検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 奥湯河原で過ごす特別な週末
  • 3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
  • 魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
  • 横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

ココがキニナル!

戸塚区俣野町にスイス人のアーノルド・ウイトリッヒ氏が寄贈した森「ウイトリッヒの森」があります。アーノルド・ウイトリッヒ氏の日本での足跡を含めてご調査いただけないでしょうか。(まさしさん)

はまれぽ調査結果!

ウイトリッヒ氏は戦前から戦後にかけて戸塚駅前から戸塚区俣野町にある「ウイトリッヒの森」へ引越している。戦前は農作業を、戦後は商社マンに!

  • LINE
  • はてな

2017年08月20日

ライター:関 和幸

「ウイトリッヒの森」は戸塚区の南西部に位置し、面積はおよそ3.2ヘクタール(野毛山動物園とほぼ同じ)の自然公園だ。横浜市のホームページによると、もともと1983(昭和58)年に亡くなったスイス人建築家のアーノルド・ウイトリッヒ氏が所有していた。

彼の死後、妻である津田ひ亭(つだ・ひで)さんが森を横浜市に寄贈し、それを横浜市が「市民の森」として整備したものだという。

 

横浜市のホームページ。森の概要が掲載されている

 
さっそく「ウイトリッヒの森」を管理する横浜市環境創造局に電話するも何も情報は得られず、ネットでも「ウイトリッヒの森」の散策記録のブログしか見つからなかった。これはもう、現地に行ってみるしかない。
 


戸塚駅に到着。ここから現地まではバスで15分ほど

 
 
 
謎の森、「ウイトリッヒの森」へ

戸塚駅西口のバスターミナルで藤沢ゆきのバスにのり、「聖母の園」バス停で降りた。GoogleMapによれば「ウイトリッヒの森」は、ここから徒歩で5分ほどの距離ということだったからである。
 


バス停前の国道1号線。この先が原宿の交差点

 
調査した当日は6月というのに真夏のような暑さで、そんな中住宅街を歩いていく。果たしてこんなところに森などあるのだろうか・・・そう思いつつ、先へと進んだ。
 


こんな住宅街を抜けると・・・
 

GoogleMapはこの先に進めと言う。とても公園の入口には見えない
 

本当に公園があるんだろうか・・・?
 

どんどん道は消えていく。足元もぬかるんでいく
 

ようやく整備された道に出た!

 
結局5分どころか15分以上は道なき道を歩かされたのだが、実は「ウイトリッヒの森」の本当の最寄りバス停は「原宿」または「国立病院前」。もし訪れてみようという読者はご注意いただきたい。さらに進むと次第に市民公園らしくなっていく。誰ともすれ違うことはなく、鳥や虫の鳴き声だけが騒がしかった。
 


休憩所。テーブルとベンチがある
 

正規の入口にあった看板。樹々に埋もれそうだ・・・
 

入口付近の公園案内図

 
ここから周辺の人に話を聞いてみることにした。まず公園案内図には「ウイトリッヒの森愛護会」と「横浜市南部公園緑地事務所」の名前がある。さっそく電話してみたが、ウイトリッヒの森愛護会は連絡がつかない(後日わかったことだが、同会はすでに解散していた)。また横浜市南部公園緑地事務所でもウイトリッヒ氏にまつわる情報はないとのことだった。
 
 
 
そこにあらわれた神の使い! だが・・・

そんな電話をしていると、目の前を二人のシスターが横切った。お話を伺うと、ウイトリッヒの森の横にある「マリアの宣教者 フランシスコ修道会 戸塚第一修道院」の方達だとのこと。ウイトリッヒ氏についてお話を聞くと、年配のシスターならなにか知っているかも・・・と言うことで、さっそく行ってみることに。
 


眩しくそびえる修道院

 
だが、院長先生など責任者の方々は会議中でお会いできなかった。やむなくウイトリッヒ氏のことを知りたいと伝え、後日電話でお話を伺うことに。結論から言うと、後日の電話でも特別な話は聞けなかった。

