ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コスモクロックは横浜を象徴する建物のひとつだと思います。市民としては『どんな時は消灯しているのか』『どんな風にメンテナンスするのか』『灯りの色が変わる時があるのか』くらいは 説明出来るようにしておきた...

    たかし君さん

    ブルーラインと比べて、駅も両数も少ないグリーンラインの方が、ブルーラインより豪華な車両(液晶パネルが付いていたり…)なのは何故?

    Number_09さん

    みなとみらい線とグリーンラインの本牧・根岸エリアまで線路を作る計画はまだ廃止にされていませんか?

    Number_09さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

暮らす> 修理屋

045guitars

ギターやベース、ウクレレなどの中古販売&修理に対応する、リペアマンがいる楽器店

最終更新日:2018年2月07日

000-0000-0000

イチオシサンプル画像

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

ギターのリペア店は横浜市中区でここだけ?バンドマンのギター職人が手がけるリペア工房で、ギターの「なんかおかしい」を原因から解明&修理。ギターの調子を整えるなら顔が見えて安心の「045guitars」

DATA
住所: 横浜市中区太田町5-69 山田ビル2F
みなとみらい線「馬車道駅」から徒歩5分/JR「関内駅」「桜木町駅」から徒歩10分
営業時間: 月曜日(12:00~20:00)/水曜日・金曜日(12:00~17:30)/土曜日(要事前予約)
平均予算: リペアや修理の来店相談は無料/ギターやベースの基本調整は3000円(税込)

「なんとなくだるい」は人間にもギターにもある
 
なーんか体がダルいなぁ。風邪でもなさそうだし、具体的にどう痛いという訳でもなく「なんとなくだるい」としか言いようがない。こんな時ってどうします?
 
筆者は病院に行くほどでもないなぁという時は、整体に行って体の歪みを整えてもらうことが多い。すると結構すっきりしてダルさを忘れたりする。
 

guitars-article001
毎回体を大事にしてないなぁと実感する瞬間だ(画像はイメージ)

 
体だけでなく、ギターに関しても「メンテナンスが重要」と説くギターのリペアマンがいる。
 
2017(平成29)年6月にオープンした、横浜市中区の馬車道にある楽器店「045guitars(ゼロヨンゴギターズ)」を営む鶴淵忠成(つるぶち・ただしげ)さんだ。
 

guitars-article002
とても優しそうな笑顔が印象的

 
バンドTシャツに月桂冠の前掛け。ちょっと異質に見えるが、リペアマンは作業で出る木屑などの汚れを避けるため、エプロンなどをしている人が多いという。
 
同店は、ギターやベース、ウクレレなどの弦楽器のリペア、メンテナンスを中心に、中古楽器やアンプ、エフェクターの販売を行う楽器店だ。
 

guitars-article003
鶴淵さんが調整した中古ギターの販売も行っている
 
guitars-article004

マニア垂涎もののお宝もアリ?(こちらは1990年代後半のエコー装置)

 
こうした音響機材の販売も行っている楽器店だが、本職はリペア。
 
「リペアというと、壊れちゃったものを直すというイメージがありますが、そういう例は実はあんまりないんです」という鶴淵さん。
 
「それよりも『なんとなく弾きづらくなった』とか、『ビリついた音が出る』とか、実はしっかりセッティングするだけでよくなるものが多いんです。だから壊れたものを直す『病院』のイメージではなく、本来あるべき姿のままに調整する『整体』のイメージで、ギターの状態を整えることが重要なんです」
 

guitars-article005
ギターを最適な状態に保つことが、気持ち良い演奏には不可欠

 
「ギターって木でできているから、湿気の影響で状態が変わるんです。特に日本は四季があるから1年でかなり変化してしまいます。こうしたギターの状態を把握できていないと、特に楽器を始めたばかりの人などは、弾きづらくなって練習が嫌になり、挫折につながってしまうこともあってもったいないですよね」
 
