ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜のお花見スポット2017 〜シーン別桜の名所15選〜 [はまれぽ.com]
まちの不動産屋さん

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    青葉区役所が青葉ブランドのお店を選びました。それぞれのお店を取材して、オススメの料理や商品、そして、これならリーズナブルという料理や商品を紹介してください。

    iRiさん

    もうすぐ横浜環状北西線のシールドマシンが発進するようです。発進式の様子や工事の進捗状況を調査してください‼️

    エビフライチャーハンさん

    大岡川お花見クルーズ,興味あります。行けそうもないので,代わりにレポートしてくれたら嬉しいです。http://www.keihinferry.co.jp/event/ohanami2017/

    ossangenerateさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

そろそろは花見シーズン。どの場所の桜が好きですか?

三溪園
金沢自然公園
三ツ池公園
こども自然公園
大岡川
三ツ沢公園
根岸森林公園
掃部山公園
その他
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
2位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
3位
【はまれぽ名作選】運転免許試験場の周辺で営業している「裏校」。どうやって試験問題を入手してるの!?
4位
【後編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
5位
川崎駅前に九龍城?!ウェアハウス川崎店ってどんなところ?
6位
【はまれぽ名作選】ディープすぎて入れない!? ライター松宮が大雪の中、福富町にある「エイトセンター」に突撃!
7位
『タラレバ』や『明日婚』も! 横浜のロケ地巡り「冬ドラマ編」!
8位
何でも自動販売!? 戸塚の自販機店「ピープル」とは?
9位
横浜DeNAベイスターズの新拠点「THE BAYS」の内部を一足お先に大公開!
10位
“まちの宣伝本部長”の効果を徹底検証! 『横浜アト街ック天国』! 横浜八景島
11位
横浜スタジアムが2020年までに6000席の増席をするって本当?
12位
荒海を乗り越える海賊船団、プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の魅力とは?
13位
【編集部厳選】タダで連休を楽しみたい! 横浜「0円スポット」!
14位
【はまれぽ名作選】中華街の手相占いは、どこの店も同じ結果が出るって本当?
15位
【編集部厳選】あの名曲はでっち上げ? 横浜と「歌」の不思議な関係!?
16位
【編集部厳選】横浜の「最古」をめぐる旅!
17位
【編集部厳選】「五霊」って何て読む? 間違えやすい地名を、正しく読めるか!?
18位
敷居が高そうな新山下の倉庫街にある「横浜クルージングクラブ」って気軽に入れる?
19位
横浜DeNAベイスターズが導入したVRシステム「iCube」ってなに?
20位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月2日~3月8日)
21位
横浜に安くて感じのよいラブホはあるのか?
22位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(2月23日~3月1日)
23位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月9日~3月15日)
24位
【横浜周辺で遊ぼう】今週のオススメイベント情報(3月16日~3月22日)
25位
普段は入れない大さん橋の岸壁で初開催!? 「大さん橋マルシェ」とは!?
26位
栄区にある一見居住用マンションのようなラブホテルで大人の願望を解き放つ!? ホテル愛愛賓館でライター・山崎が××!
27位
【はまれぽ名作選】白楽駅の近くにお洒落でイケてる伝説の映画館があった!?当時の貴重な証言とともに徹底レポート!
28位
上大岡にあるデニーズ1号店、「らしさが皆無」なのは本当?
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
野毛に大増殖中の「高級アロマエステ」は風俗店か? 突撃取材!
町のかかりつけ医・関内編
ハマの永遠番長! 横浜に野球人生を捧げた、三浦大輔さんを徹底解剖!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!
教えて○○さん!
イベントカレンダー2017年3月

横浜のココがキニナル!

映画やドラマ、そしてCMのロケ地として有名な旧県立三崎高校校舎が解体されることが決まりました。これを惜しみ今まで撮影された本数、作品名が知りたい(八景のカズさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

旧神奈川県立三崎高校で撮影された映画、ドラマ、CM、PVは500本以上にのぼる。解体を惜しむ声はあるが、三浦市の未来には必要な決断だった

ライター:やまだ ひさえ (2016年02月04日)

神奈川県立三崎高等学校。

2004(平成16)年、神奈川県の県立高校改革推進計画によって、同じ三浦市内にあった県立初声(はっせ)高校との統合が決まり、閉校になった高校だ。

今では「旧」という字がつくようになってしまったが、国道134号線がUターンする三角地点、三浦市の中心にある旧県立三崎高校は「三高(さんこう)」の愛称で地元では親しまれてきた。
 


三浦市初声町下宮田(はっせまちしもみやだ)にある旧県立三崎高校跡地
 

「三浦市」の文字のある場所が旧県立三崎高校跡地

 
地図で見ると三浦市の中心にあるのが分かる。

閉校後、映画やドラマ、CMなどのロケ地として数多く利用されてきた県立三崎高校が、とうとう解体されるという。

その一方で、閉校後から跡地利用に関しては市民の関心は高かったのも事実だ。その経緯を追ってみた。



閉校から12年で500本以上の撮影

三浦市三崎。港に面して広がる下町の商店街の一画に、三浦市でのロケのコーディネートを行っているNPO法人「みうら映画舎」がある。
 


三崎港のほど近くに「みうら映画舎」がある
 

NPO法人「みうら映画舎」

 
みうら映画舎は、2004(平成16)年、三浦市と民間が一体となって設立されたNPO法人。メディアを活用しながら10年先を見据えて三浦市を観光地にしようと始まったまちおこし事業だ。
 


