ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    瀬谷にある田園釣り堀が気になります!ドラマ、映画とかにも出ていて芸能人もたくさん来ているようです!取材してきてください!

    はまっこさん

    市営バスが大型二種免許の取得から支援する養成バス乗務員の採用を始めたそうです!どういう研修があったりするのか気になります!

    はまっこさん

    日産スタジアム改修工事の影響で稼働率が非常に高い「ニッパツ三ツ沢球技場」ですが、来年はワールドカップ、再来年はオリンピックの影響でこれまた日産スタジアムに使用制限がかかり「ニッパツ三ツ沢球技場」の稼働...

    fubie23さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

金沢区で中華鍋を作っている、山田工業所さんを取材してください。キニナル。(にゃんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

山田工業所が作る中華鍋は、1個につきハンマーで5000回から8000回も叩いて作られる日本で唯一の「打ち出し式」製法の鍋だった!

ライター:はまれぽ編集部 (2012年08月20日)

金沢区福浦に中華鍋を専門に製造する会社がある。その名も「山田工業所」。事前にインターネット等で調べたところ、「打ち出し式」という製法で中華鍋を作る日本で唯一のメーカーだという。
「打ち出し」とは一体? 一般の中華鍋との違いは?
キニナル疑問を解決するため現地へ向かった。




「打ち出し」とは?

シーサイドライン「産業振興センター」駅を降りてすぐ、金属加工の各種メーカーが集まる横浜金属団地の一角にある山田工業所へ到着。
 


約20社が集う横浜金属団地
 

看板にはしっかりと「中華鍋製造卸」の文字


「暑い中ご苦労だね~」と笑顔で迎えてくれたのは代表取締役社長の山田豊明さん。
まずは同社が誇る日本で唯一の製法「打ち出し」について聞いてみることにした。
 


山田工業所の2代目、山田豊明社長


「打ち出し」とは、一枚の平らな鉄板をハンマーが付いた特殊な機械で何度も何度も叩き、鍋型に整えていく製法のことをいう。一つの中華鍋を作るのになんと5000回、サイズの大きいものでは8000回もハンマーで叩く必要があるので、当然手間も時間もかかる。
 


事務所にはこれまでに作った鍋のサンプルが多数


一方、流通する中華鍋のほとんどはプレス機で鍋の形を一気に押し出す「プレス式」という製法で作られている。もちろんこちらの製法の方が、短時間で大量生産が可能だ。
なぜ製造効率の悪い「打ち出し」にこだわるのか?

「中華料理は火力が勝負でしょ。打ち出しだと鉄の厚みを場所によって薄くすることができるから、熱の伝わりやすい鍋ができるんだよ」と山田社長。また、何度も何度も叩くことで表面に凸凹ができ油の馴染みが良くなること、鉄の粒子が細かくなることによって強度が増すことも「打ち出し」にしかできない芸当だという。
 


プレス式(写真上)の鍋より軽く、長時間の調理でも疲れない


「打ち出し」にこだわるのにはもう一つ理由がある。
それは同社の成り立ちと深く関わるものだった。



ドラム缶から鍋を作った先代社長

山田工業所の創業は1957(昭和32)年。父である先代社長の故・山田久男氏が保土ヶ谷区西久保町に中華鍋を作る工場を建てたのが始まりである。戦後すぐだった当時は材料となる鉄が不足していたため、ドラム缶の鉄底をハンマーで叩いて一つひとつ鍋を作っていたのだという。
これこそが今に続く同社の「打ち出し式」製法の原点だ。

鍋そのものが貴重だった時代、手作りの鍋は料理人の間でも評判を呼び、全国各地から注文が入るように。その後、機械化にも成功し、一日4~5個作るのが限界だった中華鍋を数百個作れるようになった。「作った鍋を何枚も背中に担いで売り歩いていた父の姿を覚えている」という。1983(昭和58)年には現所在地へ工場を移転。父親のもとで職人として働いていた豊明さんが社長を受け継いだ。
 


技術を生かし中華鍋以外の製品を作ることもある

現在、工場で働く職人は自身の息子3人を含む7人。取引を行う問屋は100社以上。専門店やネットショップにも流通しているので、プロアマ問わず愛用者は多い。直販でないため市場での価格はまちまちだが、一般的な鍋(片手中華鍋で1500~3000円程度)より少しばかり値は張る。しかし、横浜中華街にある中華料理店の多くが同社の鍋を使用しているという話もあるほどだ。
「数ミリ単位の注文など毎回違ったオーダーがくるんだよ。それをどうやって作ろうかと頭にイメージするのがおもしろい。ものづくりの楽しさだよね」と山田社長は話す。

ここで社長から、「工場の様子でも見学していくかい?」とありがたい提案が。
中華鍋が作られる工程を実際に見せていただけることになった。


「打ち出し」の極意を学びに工場へ! 詳細は次のページ!≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事