ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

キニナル水着女子2017
横浜生まれのアナウンサー 渡辺真理さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年7月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    横浜市の小学校の給食にでてる紙パックの牛乳が販売されてるお店があるか気になります。小学生の頃、毎日のように飲んでたあの牛乳が一般人でも入手可能なのか知りたいです。

    コウフォトさん

    久里浜港近くの三富屋直売所が気になります。金土日月しか営業していなお店で可愛いおじいちゃん、おばあちゃんが笑顔で迎えてくれます。コロッケやメンチカツが安くて美味しいお店です。この店の正体を調査願います...

    Lewisさん

    山手カトリック教会の脇に住んでいます。毎晩、1時間に1回ほどの間隔で(何分かは不定期)、"プ~、ファ~"とラッパの音が聞こえてきます。そのうち、21~22時台には、ラッパの直後に鉄...

    たなやんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

アクセスランキング

ジャンル
1位
本日オープン! 「川崎のれん街 ほのぼの横丁」を全店舗制覇!
2位
開店したらすぐ閉店? 戸塚の伝説のラーメン店「カミカゼ」に突撃!
3位
家系ラーメンの風雲児! 多店舗経営で独自の存在感を放つ「ウルトラフーズ」を調査!
4位
「かっぱ寿司」食べ放題の全88種を男2人で制覇できるか!?
5位
【はまれぽ名作選】横浜で美味しいうなぎが食べられるお店はどこ?
6位
【ニュース】横浜で「一番高い」ビアガーデン!
7位
【編集部厳選】麺を啜れ! 家系・二郎「じゃない」横浜のラーメン特集!
8位
エビが立っている!? 大船の老舗定食屋「ときわ」へ突撃!
9位
横浜のベストな「から揚げ定食」を探せ! 「六角橋商店街周辺の『隠れ』から揚げ定食」編
10位
【はまれぽ名作選】超ディープ! 鶴見川沿いに突如現れる駄菓子屋で定食屋で飲み屋の「何屋なのか分からない店」に突撃!
11位
【編集部厳選】暑いからニンニクたっぷり食べてスタミナつけよう!
12位
【はまれぽ名作選】横浜最古の酒場はどこ!?
13位
【はまれぽ名作選】昭和のノスタルジーを感じさせる横浜の酒場めぐり。絶品鳥料理をいただける、西横浜「やまと」編
14位
本牧のソウルフード! 四角いピザを食べられる店が増えているって本当?
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
【はまれぽ名作選】居酒屋チェーンの「養老乃瀧」、1号店は横浜って本当? 
17位
【編集部厳選】食欲がわかない暑い日は、おそばをすすろう!
18位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
19位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
20位
横浜の老舗大判焼き店「おすとあんでる」。包み紙に隠された謎の挿絵の正体は?
21位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.2』~「ジントニック」とイロハ~
22位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
23位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.1』〜「マティーニ」とバー初心者〜
24位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
25位
体温を下げて夏バテ防止になる料理って!? 教えて○○さん! イタリア料理編
26位
ライター松宮が体を張って検証!野毛の三大にんにく料理をはしごすると、臭いはいつ消える!?
27位
古き良き昭和の味! 5席しかない? 大船の激セマ老舗ラーメン店「天龍」に突撃!
28位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
29位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
30位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

京急線の終点は、三浦半島内部の三崎口。でも、実は三崎港や油壷まで延伸の予定があったと聞きました。開発計画の詳細と頓挫の経緯について調べてください(bausackさん)

はまれぽ調査結果

三崎口駅から三戸(みと)、小網代(こあじろ)を通り油壺まで延伸をする予定も、人口減少や地価の下落などにより2016年、凍結を発表。今後は未定

ライター:やまだ ひさえ (2016年07月29日)

