ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年8月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    でも確かにこれ悪意があるわけではなく、素人で「横須賀線」と「湘南新宿」の区別付かない奴なんかいくらでも居るはず。そもそもの駅の案内の仕方が間違いで、湘南新宿から来たかどうかではなく、方面別に「東海道方...

    ushinさん

    JR東横浜支社管内(たぶん)の横須賀線のホームには、湘南色の「湘南新宿ライン」整列目標とスカ色の「横須賀線」整列目標があり、「湘南新宿ライン逗子行きはオレンジの印に」とか案内されていて、バカ正直に並ん...

    ushinさん

    ミゲ~ル さん 2017.08.10 PM2:41 「そりゃ「center」は中心の意味だろうけど、この場合は施設という意味じゃないのか?と。」<中国語ネイティブで「なんちゃらセンター=○○中心」で、...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
2位
野毛では伝説、福富町では行列! 神出鬼没のラーメン店「丿貫(へちかん)」へ突入!
3位
川崎市多摩区の星川製麺が運営する"彩"でデカ盛りメニュー「でかっちゃん」に挑戦!
4位
戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?
5位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
6位
ハマの伝説! レストラン「タイクーン」! 今年は横浜式バーベキューで激ウマ!
7位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
8位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
9位
【はまれぽ名作選】西横浜にある中華料理店「隆翔」が出す、辛さ120倍のタンタンメンとは?
10位
【編集部厳選】1軒だけじゃ物足りない! 気ままに「ハシゴ酒」できるスポットを紹介!
11位
【はまれぽ名作選】平日の昼間から飲める感じのいいお店を教えて! 伊勢佐木町編
12位
【はまれぽ名作選】野毛で食べられる裏メニューって、どういうのがあるの?
13位
【はまれぽ名作選】かつて馬車道交差点にあった「珈琲屋」、その後どうなったの?
14位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
15位
まだまだ夏真っ盛り! 2017年、横浜市内のおすすめビアガーデンは?
16位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
17位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
18位
【ニュース】ホテルニューグランドこの夏だけの限定ラウンジ!
19位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
20位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.4』〜「ヨコハマ」とストーリー〜
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.3』〜「ダイキリ」と太田圭介さん〜
22位
【編集部厳選】暑い夏はサッパリお寿司!
23位
「よこはまでカレーがおいしいお店ランキングベスト10」が知りたい!
24位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
25位
【編集部厳選】梅雨明けしたし、夏と言ったらビールでしょ!
26位
【編集部厳選】頭が「キーン」ってなっても気にしない!
27位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
28位
横浜スタジアムの「球場グルメ」を全公開! 前編
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

金沢区で中華鍋を作っている、山田工業所さんを取材してください。キニナル。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

山田工業所が作る中華鍋は、1個につきハンマーで5000回から8000回も叩いて作られる日本で唯一の「打ち出し式」製法の鍋だった!

ライター:はまれぽ編集部 (2012年08月20日)

金沢区福浦に中華鍋を専門に製造する会社がある。その名も「山田工業所」。事前にインターネット等で調べたところ、「打ち出し式」という製法で中華鍋を作る日本で唯一のメーカーだという。
「打ち出し」とは一体? 一般の中華鍋との違いは?
キニナル疑問を解決するため現地へ向かった。




「打ち出し」とは?

シーサイドライン「産業振興センター」駅を降りてすぐ、金属加工の各種メーカーが集まる横浜金属団地の一角にある山田工業所へ到着。
 


約20社が集う横浜金属団地
 

看板にはしっかりと「中華鍋製造卸」の文字


「暑い中ご苦労だね~」と笑顔で迎えてくれたのは代表取締役社長の山田豊明さん。
まずは同社が誇る日本で唯一の製法「打ち出し」について聞いてみることにした。
 


山田工業所の2代目、山田豊明社長


「打ち出し」とは、一枚の平らな鉄板をハンマーが付いた特殊な機械で何度も何度も叩き、鍋型に整えていく製法のことをいう。一つの中華鍋を作るのになんと5000回、サイズの大きいものでは8000回もハンマーで叩く必要があるので、当然手間も時間もかかる。
 


事務所にはこれまでに作った鍋のサンプルが多数


一方、流通する中華鍋のほとんどはプレス機で鍋の形を一気に押し出す「プレス式」という製法で作られている。もちろんこちらの製法の方が、短時間で大量生産が可能だ。
なぜ製造効率の悪い「打ち出し」にこだわるのか?

「中華料理は火力が勝負でしょ。打ち出しだと鉄の厚みを場所によって薄くすることができるから、熱の伝わりやすい鍋ができるんだよ」と山田社長。また、何度も何度も叩くことで表面に凸凹ができ油の馴染みが良くなること、鉄の粒子が細かくなることによって強度が増すことも「打ち出し」にしかできない芸当だという。
 


プレス式(写真上)の鍋より軽く、長時間の調理でも疲れない


「打ち出し」にこだわるのにはもう一つ理由がある。
それは同社の成り立ちと深く関わるものだった。



ドラム缶から鍋を作った先代社長

山田工業所の創業は1957(昭和32)年。父である先代社長の故・山田久男氏が保土ヶ谷区西久保町に中華鍋を作る工場を建てたのが始まりである。戦後すぐだった当時は材料となる鉄が不足していたため、ドラム缶の鉄底をハンマーで叩いて一つひとつ鍋を作っていたのだという。
これこそが今に続く同社の「打ち出し式」製法の原点だ。

鍋そのものが貴重だった時代、手作りの鍋は料理人の間でも評判を呼び、全国各地から注文が入るように。その後、機械化にも成功し、一日4~5個作るのが限界だった中華鍋を数百個作れるようになった。「作った鍋を何枚も背中に担いで売り歩いていた父の姿を覚えている」という。1983(昭和58)年には現所在地へ工場を移転。父親のもとで職人として働いていた豊明さんが社長を受け継いだ。
 


技術を生かし中華鍋以外の製品を作ることもある

現在、工場で働く職人は自身の息子3人を含む7人。取引を行う問屋は100社以上。専門店やネットショップにも流通しているので、プロアマ問わず愛用者は多い。直販でないため市場での価格はまちまちだが、一般的な鍋(片手中華鍋で1500~3000円程度)より少しばかり値は張る。しかし、横浜中華街にある中華料理店の多くが同社の鍋を使用しているという話もあるほどだ。
「数ミリ単位の注文など毎回違ったオーダーがくるんだよ。それをどうやって作ろうかと頭にイメージするのがおもしろい。ものづくりの楽しさだよね」と山田社長は話す。

ここで社長から、「工場の様子でも見学していくかい?」とありがたい提案が。
中華鍋が作られる工程を実際に見せていただけることになった。


「打ち出し」の極意を学びに工場へ! 詳細は次のページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

中華街にある韓流雑貨店、開店の経緯とは?

中華街の甘栗販売、現在の対策状況は?