は、平日18時までは4900円/時、平日18時以降と土日祝は5900円/時。プロジェクター完備で、食器の貸出無料、ケータリングの注文等も可能だ。(貸切料金はすべて税別)
 
貸切の予約が入っていない時は、おしゃれなカフェとして営業している(月曜日を除く12~20時)。元町のショッピングで疲れたら 、ちょっと休憩したり、子どもやSNS用の写真を撮影したり、個人でも気軽に利用できるのが魅力である。メニューはコーヒーや紅茶をはじめ、特製のスイーツからちょっと不思議なアルコール飲料!? まで、バラエティに富んでいるらしい。
 

009_savepoint_article
お待ちしておりました!

 
出迎えてくださったのは、オーナーの桑島順一(くわじま・じゅんいち)さん(中央)、店長の伊東志保(いとう・しほ)さん、スタッフの中澤茉莉(なかざわ・まり) さんだ。スタッフのお二人が着ている赤のポンチョは、横浜デザイン学院の先生と生徒によってつくられたもの。まるで妖精のような二人の姿に、本当に絵本の世界へ入り込んでしまったかのように錯覚する。
 
 
 
キュートな妖精に店内を案内してもらおう
 

010_savepoint_article
赤いカーテンの中へ誘われるように歩みを進めると、そこで待っていたのは・・・
 
011_savepoint_article
小人のお家だ!!!!

 
芝の上は土足でOK。小人のお家には靴を脱いで入ろう。中を覗いてみると・・・
 

012_savepoint_article
本棚と切り株でできた机があり、秘密基地みたい!

 
「ここで本を読んだり、おままごとをしたり、自由に楽しんでもらいたいです」と伊東さん。子どもたちのみならず、カップルにも大人気の場所だとか。
 

013_savepoint_article
『ライオンの飼い方』など、ユニークな本も置いてある

 
駅近く、さらに元町という立地もあり、早い時間帯は子ども連れのママの利用が多く、夕方からは大人の隠れ家として、休日はイベントや撮影会などに幅広く利用されている。単にお茶や食事をするだけでなく、写真撮影や塗り絵、ボードゲームで遊んだりなど、自由に楽しく活用ができる。
 

014_savepoint_article
むしろ大人の方が楽しんでいるに違いない

 
親同士がおしゃべりに夢中になっても、子どもが迷子になる心配もない。特別な格好をする必要もなければ、行列に並ぶ必要もない。利用のハードルはかなり低いといえる。
 

015_savepoint_article
「鏡よ鏡・・・」って、思わずやっちゃいますよね♪

 
細部にわたって空間を作り込んでいるので、プロ、アマを問わず、この世界観を活かした撮影スタジオとしての利用も可能。ロリータファッションのお茶会やコスプレイヤーの衣装合わせなど、撮影会場としても人気上昇中だとか。
 

016_savepoint_article
コスプレイベントの開催もOK

 
コスプレでは、レンタルスペースを貸切る以外に、お店が定期的に開催するコスプレイベントへ参加することもできる。衣装や小道具の持ち込みは、もちろん自由。
 

017_savepoint_article
女子会やお子さんの誕生日会にも!

 
スペースのあちらこちらに吊り下がっているリンゴの照明は、セーブポイントのためだけに作られたハンドメイド品。大きなキノコや小人のお家も作りが本格的で、どこに目をやっても、きゅんと乙女心をくすぐられる。
 
撮影スポットがたくさんあるので、女子会や子どもの誕生日会などで、まるで絵本の一部になったようなかわいい写真がたくさん撮れる。
 

018_savepoint_article
テラスもありますよ
 
019_savepoint_article
木のブランコでおしゃべりをしたり
 
020_savepoint_article
白雪姫の棺でお昼寝(?)したり

 
テラスにも白雪姫ワールドが広がっていた。どこを見てもファンタジックで、物語の登場人物気分で過ごせるのがうれしい。
 
 
白雪姫の特製スイーツにルンルン♪ >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索