ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年2月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    キニナル記事と投稿を見て思い出したのですが、保土ヶ谷駅の横にフジのつくけどニュークイックのスーパーがある建物が「シアル」なのですが、あの横浜駅にあったシアルと同じなんだろうか?調べて下さい。

    ホトリコさん

    横浜橋商店街に本牧産の魚介類を扱う魚屋さんがあります。この前、本牧産ゴマイカという、正式名はシリヤケイカという、コウイカの仲間のイカが売られていて、横浜の海でイカが獲れるとは知りませんでしたが、大黒の...

    ナチュラルマンさん

    鴨居の南口を出てガストのある交差点をTSUTAYA鴨居店方向へ歩いて行くと途中にニーハオという中華料理屋さんがあります。見た目にも今風とは言えない昔からある感じのお店です。かなりディープな感じが漂って...

    tantakatanさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

どんなところでお酒を飲む?

おしゃれな「バー&レストラン」
リーズナブルに「居酒屋」
もっとリーズナブルに「角打ち」
カラオケとセットで「スナック」
1番くつろげる「自宅」
自然を味わいたいから「公園」
その他
お酒飲めない
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
2位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
3位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
4位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
5位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
6位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
7位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
8位
あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
9位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
10位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
11位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
12位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
13位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
14位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
15位
帷子川の源流までってどうなってるの?
16位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
17位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
18位
【I☆DB】下剋上! 19年ぶり横浜DeNAベイスターズ日本シリーズ進出決定! 
19位
東神奈川の二ッ谷にある「家の半分が川に突き出ている家」のその後!
20位
雨天決行した「川崎ハロウィン2017」の様子をレポート!
21位
【編集部厳選】どうせイクならレトロ銭湯! 気持ちイーよ!
22位
2017年「みなとみらい・桜木町」イルミネーション情報
23位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
24位
本牧ふ頭近辺で釣れる幻のブランド魚「下根アジ」って、どんな魚?
25位
南区真金町・金刀比羅神社の「一の酉」の様子をレポート
26位
スラックスが「99円」!? 驚異の激安衣料店「ファッションプラザタカハシ」ってどんなお店?
27位
【I☆DB】感動をありがとう! ファンからDeNAベイスターズへラブレター
28位
2017年「横浜駅周辺」のイルミネーション情報
29位
【編集部厳選】そーだ! 秋だ! 旅たび旅!
30位
神奈川区の遊び場、通称「こうもり山」の山頂には何があった?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

川崎駅前にウェアハウスという不思議な施設があります。ゲームセンターのようですが、外観が明らかに異彩を放っています。どんなところなんでしょう?(ぐらむさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

香港の九龍城をイメージしたアミューズメントパークだった!非日常と大人の高級感をコンセプトに、落ち着いて遊べる空間が広がっていた!

ライター:ワカバヤシヒロアキ (2012年05月27日)

川崎駅から徒歩3分、日進町にひと際異彩を放つ建物がそびえ立っている。
赤くウェアハウスと描かれたその建物は、外観が茶色くくすんでいてとても現代のものとは思えない。
 


明らかに他の建物とは違う…


隣接したマンションと比較すれば、その存在の異様さは明らか。
たまたま見かけた人には嫌でも目にとまることだろう。

調べてみるとこの建物は、株式会社ウェアハウスが運営するアミューズメントパーク、ウェアハウス川崎店。
中にはインターネットカフェやゲームセンター等が入っている施設のようだ。
早速、中の様子をレポートすることに!




18歳未満は入場できない!

取材当日、店に向かうと、入口からはなんとも不思議な雰囲気が漂ってくる
 


入口の様子


歓迎光臨という怪しい文字が描かれた重厚な自動ドア。それを抜けると、今度は「電脳九龍城」という文字が目に飛び込んでくる。いきなり建物の雰囲気に飲まれてしまいそう。
 


扉を一枚抜けると「電脳九龍城」という文字が!


まずは店長の菊池さんに、この摩訶不思議な建物について話を伺った。
 


店長の菊池さん


ウェアハウスは主に東京、千葉、埼玉で展開するアミューズメントパークで、神奈川には2005年12月にオープンした川崎店の1店舗のみ。

菊池店長によれば、全店舗で「刺激的で大人の高級感溢れる非日常を提供」というコンセプトを掲げているそうだ。さらに各店舗でそれぞれ違ったテーマが設けられており、ここ川崎店では「香港にあった九龍城」がモチーフになっている。
 


18歳未満は入場できない


店ではキッズコーナーなどを設けず、ターゲットを大人に限定。ここでは18歳未満の方の入場を禁止している。
子供や中高生が入店し、ガヤガヤと騒ぐような空間では、大人が落ち着いて楽しめないというのが理由だそうだ。知らずに入って来てしまう人もいるため、巡回するスタッフが随時声かけをすることで18歳未満の方には退出してもらっているという。


そういった狙いもあって、仕事帰りのサラリーマンから主婦、おじいちゃん、おばあちゃんなども訪れる。まさに大人の遊び場となっているようだ。



まずは1階から!

それでは、入口をくぐり抜けた先の店内をご紹介しよう。
 


入口を抜けると薄暗い通路が続く


この建物は元々、コジマ電機が入っていた建物だったようで、主に1階は駐車場となっており、そのためエレベーターホールとエスカレーターがあるのみ。すでにこの地点で九龍城の雰囲気に飲み込まれていきそうだ。
 


すごく薄暗いエレベーターホール
 

駐車場側からは別の入口もあった。青白くライトアップされているのは本物の水


香港にあった九龍城と言えば、1993年に取り壊された巨大なスラム街の要塞。ゲーム等を楽しむ雰囲気と、スラム街に隠れて遊ぶ九龍城へのイメージが重なりあって、川崎店のテーマになったのだそうだ。


キニナル店内へ入ると、そこには驚きの演出が待ち構えていた!次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事