ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜線の町田駅下りホームにホームドアが設置されました。効果はどうなんでしょうか。また扉の開閉にかかる時間が余計にかかるようになりました。この先、全駅で設置されると定時運行に支障をきたすのではないかと心...

    nakopapaさん

    瀬谷高校といえば、かの冬彦さんでブームになったドラマ「ずっとあなたが好きだった」のロケ地にもなっていました。当時の裏話が関係者から聞けませんか?!

    ポスポスさん

    先日、初めて舞岡駅を利用したのですが、改札を出た所から駅周辺まで物凄く家畜のウ◯コの匂いがします。何時もあんなに匂うのでしょうか?

    中区太郎さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
2位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
3位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
4位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
5位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
6位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【後編】
7位
鉄道6社が乗り入れる横浜駅!最速で乗り換えできるルートは?
8位
本牧ふ頭で見つかった「ヒアリ」、その後は?
9位
栄区「田谷の洞窟」のVRデータ化が進んでいるって本当?
10位
元々の住みかを失った「三浦メダカ」、野生環境で順調に数を増やす!
11位
「神奈川県民の日」がないのはなぜ?
12位
久里浜港に新しくオープン! 海鮮料理がうまい温浴施設「海辺の湯」に突撃!
13位
治安の悪さは首都圏イチ!? 川崎競馬場周辺の夜を体験!
14位
横浜で一番大きな本屋はどこ? 横浜駅西口の意外な場所に発見!
15位
大学の図書館になった旧ドリームランドのホテルの中ってどうなってるの?
16位
市営地下鉄グリーンラインの延伸計画は、その後どうなった?
17位
献血ルームの中で1番良い記念品がもらえるのはどこ?
18位
都筑区にあるコストコのアウトレット品を超激安で売るお店の秘密とは?
19位
どうして神奈川には運転免許試験場が二俣川にしかないの?
20位
一体誰が買うの? 相模原にある"銃砲火薬店"を徹底調査! 
21位
資源回収日に出した古着はどこへ!? 横浜の最新「古布」リサイクル事情を追う!
22位
渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?
23位
横浜に人工の島「八景島」ができたのはなぜ?
24位
JR菊名駅はリニューアル後どう変わる? 工事はいつ終わるの?
25位
10分間隔でくる横浜駅(YCAT)-羽田空港間のリムジンバス。採算は取れているの?
26位
横浜駅西口からダイヤモンド地下街に行くまでに「階段を上ってまた下りる」無駄な動線になっているのはなぜ?
27位
誰も使っていない? 中原区役所前にある受話器が2つある変な公衆電話 「デュエットフォン」の正体は?
28位
天然温泉が横浜市内に存在する!?
29位
横浜市営地下鉄ブルーラインが川崎市まで延伸する計画の現状は?
30位
桜木町駅で始発電車を待つ人々!空席があるのに次の電車を待つ理由は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

遊ぶ・泊まる> 娯楽施設

天然温泉 満天の湯

気分はまるで江戸時代の住民!? 地域の歴史を感じながら、お風呂や料理を満喫できる温泉施設!

最終更新日:2018年1月23日

045-370-4126

イチオシサンプル画像

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

保土ケ谷宿をテーマに、タイムスリップしたかのような雰囲気を味わえる、情緒豊かな温泉施設。個性あふれるお風呂やサウナ、本格的な料理の数々に出会える場所だ。

DATA
住所: 横浜市保土ケ谷区上星川3-1-1
相鉄本線「上星川駅」から徒歩すぐ
営業時間: 6:00~25:00(最終受付 24:30)

江戸の町にタイムスリップ!? 一体ここはどこ・・・?
 
あれれ・・・相鉄線の上星川駅からすぐの場所に取材に来たはずが、気づくと江戸時代の宿場町に迷い込んでいた。一体ここはどこなのだろう・・・。
 

manten-article001
突然現れた江戸時代のような町並み!
 
manten-article002

旅の疲れが癒される!?
 
manten-article003

大きな米俵まで!

 
とりあえず江戸の町を散策してみる編集部・阿部。
 

manten-article004
あれ、服装がゴージャス?
 
manten-article005

指名手配!? (記事の後半で、左側の女性の正体が明かされます)

 
実はここは横浜市保土ケ谷区にあるスーパー銭湯、「天然温泉 満天の湯」。
 

manten-article006
相鉄本線「上星川駅」の目の前という好立地

 
当初はシンプルな温泉施設だったが、2017(平成29)年10月に、立地にちなんで東海道五十三次の宿場の1つである“保土ケ谷宿”をテーマにリニューアルを行った。今回はリニューアル後の様子を見にお邪魔したのだ。
 
冒頭で紹介した保土ケ谷宿のリアルな町並みが組まれたエントランスでは、無料でレンタルできるコスプレ衣装を身にまとい、写真撮影を楽しめる。
 

manten-article007
籠に乗って移動開始!?
 
manten-article008

インスタグラム用の特大フレーム!

 
それではいざ、取材に出発!
 

manten-article009
殿様と町娘がいよいよ館内へ!

 
 
 
おひとり様も大歓迎! カフェ感覚で使えるカウンターがイチオシ!
 
靴を脱いで館内に入ると、まず宿場町風のお買い物コーナーが目に飛び込んでくる。
 

manten-article010
気分を高めてくれる装飾の数々が!
 
manten-article011

あれこれ物色する殿様と町娘
 
manten-article012

江戸の町を散策している気分で買い物できる

 
と・・・買い物に夢中になっている間に、編集部・阿部の姿が見えなくなった。探してみると、なんとお食事処のカウンター席にいるではないか!
 

manten-article013
まさかの1人スイーツ!?

