検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
  • はまれぽ.com無料掲載について

ココがキニナル!

横須賀の不入斗(いりやまず)で女児が金槌で殴られる事件が。横須賀の人に聞くと不入斗は昔から治安が悪い,、ヤバイやつが多いと・・・なぜ?地名も独特ですし(なっちゃんさんさん)

はまれぽ調査結果!

悪評は軍都として発展を遂げてきた横須賀の負の遺産の連鎖だと思われる。ただ、現在は治安の悪さを感じさせない閑静な住宅街になっている

  • LINE
  • はてな

2017年05月26日

ライター:やまだ ひさえ

2017(平成29)年1月23日、横須賀市で衝撃的な事件があった。

同日午後3時45分ごろ、横須賀市坂本町(さかもとちょう)1丁目の路上で、下校途中の小学校3年生の女子児童が背後から追い抜いてきた男に振り向きざまに鈍器のようなもので殴られた。
 


事件を伝える神奈川新聞の記事
 

事件はこの路地で起こったもよう
 

横須賀警察署は、現場近くの防犯カメラの映像から容疑者を絞り込み、事件から4日後の27日、傷害の疑いで容疑者を逮捕した。
 


容疑者逮捕を伝える神奈川新聞の記事
 

事件があったのは「坂本町1丁目」なのだが、キニナルの投稿者でも、ほかのインターネットの記事でも「不入斗町(いりやまずちょう)の路上」となっているものが多い。
 


「不入斗の路上」と報道するネット記事
 

なぜ、このような誤解が生まれたのだろうか。

地元出身の筆者が思い当たるのが、地理的な問題だ。実は、坂本町と不入斗町は隣接した地域なのだ。
 


赤い印の部分が坂本町1丁目
 

坂本町1丁目の右側に広がっているのが不入斗町なのだが、現在の不入斗町は、総面積163ヘクタール(163万平方メートル、横浜スタジアム約62個分)を有する総合運動場「不入斗公園」を中心に閑静な住宅街が広がっている場所だ。
 


公式競技が開催できる公園内の陸上競技場
 


メイン(左)とサブのアリーナもある
 


周辺にはマンションや住宅が立ち並ぶ
 

なぜ坂本町で事件が起きたのに、不入斗町の名が出てくるのか。國學院大學文学部兼任講師であり、横須賀市市史資料室で横須賀の軍事を中心に研究をしている高村聰司(たかむら・さとし)さんにお話を聞いてみた。
 


市史資料室がある横須賀市立中央図書館
 

高村さん
 

「不入斗に悪いイメージが付いて回るのは、横須賀が軍都だったことに関係していると考えられます」と高村さん。その真意を教えていただいた。



不入斗という場所

「不入斗」の地名の由来には、年貢(斗)を納める(入)必要がない(不)ほど位の高い人物の直轄地だったからとか、年貢(斗)として納め(入)る米が取れない(不)ほど土地がやせていたから「いりやまず」とついたなど、諸説ある。

東京湾に面した一寒村だった横須賀。その名が歴史の表舞台に登場するようになるのは、1865(慶応元)年9月27日、「横須賀製鉄所」の鍬入(くわいれ)式からだ。
 


明治時代初期の横須賀製鉄所(提供:横須賀市役所)
 

江戸幕府の終焉(えん)により明治新政府に全権が移譲。1871(明治4)年には「横須賀造船所」と名称を変更した。海軍省の所管となり、艦船や軍事物資の生産が急ピッチで行われた。

さらに1884(明治17)年に横須賀鎮守府が設置されたことで、本格的に軍都としての発展が始まった。
 


大正時代初期の横須賀鎮守府(『ふるさと横須賀』より)
 

拡大を続ける海軍に一歩遅れをとる形で陸軍の拡充も行われていった。

明治10年代には東京湾沿いに砲台が次々に設置され、東京湾要塞地帯が形成。総括するための「東京湾要塞司令部」も設置された。
 


東京湾要塞司令部(『横須賀案内記』より)
 

「陸軍の部隊が置かれたとはいえ、規模は海軍のほうが大きかった。海軍の街にあった陸軍。軍都・横須賀で、陸軍はそういう立場でした」と高村さん。

横須賀は三浦丘陵が貫く街。海岸線にのびる平地から一気に丘陵になっている。

移動がしやすい海岸線がある、下町(したまち)と呼ばれる場所に部隊や施設を配備していたのは海軍。一方の陸軍は丘の上、上町(うわまち)と呼ばれる場所に施設を配備した。そこが不入斗だ。
 


不入斗に陸軍の施設が集中していた(『新横須賀市史別版軍事』より)
 


