ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

遊ぶ・泊まる> 娯楽施設

三菱みなとみらい技術館

みなとみらいで楽しく科学技術に触れられるミュージアム

最終更新日:2018年1月11日

045-200-7351

イチオシサンプル画像

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

見て触って感じて、科学技術のおもしろさを体感! 知的好奇心を刺激し、もっと知りたい、学びたい気持ちが高まっていく。多彩なイベントや講演会が開催され、年齢を問わず、さまざまな楽しみ方ができるのも魅力!

DATA
住所: 横浜市西区みなとみらい3-3-1 三菱重工横浜ビル
各線「桜木町駅」から徒歩8分/みなとみらい線「みなとみらい駅」5番けやき通り口から徒歩3分
営業時間: 10:00~17:00(入館は16:30まで)

科学技術について勉強するというと、すごく堅苦しく、難しいものと思いがち。けれども、楽しみながら、最新のテクノロジーや科学技術の歴史に触れ、しっかり学べてしまう施設がみなとみらいにあるという。
 
その施設は・・・
 

mitubisi-article001
横浜ランドマークタワーの目の前にある
 
mitubisi-article002

三菱みなとみらい技術館だ!!

 
三菱みなとみらい技術館のキャラクター「テクノくん」に迎えられ、楽しい気分になりながら、ドキドキわくわく科学技術体験に向かう。
 

mitubisi-article003
精一杯ポーズをとってくれた(取材時はハロウィンの飾りつけ)

 
ふんわりとかわいくて、一見、科学技術と関わりがなさそうにも思える「テクノくん」だが、実は、同館の目的や子どもたちへの想いを象徴する存在。「テクノくん」は、自然と一体になって活躍するこれからの科学技術のイメージから生まれ、手に握られた双葉(フタバ)には、子どもたちの持つ科学技術の“発想の芽”が未来へと広がるようにと願いが込められているという。
 

mitubisi-article004
子どもたちには、もちろん大人気!

 
残念ながら、「テクノくん」は常駐ではなく、イベント時など不定期の登場なので、会えたらラッキーという感じで来館してもらえればと思う。

テクノくんに会えなくても・・・
 

mitubisi-article005
撮影スポットでパチリ!(取材時はハロウィンバージョン)

 
館内では自由に撮影ができるので、たくさんの思い出を写真に残すことができる。
 
 
 
航空機、ロケット飛行の世界へGO!
 
三菱みなとみらい技術館は「航空宇宙ゾーン」「海洋ゾーン」「交通・輸送ゾーン」「環境・エネルギーゾーン」の4つの大きなゾーンをメインに、イベントスペースや小さな子どもの遊び場などが用意されている。
 
「航空宇宙ゾーン」から行ってみます!

航空宇宙の最先端に触れることができるこのゾーン、まず見たいのが、国産ジェット旅客機「MRJ (Mitsubishi Regional Jet)」の実物大模型だ。
 

mitubisi-article006
国産ジェット旅客機「MRJ」!

 
外観が見られるだけでなく、機内に入れるのが魅力。実物の座席の座り心地を感じることもできる。
 

mitubisi-article007
コックピットに乗り込み、操縦体験もできてしまう

 
1人5分程の体験だが、速度や高度などの計器類を見ながらパイロット気分を味わえる。自分の操縦にリンクした迫力ある映像がリアル感抜群で、とても人気があり、混雑時には1時間待ちということもあるとか。残念ながら取材時には体験できなかったが、見ているだけでも、その面白さや楽しんでいる感じが伝わってきた。次回伺ったら、ぜひ、やってみたい!
 
と、ここでテクノくん登場!
 

mitubisi-article008
相変わらずかわいい!

 
え? テクノくんもやってみたいの?

