ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    宮城出身の祖母は「神奈川はヤブ医者が多い。横浜市大の先生しか信用しない」といいます。神奈川県は東海大聖マリアンナ大北里大の先生が多いですが、この3医大は今でこそ優秀な高校生が入っていますが祖母が若い頃...

    はなつきづきさん

    先日発表されたYahoo!検索大賞2017ですが、ローカルカテゴリーの神奈川県部門は「神奈中バス時刻表」でした。他の地域では、スポーツや特産品、アミューズメント施設などが受賞していて、これが普通かなと...

    かにゃさん

    緑区の十日市場中学のすぐ隣でマンション建設が始まってますが近隣の学校の児童受け入れ態勢は整っているのでしょうか?緑区とは名ばかり地主の土地売却と東電崩壊で住宅開発が進み既に受け入れ困難になってる小学校...

    ちゃたろうさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

食べる> 居酒屋

浜流(HamaRu)

横浜の玄関口・新横浜で、横浜の美味しいモノをいっぱい楽しめる居酒屋

最終更新日:2017年12月14日

045-534-9640

イチオシサンプル画像

横浜愛あふれる店でリーズナブルに横浜の味を! 屋台のように気楽な雰囲気で、楽しくわいわい飲める居酒屋

朝採れの横浜野菜や築地から仕入れた鮮魚に、わくわく感が高まる。横浜産、横浜発祥にこだわる料理やドリンクで横浜らしさ全開の店。大型モニターでDeNAベイスターズの試合観戦ができるのもうれしい!

DATA
住所: 横浜市港北区新横浜2-4-4 アソルティ新横浜5F
JR「新横浜駅」北口から徒歩3分、 横浜市営地下鉄線「新横浜駅」から徒歩3分
営業時間: 月~木・日・祝 17:00~0:00 金・土・祝前 17:00~5:00
平均予算: 3000円~

2015(平成27)年1月のオープンから約2年半、新横浜の個性あふれる居酒屋さん「浜流(HamaRu)」が、さらにパワーアップしたという。一体、どのように変わったのだろう。お店の雰囲気は? メニューはどうなのだろう? 早速、取材に伺って確かめてみることにした。
 
 
 
横浜が大好きだから、横浜の美味しいモノをもっと伝えたい!
 
新横浜駅を出て、3分ほどで「浜流」に到着。
 

hamaru_article_01
こちらのビルの5階が「浜流」だ!

 
エレベーターで上がり、店に入って店内を見渡してみると・・・
 

hamaru_article_02
以前とはどこか違うような・・・。よりカジュアルで楽しげな雰囲気に!?

 
間違い探しのようにあれこれ考えるより、店長の小池友之(こいけ・ともゆき)さんに伺ってみることに。
 

hamaru_article_03
31歳の若き店長だ!

 
「屋台とか、おもちゃ屋さんみたいな楽しい雰囲気にしたいと思ったんです」と小池さん。「以前は、もう少しシックな雰囲気で、いらしたお客さんが小声で遠慮がちに話しているのを見かけることがよくありました。『浜流』は居酒屋なので、お客さんが気楽にわいわい楽しめる感じに演出したいと思いました」と続ける。
 

hamaru_article_04
なるほど、メニューが書かれた黄色い紙などちょっと屋台風かも

 
小池さんが「浜流」の店長になった経緯を含めて、さらにお店のこだわりについて伺っていくことに。
 
高校生のころの喫茶店でのアルバイトをきっかけに飲食の世界に入り、イタリアン店に7年間勤務し、その後も飲食ひと筋で経験を重ねてきた小池さん。そんななか、地元である新横浜で仕事をしたいと考え、面接を受けたところ、偶然「浜流」のオーナー岩城さんと再会した。なんと、岩城さんは中学の先輩だったそうだ。
 

hamaru_article_05
不思議な縁を感じ「浜流」に勤務することに

 
「地元の新横浜が好きですし、横浜が大好きなんです」と小池さん。ちなみに、横浜のことをいろいろ知ることができて面白いと、はまれぽをずっと見ていてくれたそうだ。・・・うれしい!
 