高価な高級ギターも安価な入門用ギターも構造は同じ。しっかりメンテナンスをしなければ、せっかくの高級ギターも本来の性能を引き出せず、宝の持ち腐れとなってしまう。
 
そうならないように、細かなメンテナンスを怠らないことが重要なのだと話す。
 

guitars-article006
ギターを心から楽しむ手伝いをするのが鶴淵さんの仕事だ

 
ギターのセッティングは1回平均45分で3000円程度から。
 
同店にギターを持ち込むと、どのようなことをしてくれるのか、やはり内容が気になる。不調の原因を探る基本の調整を、鶴淵さんの製作したギターで実際に見せていただくことに。
 
 
 
メンテナンスってどんなことをするの?
 
メンテナンスの基本となるのが、音の伸びや響き方、弾きやすさに大きく影響する「ネック」と「弦高」の調整。弦の振動を左右する重要な部分で、「ネック」と「弦高」が正しく調整されていないと、弦を押さえづらくなって弾きにくくなったり、音が詰まったりする。出したい音や奏者の好みによって0.1mm単位で調整を行なっていくのだ。
 
そのためにまず見せていただいたのが、湿気の影響を受け反りやすい「ネック」という部分。このネックが反っていると正確な弦高調整ができないため、最初に見る必要がある。
 

guitars-article007
指2本でネックの反りを確認

 
反り具合が分かったら、ネックを取り外し調整していく。
 

guitars-article008
どうやって調整するかというと・・・
 
guitars-article009
ネックの後端からクイクイっとネジをひねる

 
ネックの中には「トラスロッド」と呼ばれる鉄芯が入っており、これを回すことでネックの反り具合を矯正する仕組みだ。
 
ネックの調整が終わったら、弦高を見ていく。
 

guitars-article010
弦とフレットの隙間を測って「弦高」をチェック
 
guitars-article011

弦の支点であるブリッジを調整することで、弦高を好みの高さに変えられる

 
たったこれだけ? と思ってしまいそうだが、この少しの調整を行わずに「調子が悪い・・・」と悩み続ける人が意外にも多いのが実情なのだ。
 
弦高を調整することで弾きやすさが改善されることが多いそうだが、それでも雑音がしたり音がうまく出ない場合は電気回路に問題があることも。
 

guitars-article012
その時は素人では触りづらい配線を見ていく
 
guitars-article013

汚れを落として丁寧に確認

 
配線に関するトラブルは、ボリュームやトーンの調整つまみである「ポット」と呼ばれる部品が経年やメンテナンス不足によって劣化して起こることが多い。
 

guitars-article014
長く使われて劣化してしまった「ポット」(右)と新品(左)

 
こうした部品の消耗も不調の原因として多いものの1つ。
 
ポットは消耗品なので、つまみを回したときに「ガリガリ」や「ザザッ」といった異音が出るようになったときが交換のタイミング。
 
さらに弦の振動を電気信号に変える装置「ピックアップ」の調整も欠かせない。
 

guitars-article015
ピックアップの高さを調整することでピックアップごとの音量を調整できる

 
買ったときの状態のまま使っている人も多いと思うが、特に中古で手に入れた楽器は、必ずしも最初からきちんとピックアップが設定されているわけではないので、何年も購入当時のまま使っている場合は一度確認してみることをオススメする。
 
こうして調整を終えると、最後の確認としてアンプにつないでの音出しをする。
 

guitars-article016
防音ブース完備なのでライブさながらの音量で確認できるのも嬉しい

 
防音室があることで演奏シーンを想定した最終確認が可能。中古ギターの試奏もできる本格仕様だ。
 
ここまでリペア、メンテナンスの重要性や工程を聞いてきたが、なぜこうしたリペア工房を作ったのか、鶴淵さんの経歴から探っていく。
 
 
ギター職人の鶴淵さんは現役バンドマン! >>

はまれぽイチオシ検索

  • エリアから選ぶ
    エリア選択画面へ
  • 駅から選ぶ
    路線選択画面へ
  • フリーワードで検索