三浦市内でロケを行った映画のポスターや出演者のサイン

 
「ロケのコンビニ」をモットーに、映画、テレビ、雑誌、CMなど、三浦市内でロケを希望する制作会社から依頼を受け、公共施設の使用に関する手続きや立ち会い、ロケハン、宿泊先の紹介、エキストラやロケ弁の手配などのコーディネートを行っている。
 


テレビドラマのロケも多い
 

壁一面、サインとポスターで埋め尽くされている
 

ロケで使われた小道具も展示されている
 

台本の数がロケの本数

 
映画舎内は、無料で誰でも見学できる。取材では許可をいただき特別に撮影をさせてもらったが、基本的に内は撮影禁止だ。

ただ、許されている場所もある。TOKIOの長瀬智也さん主演で、2013(平成25)年1月から日本テレビで放送されたテレビドラマ『泣くな、はらちゃん』の衣装と小道具が展示されている記念撮影コーナーだ。
 


『泣くな、はらちゃん』記念撮影コーナー

 
『泣くな、はらちゃん』は、三崎の町を中心に城ヶ島など市内でロケが行われた作品。ロケ地マップも展示されている。
 


ロケ地マップ

 
「記念撮影はこんな感じです」と、気軽にモデルを務めてくれたのは、みうら映画舎の理事長の土田成明(つちだ・なりあき)さん。旧県立三崎高校でのロケ状況の推移と解体について話を聞いた。
 


理事長の土田さん

 
みうら映画舎がスタートした当初は、市内で行われたロケの70%が、旧県立三崎高校を使ったものだった。5年後には50%になったが、これまで手掛けてきた約1200件のロケのうち約500件の撮影が行われている。

全てを記載するのは無理なので、映画やドラマなどから主だったものを表にしてみた。
 


旧県立三崎高校で行われた撮影 (みうら映画舎HPより)
(抜粋部分をクリックして拡大)

 
2005(平成17)年には黒木メイサさんが出演した『着信あり Final』、2006(平成18)年には『東京タワー オトンとボクと、時々、オカン』、2010(平成22)年の撮影された『タンブリング』は、旧県立三崎高校以外に三崎の下町も舞台になった。
 


タンブリングも旧県立三崎高校で撮影された
 

ロケの使われた小道具。本物です

 
2011(平成23)年には、学校を舞台にした『こっくりさん 劇場版』、2012(平成24)年、ハリウッドでリバイバルもされた映画『貞子3D』と、同じく学校を舞台にした映画で『悪の教典』も撮影されている。
 


『悪の教典』で使われたセットが展示されている

 
旧県立三崎高校が使われたのは映画やドラマの撮影だけではない。

2007(平成19)年から2010(平成22)年にかけては、「ロックの学園」というイベントも行われ、夏の風物詩として人気を博した。
 


日本を代表するロックミュージシャンも来校した

 
ミュージックビデオの撮影では松任谷由美、乃木坂46、氣志團がロケを行っているし、EXILEがスチール撮影も行っている。
 


ミュージックシーンにも活用されてきた

 
映画、ドラマ、ミュージックビデオ、CM、スチールなど、閉校からたった12年で500本以上の撮影が行われた旧県立三崎高校。特に学校を題材にしたものには欠かせない存在だった。
 


たくさんの学園ドラマの舞台になった
 

旧県立三崎高校で行われた撮影風景

 
映画やテレビ、雑誌などの業界関係者に注目を集めた理由は、立地条件にあると土田さんは話す。

東京都内から旧県立三崎高校まで、高速道路を使えば2時間ほどで着ける。忙しいタレントを拘束するうえで、日帰りができる利便性の良さが重宝された一因だ。
 


都内から2時間かからない

 
業界関係者からも解体を惜しむ声が多い旧県立三崎高校だが、解体には理由があると土田さんが教えてくれた。

校舎の老朽化だ。

閉校して12年。これまではみうら映画舎が中心となって掃除などの管理を行ってきた。しかし、漏電や漏水が進んだことで、これ以上は撮影時の安全が確保できないということで、2015(平成27)年4月、撮影の中止を判断。

三浦市もその結果を受け入れ、翌5月から、旧県立三崎高校での撮影を取りやめた。
 


老朽化が進む旧県立三崎高校

 
「生徒の姿が消えて12年もの間、撮影に使えたのは奇跡」だと土田さんは話す。
 
 
「三高」の歴史は?≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

「熱闘!家系甲子園」

『あぶない刑事』に登場した横浜市内のロケ地めぐり!

横浜のロケ地めぐり「サスペンスドラマ」特集!