ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    奥多摩の御岳山には横浜市内の講の石碑が幾つか見受けられますが、横浜市港北区鳥山町の御嶽講の石碑は立派です。確かに横浜市東部と御岳山は武蔵國繋がりですが、御岳山信仰関連の神社や所縁は横浜市にあるのか?御...

    ナチュラルマンさん

    イオンウォーターのCMに出てくる電車が相鉄に見えますが、どこで撮影してるのか調べてください。https://www.otsuka.co.jp/adv/ion/

    よこはまんごーさん

    プリンで有名なマーロウ。逗子駅前店で乾燥ワカメ売ってて、「ここは何屋?」と思ったら、逗葉新道店では、魚介類や野菜の販売とかもやってるらしくて不思議です!本店はレストランやってるし、マーロウさんは各店舗...

    タロー先生さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

なぜ京急の「京急ウィング号」は横浜駅に停車せず、通過するのでしょうか?横浜駅停車のニーズはものすごく高そうですが、理由が気になります。(hirokazyさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

もともと上大岡以南へ向う乗降客をターゲットにしているため通過。今後横浜駅を停車駅にする予定は未定

ライター:松宮 史佳 (2014年08月27日)

乗降客が多い横浜駅。特急より停車駅の少ない「快特」も横浜駅を停車する。だが、その横浜駅を通過する「京急ウィング号」という電車があるらしい。一体ナゼなのか? 最近では某鉄道マンガにも登場し、“さらに有名人”の京急広報・飯島さんに問い合わせてみることに!

「京急ウィング号」は1992(平成4)年4月16日より運行開始。現在は1998(平成10)年2月に登場した2100形を使用している。車内は2ドアになっており、「心地よい乗り心地」を追求した車両。ちなみに車内中央(ドア間)にある座席は進行方向に“自動転換(固定)”できる。
 


“乗り心地”を追求したという2100形(画像提供:京急電鉄)


“2ドア”とは「1車両につき、ドアが片側に2つ配置されている」という意味。京急の車両は3ドアがほとんど。だが、1951(昭和26)年に2ドアの500形が「戦後初のセミクロスシート」としてデビュー。以来、2ドアは京急の伝統と言える車両なのだ!
 


500形は「三浦海岸や三崎口に行く観光客をターゲットにしていた」(画像提供:京急電鉄)


ちなみに“セミクロスシート”とは、ロングシート(線路と平行に並んでいる座席)とクロスシート(枕木と平行・車体に対して直角に並んでいる座席)を1つの車両に配置しているという座席の呼び方。
 


長いのでロングシート(画像提供:京急電鉄)
 

直角だからクロスシート・・・・と名前のままなので「わかりやすい」(画像提供:京急電鉄)


ところで“2ドア”のメリットとは何か? “2ドア”は“3ドア”に比べ、座席数を増やすことができる。京急ウィングは三崎口駅から品川駅まで走行しているので、都内に通勤する長距離の利用客も多い。そのため「京急ウィング号」は座席数が多い“2ドア”の2100形を使用しているのだ!
 


三崎口から品川駅までと「走行区域はかなり長い」


「京急ウィング号」の2100形は8両編成。全部で10編成。そのうち、9編成は赤と白の塗装を施したもの。残りの1つは青色塗装の「京急ブルースカイトレイン」とのこと。
 


こちらが赤と白の塗装を施した2100形(画像提供:京急電鉄)
 

わずか1両しかないレアもの(画像提供:京急電鉄)




横浜駅に停車する予定は!?

「京急ウィング号」は品川駅から京急久里浜駅・三崎口まで走行。品川発・午後6時45分発の1号から午後10時05分発の11号まで20分間隔で運転(1~3号は京急久里浜駅行き、4号~11号は三崎口駅行き)する。通勤客をターゲットにしており、平日・下りのみ運転。停車駅は下記の通り14駅。

品川駅 - 上大岡駅 - 金沢文庫駅 - 金沢八景駅 - 横須賀中央駅 - 堀ノ内駅 - 新大津駅 - 北久里浜駅 - 京急久里浜駅 - YRP野比駅 - 京急長沢駅 - 津久井浜駅 - 三浦海岸駅 - 三崎口駅

「京急ウィング号」の停車駅はどのようにして決定するのか? 飯島さんに伺うと「運行状況やニーズから折を見て判断する」とのこと。そのため、「停車駅は変更されてきた」。

運行開始をした1992(平成4)年は現在11号まである京急ウィング号のうち、1号から8号までしか運行しておらず、すべて京急久里浜行きだったという。停車駅も品川駅―上大岡駅― 金沢文庫駅 ― 横須賀中央駅 ― 堀ノ内駅 ―京急久里浜駅と6駅しかなかった。

運行開始から運行区間&停車駅変更の歴史

1993(平成5)年 京急ウィング4~8号の終点を三崎口まで延長
1996(平成8)年 京急ウィング9・10号の運転開始
1999(平成11)年 新大津・北久里浜両駅に停車(快特の停車駅変更に伴うもの)
2000(平成12)年 京急ウィング11号の運転開始
2010(平成22)年 金沢八景駅に停車(快特の停車駅変更に伴うもの)



次に料金について。品川駅から乗車する場合は乗車券のほかに200円の「着席整理券」を購入する必要がある。「着席整理券」は品川駅で販売。乗車5分前まで購入可能。上大岡駅より下りの駅からは「着席整理券は不要」。そのほか、携帯電話やスマートフォンから購入できる「京急ケータイdeウィング」というサービスも。
 


品川駅にある「着席整理券」売り場


たとえば京急ウィング1号は品川駅~上大岡駅間(30.8km)を約32分で運転しており、この区間の平均速度は「時速約58kmです」と飯島さん。ちなみに「最高速度は120km」。

京急の横浜駅を利用する乗客は「沿線で1番多い」。なのにナゼ横浜駅に停車しないのか?

飯島さんによると、「京急ウィング号」は品川駅から「上大岡駅以南の乗客の方に利用していただきたい」と運行しているそうだ。そのため「横浜駅には停車しない」とのこと。
乗降者数は非公開だが、利用客からは「座れるのでうれしい」との声が寄せられ、大変好評だとか。

今後、「横浜駅を停車駅にする予定は?」との問いには「未定」とのことだった!
 
 
そしてもちろん「京急ウィング号」に乗ってみる! ワックワク!!
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事