ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

    2018年4月21日、1900年生まれの鹿児島県喜界島の田島ナビさん(117)が亡くなり、1901年(20世紀初年)生まれの横浜市西区在住・都千代さん(116)が国内最高齢(おそらく世界最高齢)となり...

    幸人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

横浜駅から十日市場駅まで超深夜バス(バス停近くの柱にこのように書かれた紙が貼られています)というものがあります。どれぐらいの乗車率なのか調べて下さい。(はまっこさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「超深夜バス」は市バスの中でも最も遅い時間帯に横浜市内を走るバスだった。1日平均40人が乗車し、曜日別では金曜日の利用者が最も多い!

ライター:篠原 章公 (2012年05月30日)

ついに乗車!

発車時刻の24:37に合わせてバスが到着。
大人料金420円を払って乗車する。

 


「超深夜バス」に乗車


実際に乗車してみると、横浜駅西口を発車する時点での乗車率は20%といったところ。
車内には空席も目立ち、始発からの乗車であれば席の確保は容易なことがわかった。
 


発車前の車内


ほどなくしてバスは発車。
乗客の方たちは、時間帯のせいか眠っている方も多く、車内は静かだった。

24:45東神奈川駅西口に到着。
前出のサラリーマンの方に教えて頂いた通り、ここで多数の方々が乗車。
出発までに多少の時間を要し、車内は一気に満員状態となった。
 


東神奈川駅で車内は満員状態に


立ったまま俯き加減で眠る人やスマートフォンを見つめるOLなどを乗せて、バスは十日市場駅へと再び発車。バス特有のエンジン音を響かせながら、深夜の横浜線沿いをただひたすら走っていく。

途中のバス停ではほとんど下車する方がいない中、25:19鴨居駅に到着。ここで乗客の約半分が下車し、再び空席が確認できるぐらいの状態に。

その後は1人、2人とバス停ごとに下車していく。終点・十日市場駅に着く頃には、車内の乗客は筆者を含めて5人だった。
 


十日市場駅到着前の車内


25:44、定刻より約10分ほど遅れて終点・十日市場駅に到着した。
 


終点に到着
 

26時ごろのJR十日市場駅


辺りは閑散としていて人影も見当たらない。こうして、約1時間に渡る「超深夜バス」の旅は終わった。と、いっても帰る手段は当然ない。十日市場駅近くのマンガ喫茶で仮眠を取り、朝の電車で家路についた。



市交通局へ取材

実際に乗車して、その概要をおおよそ知ることが出来た「超深夜バス」だが、運行された経緯やネーミングについてなど、まだまだキニナル点も多いという事で、横浜市交通局へ直接取材を試みることに。
 


市交通局が入る関内中央ビル


横浜市交通局自動車部営業課の石渡さんによれば、「超深夜バス」は、あくまでも他にもある深夜バスの一路線として運行しているとのことで、交通局の方で特別このような名前を付けたというわけではないとのこと。需要があり、一定の売上も見込まれるとの理由から2005(平成17)年2月、同路線の運行を開始したという。

深夜バスの1日平均乗車数は40人程度で、曜日別だと月曜日の乗車率が低く、金曜日の乗車率が最も高い傾向にあるという。また、曜日を問わず東神奈川駅から乗車する利用者が最も多いとのこと。

しかし釈然としないのがバスの名前。
看板には「超深夜バス」とあるのに・・・ということで、実際に運行を担当する交通局緑営業所の担当者に改めて話を聞いてみることにした。
 


右下に小さく、緑営業所とある


―「超深夜バス」というネーミングの由来についてなのですが・・・

「私どものほうでも、正式に名前として採用しているわけではないのですが・・・。あまり深い意味はないと思います。ただ、横浜駅西口~十日市場駅間を走る深夜バスは交通局全体で見ても、その日の一番最後まで運行している、締めのバスなんですね。そういったところから分かりやすいようについた名前だと思います」

愛称として「超深夜バス」というネーミングは営業所内にも浸透はしているとのことだが、いつからそのような名前で呼ばれるようになったかは、職員の中にも把握している方はいないという。



まとめ

今回の取材を通して、筆者宅の近くにもこういったバスが走っていれば、とても便利なのに……と強く感じた。「超深夜バス」は、これからも終電を逃した市民の足として、深夜のJR横浜線沿いを走り続ける。その存在を知らなかった方は、お困りの際は是非利用してみてはいかがだろうか。


-終わり-
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 1471 面白くなかった 31

おすすめ記事


呑屋の狸さん2016年09月24日 11時24分
市内、市営バス他路線(8系統)沿線ですが、深夜便があると助かることが多いです。特に横浜市中区の、根岸線より東側(特に、山手~根岸間)は、電車が終わっていない時間でも、通常のバスが終わってしまうと陸の孤島になりますから、鉄道やトラムなどによる交通システムのサポートが期待できない以上、深夜バスは必需品ですね。そうした地域への交通局の配慮もあるのでしょうか、少なくとも平日・休日ともに23時過ぎまでレギュラーに運航を設定されているのはありがたいです。(休日確認は8系統のみ)
そう思う 46 そう思わなかった 7
はま045かぜさん2014年11月17日 00時26分
仕事とはいえ、運転手の方は御苦労様ですが嬉しいバスですね♪ 人生半ばに初めて横浜市外の山里に越しました。夜は10時に最終バスなのでwこういう記事を読むと、やっぱり横浜は良いなぁ~と羨ましくなります(笑)
そう思う 98 そう思わなかった 11
うなさんさん2013年08月03日 00時14分
十日市場住民です。超深夜バス、良く利用してました。通常の路線にはない、横浜駅西口~十日市場駅前、っていうのが魅力だったのに。。。中山止まりでは、普通の深夜バスですね、トホホ
そう思う 107 そう思わなかった 12