ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

金沢八景の再開発、進展は?(kirimisoさん、ラブンコさん、nobさん、hiroyukiさん、ターサンさん、TNCさん、bausackさん、粗茶さん)

はまれぽ調査結果

2016年6月10日から本格工事が開始。京急とシーサイドラインの金沢八景駅を約58メートルの自由通路で結ぶ。2019年3月末に完成予定

ライター:はまれぽ編集部 (2016年06月15日)

30年越しの工事

1986(昭和61)年の事業計画決定から30年。金沢八景駅の再開発が本格的に動き出した。
 


工事が始まった京急金沢八景駅周辺(2016年6月撮影)
 

2012(平成24)年にはまれぽが取材した時点では「2016年に京急とシーサイドラインの連結に向けて調整中」となっていたが、現場を見る限りは、工事は完成していない。

現状はどうなっているのだろうか。また、工事はいつまでかかるのか。横浜市都市整備局市街地整備部市街地整備調整課の大城俊司(おおしろ・しゅんじ)課長、安藤あらた担当係長、同部金沢八景駅東口開発事務所・高田剛維(たかだ・たけゆき)担当係長に聞いた。
 


(左から)高田担当係長、大城課長、安藤担当係長
 

大城課長によると、2016(平成28)年6月10日に始まったのは京急と金沢シーサイドラインの金沢八景駅を結ぶ東西自由通路の架設工事。
 


 


現在のシーサイドライン金沢八景駅
 

完成する東西自由通路のイメージ(横浜市ホームページより)
 

また、金沢八景駅の駅前広場は狭小だったことに加え、駅前のギリギリまで車が通ること、京急とシーサイドラインの乗り換えで混雑する、といった不便さがあった。
 


駅前には歩道もなく、車と歩行者の間隔が狭い(2012年撮影)
 

「金沢八景駅東西自由通路」は駅周辺の交通結節点としての機能向上を図るため、京急・シーサイドラインともに新駅設置。橋上化(きょうじょうか)して両駅を結ぶ。その際、現在のシーサイドライン金沢八景駅は暫定駅のため、撤去する。
 


シーサイドライン金沢八景駅は「暫定駅」
 

自由通路の幅は約4.5メートルから10.0メートル。高さは東口が約11メートル、西口が約9メートル(ともに海抜13.0メートル)となり、東西にエレベーター各1基を設置する。
 


 

自由通路の断面イメージ(横浜市ホームページより)
 

自由通路も駅前広場も2019年3月末の完成予定。
 


工事の完了は2年以上先のこと
 

また、横浜市認定歴史的建造物である木村家住宅主屋(旧円通寺客殿)を中心に、歴史的風致や景観を保全していくための「金沢八景西公園」の整備も併せて進める。
 


(4)が公園整備部分(同)
 

木村家は一度解体して移動するという
 

すべての工事は2019年3月末までに終了。その後、利便性向上や輸送力強化のため、金沢シーサイドラインを複線化していくとしている。
 


整備スケジュール(クリックして拡大)
 

工事完了予定が前回の取材から約3年遅れの2019年3月末になったことについて、大城課長は「自由通路だけでなく、木村家や土地区画整備など複動的な事業なので、どこかがずれると、全体がずれる。予定の工期に間に合わせるのでなく、安全を重視した結果」と話していた。

再開発事業全体の総工費は約201億5000万円だったが、工期の延長による増額はないという。


待ちわびる住民、見通したたぬ小売店・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

おすすめ記事