 
阿部がいたのは館内にあるお食事処「山水草木(さんすいそうもく)」。本格和食料理を提供するこちらは温泉エリアより手前にあるため、入館料を払うことなく利用できる。つまり食事だけでもOKなのだ。
 

manten-article014
全140席の広々とした食事処

 
全8席からなるカウンター席には充電用のコンセントを完備。Wi-Fiも使うことができる。
 

manten-article015
充電しながら作業も可能

 
1人でも過ごしやすいスペースが確保されているため、パソコンを持ってきて仕事をしている人もいるとか。入館時に靴を脱いでいるので、リラックスできるのも高ポイント! 上星川駅周辺は飲食店が少ないため、カフェ感覚で利用したい人も要チェックだ。
 

manten-article016
温泉施設でデスクワーク・・・新鮮!

 
ちなみに編集部・阿部が1人スイーツしていたパフェがこちら。
 

manten-article017
「てまりパフェ 抹茶白玉あずき/540円(税込・以下同)」

 
手毬を連想させるかわいらしいフォルムが特徴。ほかに「いちご白玉あずき」や「黒蜜きな粉白玉」などバリエーションも豊富だ。パフェの底には大学芋が入っており、食べ応え満点だった。
 
 
 
保土ケ谷宿をテーマにしたグルメは、温泉施設の枠を超越したクオリティ!
 
このお食事処「山水草木」では、保土ケ谷宿をテーマにしたメニューをはじめ、麺類や丼物、お酒のおつまみから朝食メニューまで幅広く用意。食券を買って、カウンターで受け取る流れだ。
 

manten-article018
本格的なメニューが並ぶ
 
manten-article019

イチオシのメニューが見やすくディスプレイされている

 
保土ケ谷宿を感じさせる、人気メニューがこちら!
 

manten-article020
「保土ケ谷宿 花かご膳(1280円)」

 
宿場町の旅籠をイメージした彩りにあふれた一品。保土ケ谷の名産であるジャガイモを使ったコロッケ、江戸時代にこの地域で有名だったぼた餅、旅をイメージした道中いなりなどを盛り込んでいる。
 

manten-article021
「宿場町のこんにゃく田楽(390円)」

 
こんにゃく田楽も宿場をイメージして考案されたもの。こんにゃくと言えば、江戸時代に広く大衆に普及し、宿場町の定番としておなじみの存在だ。赤味噌、木の芽味噌、甘めの白味噌の3つをつけて味わうことができる。
 
宿場メニュー以外で、人気なのがうどん!
 

manten-article022
「明太クリームのおうどん(980円)」

 
「山水草木」で提供されるうどんは、すべて有名店の「つるとんたん」のグループ会社がプロデュースしている。麺は小麦の配分や食感などにこだわり、試作を重ねた末に出来上がったもの。洋の要素を取り入れた、このクリームパスタ風のうどんは、子供や女性から人気だそうだ。
 
編集部・阿部は「クリーミーでモチモチの食感。明太子の辛さがほどよい刺激!」と絶賛。
 
実はこのとき、男湯の取材があり遅れて試食タイムにやってきたのだが、少し時間が経っているにもかかわらずとてもおいしかったため、今度はできたての味もぜひ口にしてみたいとのことだ。
 

manten-article023
「満天バラちらし(1080円)」

 
続いては、お手頃価格で食べられる海鮮メニュー! 魚介は新鮮なものを築地で仕入れて提供。中でも華やかな「満天バラちらし」は、カンパチ、マグロ、エビ、サーモンなど、贅沢な海鮮がふんだんに味わえる。
 

manten-article024
日帰り温泉施設とは思えない豪華さ!

 
 
 
リニューアルの理由をオフロ保安庁長官に直撃!
 
「山水草木」での食事を終えたところで、入浴剤1つから機械室のトラブルまでお風呂の安心安全のことならなんでも解決してくれる、「天然温泉 満天の湯」の“オフロ保安庁長官”久下沼伊織(くげぬま・いおり)さんに会うことができた。
 

manten-article025
趣味は温泉巡りの久下沼さん

 
学生時代から湯巡りが好きだった久下沼さんが、ここに勤めるようになったのは12年ほど前。お客さんの質問にもっと答えたいという思いから温泉ソムリエやサウナ・スパ健康アドバイザーの資格を取得した。
 
冒頭でも述べたように、リニューアル前はシンプルな温泉施設だった。
 

manten-article026
(Before)保土ケ谷宿のおもかげはない

 
地元の人に保土ケ谷宿の歴史を知ってほしいという気持ちから、当時の文献を参考に宿場を再現した。
 

manten-article027
(After)リニューアル後の様子

 
館内にも保土ケ谷宿をイメージした装飾があちこちに。リニューアルに合わせて、スタッフの衣装も宿場をイメージしたものに変更された。
 

manten-article028
エレベーターのドアには浮世絵
 
manten-article029

廊下には東海道五十三次にまつわる絵が飾られている
 
manten-article030

殿様と町娘にインタビューされ、少々とまどう久下沼さん

 
久下沼さんいわく、満天の湯の自慢はスタッフの接客だそう。お客さんに「あの人に会いたいから行こう」と思ってもらえるようにがんばっている。そのためスタッフにフォーカスしたイベントや仕掛けがあちこちに見られた。
 
たとえばこちら。お客さんの記憶に残る接客をしたスタッフを決める・・・
 

manten-article031
「おもてなし総選挙」を開催!

 
ハッスル熱波や漢方風呂で楽しい入浴を! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索