70代~80代のシスターでも生前のウイトリッヒ氏を知る人はいなかったそうで、90代以上のシスターが知っているかもしれないが、残念ながら話ができない状態で・・・とのこと。唯一伺えたのが、どうやらウイトリッヒ氏はニワトリを飼っており、その卵を修道院にくれたことがあったらしい・・・というエピソードだった。
 
 
果たして、ウイトリッヒ氏の謎は解けるのか?・・・キニナル続きは次のページ≫

 

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

戸塚区の住宅街、平日2時間だけ営業するラーメン店に突撃!

増改築からメンテナンスまで、住まいのことならなんでもおまかせ「システムショップはぎわら 金沢文庫店」

  • PR

ハマスタ約9個分?戸塚区で進む「舞岡リサーチパーク」構想とは

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

戸塚区秋葉町で発見! めちゃうま!? たまご自動販売機とは?

最先端の機器を使った治療と丁寧な説明。 地域の“目のかかりつけ医”をめざす「戸塚ヒロ眼科」

  • PR

2017年~2018年 大晦日から元旦にかけての電車運行状況

賃貸でもこだわりのマイホームを実現! 家族の健康を大切にしたお部屋探しなら「有限会社アーク・ケイ」

  • PR

新着記事

らぁ麺ランナーズ! 藤沢の「鴇(TOKI)」店主、第四走者・横山巧

    • 面白かった7
    • 面白くなかった1
    • コメント1
  • 2018年09月22日

磯子区杉田を自販機から見守る! 「ウメニー」っていったいなに?

    • 面白かった87
    • 面白くなかった6
    • コメント1
  • 2018年09月21日
花火大会特集2018:横浜・神奈川県内の花火大会情報
中華街/路地裏グルメ特集
イベントカレンダー
3連休がいっぱい。横浜〜みなとみらいへ行こう。
魅惑の桜木町・関内 〜もっと知りたい! 占いからグルメまで〜
横浜元町におでかけしよう! 〜異国情緒あふれるエキゾチックな街〜

はまれぽ編集部のイチオシ

裏横浜で絶品イタリアンをリーズナブルに味わえる「da TAKASHIMA(ダ タカシマ)」

  • PR

バイクを知り尽くした研究所? ネットや他店で購入した車両の整備も大歓迎! 「バイクラボラトリー」

  • PR

伊豆の海の旨い魚を味わいながら 落ち着いた大人の時間を満喫できる「お魚Diningわんだ」

  • PR

柔軟な思考を育て、分かる喜びを実感! 学習意欲を高め、集中力を育む指導力に優れた「おがわ教育研究所」

  • PR

「勉強は楽しい!」と皆が感じる空間に成績アップの秘訣あり。学習塾「FULLMARKSセンター南」

  • PR

受験対策はテスト対策にあらず。点数より、知ることへの興味を伸ばす「啓進塾 金沢文庫校」

  • PR

糖尿病を始めさまざまな疾病に対して豊富な知識と経験から最適な治療を見出す「陽和クリニック」

  • PR

決して周囲への配慮を忘れない。常に「顧客」の気持ちに立って工事を続ける「横浜総合建設株式会社」

  • PR

野毛のリトル大分で郷土料理と銘酒を存分に味わう「如水」

  • PR

型破りな教育スタイルで やる気と自信を育む「マツハシゼミナール」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 横浜市と川崎市の市境を挟んで整然と区画された二つの町があります。平安町(横浜)と京町(川崎)。両町の...

  • 京急が創業120周年を記念して、駅名変更を検討しているそうです。ひとまず、川崎市の産業道路駅の変更は...

  • 横浜市内に『筒香』さんというめずらしい名字の方は何人いるかな?やはりベイスターズファンかな?キニナル

あなたはどう思う?

横浜で紅葉を感じるならどこ?

最近のコメント