でも、もう少しコンパクトにならないとね!
コックピットは狭いから。
 



 

mitubisi-article009
こちらは主翼とエンジン部

 
翼を下から見上げて、その迫力を体感できるのも魅力。見るだけでなく、その設計や特徴などが書かれたボードも設置されているので、もっと深く知りたいという知識欲も満たしてくれる。
 

mitubisi-article010
タッチパネル式のミニゲームが豊富にそろう

 
画面をタッチしながら知識を深めていけるタイプもあるが、ゲーム感覚で学べたり、単純に遊びとして楽しめるものも多い。
 

mitubisi-article011
こちらは、飛行機のパーツを選びながら設計するゲーム

 
速く飛ぶ、安全に運ぶ、自由に飛ぶなど目的に合わせて翼や胴体などを選んでいき、飛行機を完成させる。でき上がった飛行機が目的に沿っているかどうか評価してくれるのも面白いところだ。
 

mitubisi-article012
編集部・阿部は整備体験ができるゲームに挑戦

 
工具を選んでタッチしていくだけの単純なルールながら、大人でも熱中してしまう面白さがある。
 

mitubisi-article013
航空機の歴史はイラストを使いながら紹介

 
突然目に飛び込んできたアメコミ風のイラストが新鮮。思わず見入ってしまった。
 

mitubisi-article014
20分の1のロケット模型が展示され・・・
 
mitubisi-article015

実際にロケットがどのように飛ぶのか、図で示されている
 
mitubisi-article016

燃焼試験で使用された実物のロケットエンジンも展示!

 
模型や実物を展示しているので、子どもでも楽しめるし、どんどん興味がわいてくる。図解されているものも多く、さらにもっと学びたいという意欲の入口にもなるのではないだろうか。
 

mitubisi-article017
ゾーン入口横にある宇宙服に入って記念撮影するのも楽しい!

 
 
 
謎に包まれた深海に迫る。自分で作った魚も泳ぎ出す!?
 

mitubisi-article018
海洋ゾーンへようこそ~!

 
テクノくんの熱烈な歓迎を受けて、いざ「海洋ゾーン」へ!!

こちらは、資源開発やエネルギー開発など多くの可能性を秘めた海に迫る科学技術を紹介しているゾーンだ。
 

mitubisi-article019
深海調査で大きな役割を果たす有人潜水調査船の進歩を紹介

 
6500メートルの深海まで潜水することができ、世界の海洋の約98%の海底調査を可能にした、世界最高水準の有人潜水調査船・・・
 

mitubisi-article020
「しんかい6500」の実物大分解展示

 
コックピットなど内部の様子も見ることができ、調査の方法や仕組みも映像を通して学ぶことができる。コックピットの狭さを実感し、調査の苦労も伝わってくるような展示だ。
 

mitubisi-article021
パネルを見れば「しんかい6500」がどのように活用されているか分かる

 
深海の生物を探ったり、海洋資源、地震の調査に用いられていることが分かりやすく説明されており、子どものためにと訪れたお父さんやお母さんの知識欲を満たしてくれるのがうれしい。
 
「海洋ゾーン」にもゲームが多数ある。未来の深海調査船SUPER SHINKAI(1万2000メートルの深海を設定)で深海調査の気分を味わえる大型ゲームのほか、気軽に楽しめるタッチパネル式のミニゲームもある。

たとえば・・・
 

mitubisi-article022
オリジナルのシーメカニマル(深海生物メカ)が作れちゃう!
 
mitubisi-article023

みんなが作ったシーメカニマルがスクリーンを泳ぎだす

 
自分の作ったシーメカニマルがスクリーンに現れ、動き回るのはうれしい! 小さい子どもでも、簡単に遊べるのも良いところ。自分でチョイスしたヒレや尾などのパーツによって泳ぎ方が変わってくるので、単純にゲームとして楽しむのはもちろん、大人が子どもにアドバイスするなど会話が弾むきっかけにもなりそうだ。
 

mitubisi-article024
タッチパネル式のミニゲームが至る所に用意されている

 
編集部・阿部は「海洋リサーチチェック」にトライ。決して子ども向けではなく、大人が真剣に考えることのできるクイズゲームだ。
 

mitubisi-article025
「注意力散漫」という診断結果に。ちょっと残念!
 
mitubisi-article026

「落ち込まないで!!」

 
テクノくんに励まされたら落ち込んでいる暇なんてないよね!

気を取り直して次のエリアへ、レッツゴー!!
 
 
楽しく学べる「理科実験」や毎月のイベントも見逃せない! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索