「浜流」は、もともと、地元に密着した横浜らしいお店を目指してきた。小池店長はじめ、横浜愛あふれるスタッフたちは、それをさらに前面に出し・・・
 

hamaru_article_06
横浜のモノを強くアピールしようと考えてきた

 
「横浜のかっこ良さという部分では、山下公園、関内、元町や本牧にはかなわない。でも、この新横浜は新幹線で横浜に来た人が最初に降り立つところ。だから、ここに横浜の良さを伝えられるような店があることには意味がある」と。
 

hamaru_article_07
以前からあった「横浜ビール」などの地元発信のドリンク類をさらにアピール!
 
hamaru_article_08
横浜産の野菜を取り入れたメニューも増やした

 
「地元の人に愛される店、新横浜の人たちに、この店があって良かったと思ってもらえる店でもありたいですね」と小池さんは話す。美味しい料理を提供できる、居心地の良い店であることはもちろんだが、大型モニターを利用し、横浜DeNAベイスターズの試合放映をしていることにも、その想いが表れている。
 
「新横浜にお勤めの方は、お仕事の後に横浜スタジアムに試合を観に行くのは難しいじゃないですか。そういう方々に、ここでベイスターズの試合を観て楽しみ、応援してもらえたらと思います」と。
 

hamaru_article_09
試合がある日はスポーツ居酒屋みたいな感じ!?

 
新横浜には日産スタジアムがあり、サッカー好きの方も多く集まるので、サッカーの試合を放映することも。横浜アリーナでのライブやイベント時に利用するお客さんも多いという。なるほど、そうした客層を思い描いてみると、わいわいと楽しく呑める居酒屋のスタイルは、この新横浜にすごく合っているのだろう。お客さんの笑い声が聞こえてくるようだ。
 
そうしたなかでも、以前と変わらず個室もあるので、ちょっと落ち着いて飲みたいときは個室利用でと使い分けができるのも良いところだ。
 

hamaru_article_10
個室は大小合わせて5室

 
 
 
屋台のような楽しい雰囲気。オススメメニューが一目で分かる!
 
さらに、「浜流」の新たな試みを教えていただいた。
「初めて行った店では、何を頼んでいいか迷ってしまうことが多くないですか? そこで、その日オススメしたいメニューを分かりやすく伝えられるように考えました」と小池さんは語る。
それは、店に入った瞬間から始まる。店頭には・・・
 

hamaru_article_11
当日仕入れた新鮮食材やオススメのドリンクが並べられている
 
hamaru_article_12
横浜産の朝採れ野菜や・・・
 
hamaru_article_13
築地で仕入れた魚介類

 
もちろん、横浜ビール、横浜ポートサイダーなど、横浜オリジナルのドリンク類も置かれ、しっかりアピールされている。
 

hamaru_article_14
自家製のオススメドリンクも。取材日は山梨産巨峰を使ったサングリア!

 
そして、ただ置かれているだけでなく・・・
 

hamaru_article_15
入店時、スタッフがそれぞれについて丁寧に説明してくれる

 
食材を目で見て確かめられるだけでなく、どのように調理して提供するのか、きちんと説明してくれるので、「こんなものを食べようか。これが飲みたい」とイメージできるのが、すごくうれしい! 席に着く前から、テンションが上がること間違いない。
さらに店内を見渡せば、あちこちに屋台のようなPOPが貼られ、ラフな手書き文字でメニューが書かれている。
 

hamaru_article_16
「朝採れ! バーニャカウダ」食べてみたくなる!
 
hamaru_article_17
窓ガラスには手書きの文字でBEST3が
 
hamaru_article_18
こちらは毎日変わるメニュー! その日のオススメが一目で分かる

 
楽しい雰囲気を演出しながら、オススメメニューが一目で分かるように、さまざまな工夫がされている。
 
 
横浜愛あふれる料理たちを実食!・・・>> 

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索