検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

京急大師線で、昔のカラーリングを復刻させた電車が走る!?

ココがキニナル!

京急創立120周年を記念したラッピング列車が大師線を走る。さらに優待きっぷの無料配布もあるとか?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

創立120周年記念の特別列車


 

京急大師線(だいしせん)に、往年の京急のカラーリングがよみがえる。
京急電鉄は、2018(平成30)年に創立120周年を迎えることにちなんで、記念のラッピング列車「京急120年の歩み号」の運行を開始する。列車は4両編成の各車両に過去の塗装を復活させ、大正から平成までの4パターンの塗装を見ることができる。
 


「京急120年の歩み号」のイメージ画像(提供:京急電鉄)
 

運行区間は京急川崎駅と小島新田(こじましんでん)駅を結ぶ大師線で、期間は2018年2月25日(日)から2019年2月24日(日)の1年間を予定。

今回大師線が選ばれたのは、 1899(明治32)年に六郷橋(ろくごうばし)駅(現在廃止)~大師駅(現・川崎大師駅)間が京急電鉄の前身、大師電気鉄道によって初めて開業された区間であるため。
 

今回復刻される大正生まれのデ51形の塗装(提供:京急電鉄)
 


2号車の赤と黄色の塗装のモデルとなった500形の模型
 


3号車は通常の1500形と同じく、赤いボディに細い白帯を巻く

 


4号車の塗装は普段、 2100形や1000形などで採用しているもの(提供:京急電鉄)

 

さらに内装も、往時の沿線写真や広告を掲載するとのことで、京急120年の歴史を懐かしむコンセプト満載の列車となりそうだ。
 
 
 

記念企画も目白押し
 
「京急120年の歩み号」の運行開始に先立って、 2月24日(土)には川崎大師駅限定で「京急創立120周年記念乗車券」の発売も開始する。3000セット限定発売に加えて、24日(土)の購入者には先着120名限定で川崎大師駅長との記念撮影ができる特典つきだ。

あわせて、「大師線をめぐるキャンペーン」も開催予定。こちらは大師線の各駅と沿線施設のスタンプを集めたら賞品を獲得できるキャンペーンで、スタンプを5個集めれば先着5000名にオリジナルメモ帳が、全11個を集めると京急線全72駅の記念入場券セットが抽選で120名限定でもらえる。
 


沿線マップもついてくる大師線スタンプラリーの台紙(提供:京急電鉄)
 

以前にも、キリンビール横浜工場とのコラボで貸切のビール電車を運転したりと、しばしばユニークなイベントが行われてきた大師線。今回は沿線の商業施設とタイアップしての企画で、沿線散歩がより楽しくなりそうだ。

大師線の沿線外でも、 2月25日(日)から京急線10駅(品川・京急蒲田・京急川崎・横浜・上大岡・能見台・金沢文庫・汐入・京急久里浜・三崎口)近隣の特設会場で京急線の片道優待乗車証を1人あたり2枚無料配布するイベントを開催。120周年にちなんで合計12万名へのプレゼント企画となるが、乗車証の受け取りには京急電車定期券もしくは交通系ICカードが必要なのでお忘れなく。

節目の年を迎えた京急電鉄では、ほかにもさまざまなイベント・キャンペーンを開催予定という。これからどんな企画が展開されるか、注目だ。
 
 
ー終わりー
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 昨日、大師線スタンプラリー参加中に川崎大師駅で偶然目撃ました。しかし一両づつのデザイン違いなので、ちょっとごちゃごちゃ感…。でも見て楽しかったです。昔の根岸線を思い出したのは自分だけでしょうか?(^_^;)

おすすめ記事

「MMがFFに」という、みなとみらいがファイナルファンタジーに染まったイベントはなんだったの?

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

住宅街に意外と多し! ヨコハマ名場面vol.8 ロケ地めぐり青葉区編

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

関内にある「日本ぬいぐるみ協会」ってなに?

「気功」ってなんか怪しくない?はまれぽが確かめるべく、山手の気功整体院「Mahã」に直撃取材!

  • PR

日ノ出町にできたバービー人形だらけのカフェにライター・〇〇が「男の娘」で突撃!

通りかかるとゴマ油の香ばしさに誘われてお腹がすく。昭和33年創業の関内の名店天ぷら・肴「登良屋」

  • PR

こんな記事も読まれてます

町で見かけた“変”なモノ特集(2013年4月12日号)

大型の古代魚が泳ぐ! 巨大な水槽がある関内のバー「18BAR」に突撃!

2万人がリベンジ参加! はまれぽも出走する横浜マラソン2018がスタート!

新5000円札の津田梅子の晩年と鎌倉の別荘地の歴史とは?

かつて青葉台などを走っていた呼び出せるバス「東急コーチ」って、どんなバス?

【編集部厳選!】何のためにあるの!?  謎の巨大な建造物特集

普段は閑散としている「宮前商店街」、提灯祭の由来とは?

「MMがFFに」という、みなとみらいがファイナルファンタジーに染まったイベントはなんだったの?

新着記事