検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • 横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

ココがキニナル!

中区伊勢佐木町の「横浜ニューテアトル」が、2018年6月1日で営業を終えることに。閉館理由やお別れイベントは?(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

2018年05月16日

ライター:はまれぽ編集部

中区伊勢佐木町で、名作を映し出してきた映画館「横浜ニューテアトル」。はまれぽでは以前にも『ヨコハマメリー』や『禅と骨』など、歴史に名を残す名作を紹介する中で上映館である同館も取材してきた。

その横浜ニューテアトルが、2018年6月1日をもって閉館することになったという。
 


伊勢佐木町の歴史ある2番館が閉館!?

 


「諸般の事情により営業を終了する」というお知らせが

 
46年間上映を続け、伊勢佐木町の顔でもある映画館が閉館するのはなぜなのだろう。オーナーの長谷川喜行(はせがわ・のぶゆき)さんにお話を聞いた。



脳梗塞による後遺症が続く

長谷川さんに閉館について伺うと、「要因の一つは体調の問題。脳梗塞で倒れてから、後遺症が残っているんだよ」と話す。閉館は以前から決めていたことで、突然の決定ではないそうだ。

長谷川さんは2011(平成23)年3月に倒れ、病院に救急搬送。数ヶ月間入院し、退院後も、リハビリのために通院を繰り返していた。今も言葉や聴覚が思うようにならず、以前のようには働けないという。

横浜ニューテアトルは、前身である東京テアトル直営の「テアトル横浜」から名前を変えて、1972(昭和47)年に松竹系洋画劇場となった。その際に以前のままの名前は使ってはいけないと言われたため、館名に「ニュー」を付けて再出発した。
 


伊勢佐木の街とともに歩んできた

 
映画館業界全体の売り上げが伸び悩む中で、2006(平成18)年公開の『ヨコハマメリー』が記録的な大ヒットとなるなど、作品にも恵まれて個性的な作品の上映を続けてきた。

一方で、2010(平成22)年に「日本のイルカ漁を扱った海外ドキュメンタリー」を公開した際には自宅にまで抗議者がやってくるなど、苦難の時期もあった。そうしたストレスも体調不良の要因になった可能性があるそうだ。

これまでの上映作品の思い出について伺うと、「やっぱり人生の節目に観た映画が記憶に残っているね。自分の場合は、初めて父親の映画館を手伝ったときに上映していた『スタンド・バイ・ミー』に始まって『バットマン』、それから『ヨコハマメリー』かな」と振り返る長谷川さん。



お別れイベントが開催予定
 


館内に飾られた似顔絵。よく特徴を捉えているが、本人曰く「全然似てない!」とのこと

 
閉館に向けては「静かに幕を引きたい」という意向から、大規模なイベントは行わない方針だ。
その代わりに、お別れイベントとして、クラッカーやサイリウムも持ち込み可能な『バーフバリ』の絶叫上映や、『この世界の片隅に』『マイマイ新子と千年の魔法』の上映と、片渕須直(かたぶち・すなお)監督舞台挨拶などの企画が行われる。
 


同館では2度目で最後の絶叫上映。チケットはすでに完売!

 
横浜ニューテアトルへの思い入れも強いという片渕監督の舞台挨拶チケットは5月19日から窓口で販売。また、最終日にも第3弾のお別れイベントを行う予定で、現在調整中だ。

伊勢佐木町の街並みを形作ってきた2番館の閉館は、街の姿を変えていくことになりそうだ。その幕引きの瞬間や閉館後の姿も含め、はまれぽでは今後も追い続けたいと思う。


-終わり-


上映スケジュール、イベント詳細などは公式ホームページをご参照ください
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • クラウドファウンディングで、経営資金を募って何とか施設を賃貸とかでも再開出来たら良いのに。

  • 地元大手企業が名乗りを上げて存続出来る道はないんですかね~ 間接的にだが地元が潤うって事にメリットあるんじゃないの?

  • 伊勢佐木町からミニシアターの灯が消えてしまうのは寂しい。後継者が名乗りをあげたら、継続もあるのかな

もっと見る

こんな記事も読まれてます

中学硬式野球の神奈川最強決定戦!「第1回DeNAベイスターズカップ」、初代王者に輝いたのはどこ?

【ニュース】8月にプロアマの垣根を超えた野球大会を実施!

無償で配布している横浜のイメージを書体で表現した「ヨコハマフォント」って何?

ベイスターズブルー再び! DeNAベイスターズのサードユニホームが登場!

かつて西横浜駅界わいにあった歓楽街「新天地カフェ」とは?

tvkでお買い物情報番組ばかり放送しているのはなぜ?

【横浜の名建築】横浜市開港記念会館

【編集部厳選】いよいよゴールデンウイーク! こんな感じで旅したい!

おすすめ記事

一時姿を消した古き良き長者町の名画座「シネマリン」

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

「シネマ・ジャック&ベティ」で振り返る横浜と映画館の歴史

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

【編集部厳選】いよいよゴールデンウイーク! こんな感じで旅したい!

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

金沢動物公園の「大昆虫博2011」って、どんな虫がいるの?

大人も子どもも遊びながら理系脳が活性。科学を身近に感じられるエンターテインメント性の高いミュージアム

  • PR

新着記事

横浜家系ラーメン生みの親、吉村実に「はまれぽ」がインタビュー。好評の前編に続き後編絶賛公開中!
元プリンセスプリンセスの中山加奈子さんに「はまれぽ」がインタビュー!
横浜の家系ラーメン「全店制覇への道」家系家系図を作ろう
はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

はまれぽ編集部のイチオシ

横浜を愛し、横浜を作り、横浜を育む、横浜型地域貢献企業認定の建築事務所「有限会社安田建築事務所」

  • PR

おひとりさま大歓迎!!スタッフの“おもてなし”も自慢の「浪漫亭 東白楽店」

  • PR

焼肉なのになんでマンボウ!? 鶴見の住宅街のど真ん中でもリピーター続出の「焼肉マンボウ」を直撃!

  • PR

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

上大岡駅前で“気軽な贅沢”。日本庭園と癒しの空間が自慢の「懐石 花里」はさまざまなシーンで利用できる

  • PR

本場・大阪の味を横浜で! 料理のプロもうならせる、お好み焼き&近江牛「粉もの元次」

  • PR

思わず働きたくなる! 社員満足度ナンバーワンを目指し、業界の“当たり前”に挑戦し続ける横浜の運送会社

  • PR

1000円で世界旅行!?40ヶ国以上から集めたワインが気軽に楽しめる「世界のワイン 葡萄屋 関内店」

  • PR

男子禁制!女性専用の医療脱毛ってどんな場所?横浜駅西口直結の「ジェニークリニック」を体験レポート!

  • PR

地域の人、飲食店を営む人たちに愛される老舗酒店。全国の蔵元に直接足を運び実現した豊富なラインアップ!

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 自動販売機に、『はまっ子どうしwater』というミネラルウォーターがあったりなかったり。各地区のミネ...

  • 野毛山動物園、交番横に古い歴史がありそうな邸宅がありましたが、取り壊され建設中の建物があります。過去...

  • 港南区から大和市へ引っ越して以来夜勤明けで朝から飲める酒屋、立ち飲み屋を探してはいるんですが、大和、...

最近のコメント

アクセスランキング