ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    金沢区釜利谷西の住宅地の中に、生卵(玉子)を販売しているお店のようなところがあると聞きました。人伝で聞いたので、「この住宅地の中に…」という事と「その地区のケーキ屋さんにも卸しているらしい」という情報...

    三葉虫 幼虫太郎さん

    富岡八幡宮は源頼朝が勧請した由緒ある源氏由来の神社です。東京深川の富岡八幡宮がいま大騒ぎになっていますが、そもそもここは江戸時代になってからの分祀であり、本家本元も困惑しているのではないかと思います。...

    栄区かまくらさん

    戸塚区上矢部町(2986番地付近)に「カラオケ喫茶記念館」という看板を見かけたのですが、外観は普通の一軒家の様でした。「カラオケ喫茶記念館」の中身が気になるので調査お願いします!

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

戸塚の原宿交差点の近くの「美佐ご」というめちゃくちゃ渋いラブホテルが気になる。昔ながらの農家のような門構えで建物も民家のよう。いったいどんな部屋?1日の客数と、その年代は?(まさしさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

「美佐ご」は昭和44年創業。日本庭園を配した敷地内には独立した部屋が8室あり、昭和を感じさせる趣ある雰囲気!「客数は日によって違う」とのこと。

ライター:松宮 史佳 (2013年11月23日)

「美佐ご」に突撃!

敷地内を入って行くが、どこが受付なのかわからない。
 


と、母屋らしきものを発見!


玄関を開け、「すいませーん」と声を掛けると、とっても気さくなオーナーの男性が登場。
取材を申込むと、やや驚きながらも「OK」との答え! まずは男性が親切にも広大な敷地を案内してくれる(残念ながらお名前と写真はNG)。
 


暗くて見えにくいが、定期的に植木屋さんが手入れをしているという見事な庭園
 

植えてから50年以上は経つ山桃や松、柿の木など、自然がいっぱい!
 

春にはツツジも咲く
 

なんと! ローズマリーまで!


草花や木はすべてきちんと手入れがされており、自然を愛する心が伝わってくる。春夏秋冬“四季折々の表情が楽しめる”! まるで旅館のような雰囲気だ。
  


さらに周りを見渡すと、敷地内には家らしき建物が点在している!

 
これは一体・・・!?
 
ナゾを解明すべく、さらに男性に詳しくお話を伺うことに!
 
 
 
昭和40年代にタイムスリップ! 離れを拝見!
 


男性に案内され、建物の中に
 

玄関に並んだスリッパが出迎えてくれ、思わずほのぼのしてしまう


男性によると、「美佐ご」は1969(昭和44)年に創業。「モーテルの走り」とのこと。モーテルとは“自動車で旅行する人のための、車庫付きの簡易ホテル(角川必携国語辞典)”。もともとはアメリカの“Motor Hotel ”に由来するが、日本では転じて連れ込み宿のような意味を持つ。
 


こたつに入り、ほっこりしながらお話を伺う


「なぜ住宅街にモーテルがあるのか」と尋ねると、「この辺りは創業当時何もなく、今団地があるところは田んぼだった」と男性。当時は何もなく、かなり様変わりしたようだ。現在、住宅街にモーテルを建てることは風営法上難しいが、「美佐ご」の方が住宅街より先に存在していたので問題はないようだ。

もともと、男性の親戚は戸塚で「美佐ご」という料亭を営んでいた。だが、当時モーテルがブームということもあり、「これからはモーテルだ」とモーテルを創業。
 


「美佐ご」は元・料亭の店名だった!


そういえば、看板に“モーテル”ではなく、“モテル”と書いてあるのはナゼか!? 男性に尋ねると、「さあ・・・看板屋さんが書いたからわからない(笑)」とのこと。

敷地内には「独立した8つの部屋が点在している」と聞き、黄色い看板にあった「ふたりのお離れ」に納得。すべての部屋は“茶の間+寝室”を配しており、造りは一緒だという。


キニナル料金と室内の様子は・・・次のページへ! ≫
  

はまれぽアプリ
App Store
Google play


おすすめ記事