ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

横浜DeNAベイスターズ全力応援企画
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年10月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    国道246号線を走ってると気になるんです。伊勢原の大山阿夫利神社方面に入る交差点近くにある、大きな看板「大山豆腐」が掲げられている閉鎖されている工場があります。何度も食べた豆腐のメーカーだと思うのだけ...

    inemugiさん

    昨日10/17(火)の日本経済新聞に 「リゾートトラスト社がみなとみらい地区に高級ホテル2軒新設」の報が掲載されてましたホテル事情の変化の取材を

    TTTさん

    ハワイの高級ホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」が2020年にみなとみらいにオープンするそうですが、高級そうで行けるはずないので、代わりにレポートお願いします。

    黒霧島さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

SNSは利用していますか?

Facebook、Twitterなどはもちろんほかも
Facebookのみ
Twitterのみ
Instagramのみ
LINEのみ
そのほか
もうやめた
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
4位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
5位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
6位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
7位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
10位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
11位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
12位
給食のない横浜の公立中学校、7月開始の「ハマ弁」の詳細は?
13位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
14位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
15位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
16位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
17位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
18位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
19位
2学期制って良くなかったの?
20位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
21位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
22位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
23位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
24位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
25位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
26位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
27位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
28位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
29位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
30位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

神奈川新聞で「横浜詩人会」という会の名前を見かけたんですが、一体どんな組織なんでしょうか?(はまんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜詩人会は1958年にできた詩人たちの親睦団体。
朗読会や詩画展、勉強会など、さまざまな活動をおこなっている!

ライター:松崎 辰彦 (2012年02月03日)

毎週日曜日、神奈川新聞に「旅人のうた」という欄で、短い詩が掲載されている。
そして作者の欄には“横浜詩人会会員”という一文が付されている。
 


2012年1月8日神奈川新聞より(写真協力 神奈川新聞)


横浜詩人会──もうこの名称そのものが“詩”だ。

「詩人会」だけでも浮世離れしているのに“横浜”の冠がさらにまぶしい。
横浜詩人会の実態をつかむべく、さっそく取材を開始した。
 


横浜は詩情あふれる街である


「詩人会の総会でも『横浜在住でない会員が増えたので“神奈川詩人会”にしたらどうか』という意見があるんですが、“横浜”の名称のほうがモダンなので、この名前を残しています」

説明するのは横浜詩人会会長の細野豊さん。
詩人として活躍するかたわら、豊富な海外生活の経験と語学力を生かし、ラテンアメリカの詩の翻訳・紹介という分野でも優れた業績を持った人物である。
 


細野豊さん。横浜詩人会会長。著書に『花狩人』他


「現在の横浜詩人会は神奈川県居住の詩人であることが入会条件です。しかし会員には、かつては神奈川県に住んでいたけれど、引っ越して他県に移ったという人もいます」

将来的には、横浜を愛する詩人すべてに門戸を広げたいという細野さん。しかし誰でも無条件にというわけではない。

「書いた詩を提出していただき、こちらで審査します。審査の結果、一定水準の力のある詩人と認められれば、入会を許可しています」

詩人会の中で審査する委員会があり、作品から感じられる表現力や訴求力、そして詩に対する姿勢(生涯にわたり詩を書き続ける意志が感じられるか)などを判断するのだという。



独特の雰囲気がある横浜詩人会

詩人会、といっても一般人にはなじみがない。しかし細野さんによると、日本のどの県にも詩人会があるとのこと。

「横浜詩人会は、そうした詩人会の中でも、特にハイカラで、独特の雰囲気があるといわれますね」

こう言葉を添えるのは会員の禿(かむろ)慶子さん。
 


禿慶子さん。横浜詩人会会員。著書に『夕暮れは急速に』他


横浜詩人会ができたのは終戦後少し経った1958年。

モダニズムの第一人者として知られる詩人・近藤東が中心となり、親睦かたがた詩の話をしようではないかと、何人かの詩人が集まったのがきっかけである。当時、戦争で一度壊された文化の再興を求める機運が高まっていたことも、背景にあったという。
 


禿慶子さんの詩「はなあかり」(『未来への航跡』〈横浜詩人会〉より)


当初は少数だった会員も徐々に増え、全国的に名の知られた詩人が会長に就任するなど、詩の世界でも注目されるようになったとのこと。

「横浜は日本における世界の窓であり、世界の風に晒されているという特徴があります。東京を中心に活躍する詩人が住みやすいということもいえますね。横浜詩人会ができる以前にも、かなりの数の詩人が横浜近辺に住んでいました」

横浜という地域を超えて光彩を放つ横浜詩人会。こうなるとその内実が気になる。
具体的にどのような活動をおこなっているのだろう。



全国的にも注目度の高い横浜詩人会。具体的な活動内容とは?次ページ ≫

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事