ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    https://www.youtube.com/watch?v=wc4QEcHKgCUこちらの動画で見たのですが、首都圏の中で神奈川県警の「遺体の取り扱い方」がかなり違法性が高く、死亡診断書等遺族への...

    とくもりさん

    三浦のほうで、駆除対処になってた迷惑ウニに廃棄野菜あたえたら食べられるようになったらしいです。実際、味はどうなんでしょうか?商品化したらウニを安く食べられるようになるんでしょうか?気になります

    ykmrcさん

    横浜を代表するヒップホップアーティストのサイプレス上野さんがプロデュースしているというミュージックバー「what's good」が戸塚駅近くにあるようです。店は2階にあるようで、外からはどんな感じなの...

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月23日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
5位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
6位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
弘明寺の謎の店「弘明人」でうっかり絶品カレーを食してびっくり!
10位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
11位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
12位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
13位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
14位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
15位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
21位
一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
22位
鎌倉の市境にある大船駅笠間口の再開発事業の進捗は?
23位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
24位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
25位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
26位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
27位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
28位
【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

神奈川新聞で「横浜詩人会」という会の名前を見かけたんですが、一体どんな組織なんでしょうか?(はまんさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

横浜詩人会は1958年にできた詩人たちの親睦団体。
朗読会や詩画展、勉強会など、さまざまな活動をおこなっている!

ライター:松崎 辰彦 (2012年02月03日)

毎週日曜日、神奈川新聞に「旅人のうた」という欄で、短い詩が掲載されている。
そして作者の欄には“横浜詩人会会員”という一文が付されている。
 


2012年1月8日神奈川新聞より(写真協力 神奈川新聞)


横浜詩人会──もうこの名称そのものが“詩”だ。

「詩人会」だけでも浮世離れしているのに“横浜”の冠がさらにまぶしい。
横浜詩人会の実態をつかむべく、さっそく取材を開始した。
 


横浜は詩情あふれる街である


「詩人会の総会でも『横浜在住でない会員が増えたので“神奈川詩人会”にしたらどうか』という意見があるんですが、“横浜”の名称のほうがモダンなので、この名前を残しています」

説明するのは横浜詩人会会長の細野豊さん。
詩人として活躍するかたわら、豊富な海外生活の経験と語学力を生かし、ラテンアメリカの詩の翻訳・紹介という分野でも優れた業績を持った人物である。
 


細野豊さん。横浜詩人会会長。著書に『花狩人』他


「現在の横浜詩人会は神奈川県居住の詩人であることが入会条件です。しかし会員には、かつては神奈川県に住んでいたけれど、引っ越して他県に移ったという人もいます」

将来的には、横浜を愛する詩人すべてに門戸を広げたいという細野さん。しかし誰でも無条件にというわけではない。

「書いた詩を提出していただき、こちらで審査します。審査の結果、一定水準の力のある詩人と認められれば、入会を許可しています」

詩人会の中で審査する委員会があり、作品から感じられる表現力や訴求力、そして詩に対する姿勢(生涯にわたり詩を書き続ける意志が感じられるか)などを判断するのだという。



独特の雰囲気がある横浜詩人会

詩人会、といっても一般人にはなじみがない。しかし細野さんによると、日本のどの県にも詩人会があるとのこと。

「横浜詩人会は、そうした詩人会の中でも、特にハイカラで、独特の雰囲気があるといわれますね」

こう言葉を添えるのは会員の禿(かむろ)慶子さん。
 


禿慶子さん。横浜詩人会会員。著書に『夕暮れは急速に』他


横浜詩人会ができたのは終戦後少し経った1958年。

モダニズムの第一人者として知られる詩人・近藤東が中心となり、親睦かたがた詩の話をしようではないかと、何人かの詩人が集まったのがきっかけである。当時、戦争で一度壊された文化の再興を求める機運が高まっていたことも、背景にあったという。
 


禿慶子さんの詩「はなあかり」(『未来への航跡』〈横浜詩人会〉より)


当初は少数だった会員も徐々に増え、全国的に名の知られた詩人が会長に就任するなど、詩の世界でも注目されるようになったとのこと。

「横浜は日本における世界の窓であり、世界の風に晒されているという特徴があります。東京を中心に活躍する詩人が住みやすいということもいえますね。横浜詩人会ができる以前にも、かなりの数の詩人が横浜近辺に住んでいました」

横浜という地域を超えて光彩を放つ横浜詩人会。こうなるとその内実が気になる。
具体的にどのような活動をおこなっているのだろう。



全国的にも注目度の高い横浜詩人会。具体的な活動内容とは?次ページ ≫

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play




【関連記事】

【注目!】バレンタイン特集2012[はまれぽ.com]

調査エリア拡大のお知らせ