ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コスモクロックは横浜を象徴する建物のひとつだと思います。市民としては『どんな時は消灯しているのか』『どんな風にメンテナンスするのか』『灯りの色が変わる時があるのか』くらいは 説明出来るようにしておきた...

    たかし君さん

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

麦のとき至

某有名和食料理店出身の店長が提供する、リーズナブルな食べ飲み放題がすごい!

最終更新日:2017年12月08日

045-548-6058

イチオシサンプル画像

モテナシ

2700円で食べ飲み放題! さらにプラス900円で希少な「生」のさがみビールも飲み放題に!

2700円というリーズナブルな価格で、食べ放題と飲み放題(氷点下ハイボール、焼酎)をダブルで満喫! 追加料金で他のドリンクも飲み放題に!

DATA
住所: 横浜市港北区新横浜3-17-15 リバティ新横浜ビル4F
JR横浜線「新横浜駅」から徒歩7分
営業時間: 【ランチ】11:30~完売まで 【ディナー】17:00~24:00

mugi-article001
取材班の元に届いた1枚のハガキ

 
「最大5時間、飲み放題!」

「名物『から揚げ』を含むおつまみ、食べ放題!」
 
さらに宛先が「頑張っている皆様」。どうやら招待状の主は、日頃から頑張っている「はまれぽ取材班」を熱烈に歓迎してくれている様子。これはすぐにでも取材に行かなければ!
 



 

やって来たのはJR新横浜駅から徒歩7分、横浜アリーナのすぐ側に位置する「麦のとき至(いたる)」。
 

mugi-article002
横浜アリーナ近くのリバティ新横浜ビルの4Fにある
 
mugi-article003

こだわりのクラフトビール!

 
「招待状は見ていただけましたか?」と、出迎えてくれたのは店長の小林利光(こばやし・としみつ)さん。
 

mugi-article004
取材用にビシッと蝶ネクタイで登場!

 
さっそく「食べ・飲み放題プラン」を紹介してもらうことにした。
 
 
 
2700円で食べ飲み放題できる居酒屋
 

mugi-article005
ご対面!

 
こちらの「食べ・飲み放題プラン」だが、まずはその2700円(税別・以下同)という値段に驚く。飲み放題だけであればよく耳にするが、食べ放題もついてこの値段!? 小林さんに聞くと、食べ物は対象メニューの中ならば90分間食べ放題とのこと!
 

mugi-article006
食べ放題のメニューは全部で26種類
 
mugi-article007

全部並べるとこのボリューム!

 
バリエーションも豊富だし、気に入ったメニューは時間内であればもちろん何回でもオーダー可能。店の看板メニューでもある「鶏のから揚げ」が含まれているのもうれしいポイント!
 

mugi-article008
1皿にボリューム満点のこの量!

 
こちらのから揚げは、しっかり下味をつけるために1日寝かせている。味がしっかりと染み込んだ鶏もも肉は柔らかくてジューシーだが、外はサクサク! サイズもこぶし大ぐらいと大きいので、飲みよりも食べる派の人でも十分に満足できる。さらにソースはオリジナル、梅昆布、ハバネロ、青海苔の4つから選べるため、飽きることなくいくつでもいただけちゃう仕組みだ。
 
ずっとお酒を飲んでいられる定番のおつまみ・・・
 

mugi-article009
ポテトフライ
 
mugi-article010

味噌キャベツ
 
mugi-article011

枝豆

 
食べる派にはうれしいガッツリ系も用意!
 

mugi-article012
鶏そぼろ丼
 
mugi-article013

鶏焼き3種

 
ヘルシーメニューは女性からも大好評!
 

mugi-article014
豆腐サラダ
 
mugi-article015

たたききゅうり
 
mugi-article016

厚焼き玉子焼き
 
mugi-article017

木綿田楽

 
また、いろいろな種類を味わえるように、1皿の量をそこまで多くしていないのがポイント。時間制限のある食べ放題のため、少しでも早く提供することにもこだわっている。
 
そして、うれしいことにドリンクは最大5時間まで対象メニューが飲み放題! つまり食べ放題が終了しても、飲み放題だけでの滞在が可能なのだ。飲み放題には氷点下ハイボールや焼酎が含まれており、焼酎は自分で用意するセルフスタイル。時期によって変わるラインアップは高千穂や霧島、さつま司など、豊富に取りそろえている。
 
さらに、プラス600円で生ビール(一部除く)、カクテル、日本酒が飲み放題になり、予算に応じてお酒を楽しめる仕組みになっている。
 

mugi-article018
日本酒好きにもたまらないラインアップの多さ

 
なお、こちらの「食べ・飲み放題プラン」は、金曜日を除く平日の17~22時限定のサービスとなる。事前の予約(当日予約可)が必要なのでご注意いただきたい。
 
 
 
はまれぽ読者だけのスペシャル特典!
 
2016(平成28)年の9月にオープンした「麦のとき至」は、スタッフが全員、某有名和食料理店の出身! そこで学んだ“おもてなし”精神を元に、お客様が本当に喜ぶお店を作りたいという思いで「麦のとき至」を立ち上げた。全員が同じ思いで働けるようにと少数精鋭のスタッフで、全力で“おもてなし”をしている。
 

mugi-article019
お客様への“おもてなし”を何よりも大切にしている小林さん

 
マニュアルに縛られたサービスに疑問を持ち、自分だけの“おもてなし”を提供することに、とことんこだわっている。
 
と、ここで、はまれぽ読者を前にして小林さんの“おもてなし”精神が黙っているはずもない! 「ローストビーフも付けちゃいますか!」と取材時に急きょ出血大サービスが決定! 「はまれぽを見た!」と伝えると、プラス500円でローストビーフも食べ放題になるそうだ。
 

mugi-article020
プラス500円で食べ放題はお得!
 
mugi-article021

「はまれぽ読者のために出血覚悟です!」

 
この3000円以下というリーズナブルな「食べ・飲み放題プラン」を始めたのは、とにもかくにも、まずはお店を知ってもらうため。それ以上の価格帯だとなかなか飲みに行けない人も、この値段であれば足を運びやすいのではないだろうか。
 

「また来たい! と思ってもらえるよう全力で“おもてなし”します」と、小林さんの「食べ・飲み放題プラン」にかける思いは熱い。
 

mugi-article022
シックなソファーで、のんびりくつろげる

 
 
 
え? ゾロ目が出ればお会計0円!?
 
そしてさらに、こんな企画も用意しているとのこと。
 

mugi-article023
ゲーム感覚でチャレンジできる

 
ルールは簡単。会計時にサイコロを振り、ゾロ目が出れば“お会計0円”になるというもの。これまでに最大で7万7280円(コース16名様分)が0円になったこともあったとか! 「食べ・飲み放題プラン」などの飲み放題やコースとの併用も可能というのだから利用しない手はない。事前の予約が必要なので、「0円チャレンジを利用!」とお伝えいただきたい。
 
 
横浜でもレアな“さがみビール”の「生」が飲めます! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索