2016(平成28)年7月6日。京浜急行線三浦海岸駅で1つのイベントが行われた。翌7日に開業50周年を迎える同駅を記念した催しだ。

太田芳孝(おおた・よしたか)三浦海岸駅長から任命を受け、「なぎさイメージガール」の武田(たけだ)あやなさんが1日駅長を務めた。
 


太田駅長と武田さん
 

水着姿で三浦海岸駅をPR
 

三浦海岸駅が開業したのは、1966(昭和41)年7月7月。三浦市内で最初の鉄道の駅だった。
 


待ち焦がれた開業だった
 

開業当時の同駅(提供:京浜急行電鉄)
 

同駅の開業から2年後の1968(昭和43)年には、京急油壺マリンパークがオープンしたこともあり、地元では油壺まで、さらに三崎港まで路線が延長されるだろうと思っている人は多かった。
 


京急の施設がある油壺まで路線延長は確実だと思われていた
 

1975(昭和50)年4月26日には三崎口駅開業。路線は、油壺へと近づいていった。
 


三崎口駅と油壷地区の位置関係

 
次の駅への期待が高まっていた(同)
 

現在の三崎口駅
 

しかし、三崎口駅開業から41年を迎えた2016(平成28)年現在、路線は延伸されていない。



延伸計画凍結の経緯

京急は、2016(平成28)年3月、三崎口駅からの延伸計画の凍結を発表した。
 


三崎口駅ホーム。線路は油壺に向かって続いている
 

なぜ凍結に至ったのか。京浜急行電鉄株式会社総務部広報課の宮本幸彦(みやもと・ゆきひこ)主任に聞いてみた。

同社が京急久里浜線の延伸計画のために、横須賀市の堀ノ内(ほりのうち)から三崎間の事業免許を取得したのは1923(大正12)年のこと。

軍都・横須賀を抱えた三浦半島は旧日本海軍、陸軍の施設が多く、戦後になって延伸のための体制を整えることができた。
 


昭和30年代前半、延伸工事のために集められた資材(『ふるさと横須賀』より)
 

三浦海岸駅に続き開業した三崎口駅は、延伸計画のルート上でバスの乗り継ぎを考慮し、国道134号線と交差する場所に造られた。
 


国道134号線に面している
 

駅の目の前がバスロータリー
 

駅を開業する詳細な場所は未定だが、その後は三戸(みと)地区、小網代(こあじろ)地区を通り、油壷周辺まで延伸の予定だった。

しかし、京急は1970(昭和45)年に油壷~三崎間の免許を、2005(平成17)年に三崎口~油壺間の免許を取り下げている。
 


延伸は凍結された
 

凍結の理由について京急では、「鉄道用地確保を農地造成、区画整理事業などと合わせて行う予定だったが、事業の進捗に長期間を要することから、いったん免許の取り下げを行った。ただ、周辺地域の開発の進捗にともない、事業の収支などを再検討したうえで、再度、申請を行う予定だった」と回答している。

また、「2017年3月期を初年度とする経営計画の策定にあたり、三浦半島における人口減少や地価の下落などを踏まえ、三崎口~油壺間の延伸事業と、同区間内の三戸、小網代地区の土地区画整理事業などによる大規模宅地開発事業の凍結を発表した」としている。
 


三浦市の人口は減少を続けている(三浦市役所HPより)
 

地区別にみると、三浦海岸駅のある南下浦(みなみしたうら)地区や三崎口駅のある初声(はっせ)地区に比べ、駅のない三崎地区の人口減少が著しい。
 


三崎地区の人口減少は切実な問題だ
 

三浦市は、神奈川県の市では唯一の消滅可能性都市だ。

人口減少対策は、市全体で取り組んでいる課題であり、達成のために重要な役割を占める三崎口駅以南の延伸計画も、「三浦市都市計画マスタープラン」の中で重要課題として取り組んできた。

今回の京急の凍結決定を受け、市では「さまざまな機会を捉えて(延伸に向けて)働きかけていきたい」と回答している。
 


延伸計画凍結後も働きかけは続く
 


なぜ凍結?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

この夏は大磯ロングビーチへ! 大磯ロングビーチ×はまれぽ

2週間お試しで三浦市に泊まれる「トライアルステイ」とは?

衰退した三浦市の老舗酒店に泊まる「ゲストハウスプロジェクト」