海軍と陸軍を結んだ平坂。かなり急坂だ。
 

陸軍は、東京湾要塞司令部を中心に、横須賀重砲兵連隊、陸軍不入斗練兵場を配備していた。
 


東京湾要塞司令部の跡地は現在、「横須賀市立うわまち病院」に
 

1890(明治23)年、砲台の砲兵を教育・訓練するため、不入斗に「要塞砲兵第一連隊」が誕生。翌年、「東京湾要塞砲兵連隊」と改称し、日露戦争にも出兵した。

その後、幾度かの改称ののち、1920(大正9)年、「横須賀重砲兵連隊」となった。明治時代に作られた貴重な遺構は、横須賀市立桜小学校、坂本中学校の門として現在に残る。長さ150メートルもある兵舎は、東洋一の規模を誇った。
 


横須賀重砲兵連隊(『横須賀案内記』より)
 

現在も営門が残っている
 

大正時代初期の重砲兵連隊兵舎(『ふるさと横須賀』より)
 

桜小学校の校庭には連隊跡の碑がある
 

重砲連隊の所属していた兵たちの訓練のために造成されたのが、不入斗練兵場だ。乗馬の練習、射撃訓練などが行われた。
 


陸軍不入斗練兵場(『横須賀案内記』より)
 


現在は前述した不入斗公園になっている
 

陸上競技場や総合体育館、温水プールなどがある市民の憩いの場だ。
 


軍の施設であったことの転用を伝える「軍転記念の塔」
 


広大な敷地を有していたことが分かる
 

明治時代から太平洋戦争まで陸軍の施設があった不入斗。なぜ、現在まで風評被害が続いているのか。その背景には横須賀で大きな権力を持っていた海軍の存在があった。


海軍の「負の遺産」とは?・・・キニナル続きは次のページ≫
 

おすすめ記事

「ずらあ~っ」と並んだちょっと怖い横須賀の稲荷神社とは?

横須賀の米軍施設を影で支える企業があった!? 日本の安全をメンテナンスする「ニッカイ」

  • PR

横須賀を作り上げた英雄・デッカー司令官って何者? 前編

職人の味を気軽に味わう! お祝いにも、いつもよりちょっと特別な時も、みんなで行きたい「松葉寿し」

  • PR

横須賀を作り上げた英雄・デッカー司令官って何者? 後編

残業後でも間に合う! お手入れしやすいヘアスタイルをトップレベルの技術で実現する「TAKASHI」

  • PR

「みなとみらい」らしからぬ?すずかけ通りのそば屋とピンク色マンションの謎に迫る!

「宮崎」を召し上がれ!宮崎生まれのオーナーと料理長が送る、横浜駅西口にある絶品鶏料理「いっちゃが」

  • PR

新着記事

横浜の運送会社「大松運輸」って、休みも取りやすく働きやすいホワイト企業って本当?

    • PR
  • 2018年06月18日

横浜生まれのプロレスラー、鈴木みのるさんを徹底解剖!【前編】

    • 面白かった450
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2018年06月19日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー

はまれぽ編集部のイチオシ

保険の疑問や不安に応えてくれる地域密着の保険ショップ「保険ラウンジ mioka上大岡店」

  • PR

「税金のことならお任せください」はもう古い。税務に限らず何でも相談できる「岡崎税理士事務所」

  • PR

万が一「介護」が必要となったときも安心!介護業界で最先端を走る戸塚区「クラシック・コミュニティ横浜」

  • PR

横浜市内に笑顔増殖中! 陽気な外国人スタッフが家の困りごとを一気に解消「アミーゴ家事サービス」

  • PR

地域に密着し、ベストな保険プランを構築し、アドバイスしてくれる保険代理店「ほけんのいっぽ」

  • PR

顧客メリットを優先した安心の価格と高い技術力。板金塗装のスペシャリスト「整興モーターサービス」

  • PR

秘密はオーナーの程よい“ゆるさ”! 反町にある口コミで大人気の理容室「φ(ファイ)」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

横浜屈指のパワースポットを目指して、眺望も楽しめる「LM総合法律事務所」

  • PR

ステッカーの制作現場に潜入! ノベルティや看板の制作なら井土ヶ谷の「株式会社グランド」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 白楽駅から妙蓮寺方向に5分ほど歩いたところ左手に新しいカフェができたようです。Rodiac Arke...

  • 大阪北部地震で発生した高槻市の寿栄小学校ブロック塀倒壊事故。最新ニュースでは上半分は後から単に積み重...

  • 来年の京浜急行本社移転にあわせて、デハ230の復元が展示に向けて進んでいますが、その時に一緒に復元展...

あなたはどう思う?

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

最近のコメント