ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

みんなのキニナルお店投稿募集キャンペーン
はまれぽ.com無料掲載について
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    京急日ノ出町駅近くの奈川銀行本店横の小道にアートペイントが施されています。キニナルのはペイントと一緒に「長者町小唄」という歌の歌詞が書かれています。「川面に映るネオン街 歩めばはやる心うた(中略)異国...

    横濱マリーさん

    3月に京急リラックマトレインが再登場!! しかも赤青黄色と3編成!! 「京急リラッくりはま駅」に続き、「かみがおおおおか駅」?! 「おおきいろいとりい駅」!! みて、乗って探してきて下さい。

    黒霧島さん

    藤沢駅に大量発生している鳥の正体がキニナル。駐輪場前の道路を車で走ると、8割の確率でフンが落ちてきます。 雨の日は異臭がヒドイのでどうにかしてほしい!藤沢市の対応も含めて調査をお願いします。

    abandonneさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

トップページをリニューアルしたスマホサイトの感想は?

非常に使いやすくなった
使いやすくなった
使いづらくなった
非常に使いづらくなった
どう変わったのか分からない
スマホサイトを使ってない
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
3位
伝説の娼婦・白塗りのメリーさんを知る横浜の文化人に直撃インタビュー!
4位
横浜の伝説、白塗りのメリーさんとは!?
5位
"神奈川のサグラダ・ファミリア"と名高い横浜駅はいつ完成するのか?
6位
「みなとみらい東急スクエア」グランドオープンの初日の様子をレポート!
7位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【前編】
8位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった?~ドリームランド線編
9位
湘南モノレールとドリームランド線はどこまで延伸する計画だった? 湘南モノレール編
10位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
11位
【はまれぽ名作選】あまりにも豪華すぎる内装が「異常」というウワサは本当か? 川崎のラブホテル「迎賓館」に突撃!
12位
いよいよ着工! 2020年完成予定の横浜スタジアム増築・改修工事の状況は?
13位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
14位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
15位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
16位
【編集部厳選】YOUが今いる場所って、昔は何があったか知っている?
17位
借りにくくなる? 横浜市立図書館が結んだ相互利用協定は市民にとって得?
18位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
19位
JR桜木町駅の発着メロディーは、どうして「ゆず」じゃないの?
20位
【編集部厳選】ドキッと突撃! 街のキニナルぴんくを探せ!!
21位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
22位
横浜市内の貨物駅を徹底調査!【後編】
23位
第三京浜保土ヶ谷料金所の近くに見える鳥居の正体とは?
24位
終戦の日に空中戦? そのとき横浜の空で何が起きていたのか?
25位
【はまれぽ名作選】帷子川の源流までってどうなってるの?
26位
殺処分「ゼロ」!? 神奈川県における動物保護の"光と影"【前編】
27位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
28位
かつて横浜にあった日本最大規模の貧民街といわれた「乞食谷戸」とは?
29位
【前編】「横浜高校の指定バッグ」が女子高生の間で大流行中の理由とは?
30位
38年間の歴史に終止符。日吉にある昭和喫茶店「まりも」
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

本牧にふくろうカフェがオープンしたけど、カフェというからにはお茶ができるの? 猫カフェみたいに一緒に遊べるの?? 珍しくてキニナルので調査をお願いします。(たむたむたむさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

ふくろうカフェ福来楼本牧店はワンドリンク制。お茶をしながら店内の「猛禽スタッフ」と触れ合うことができる。ほかに、生体と餌の購入も可能。

ライター:福原 麻実 (2015年10月03日)

実際にふれあってみた

筆者が一番気にしていたのは、「触れられるのか?」ということだが・・・
 


触れました

 
こちらはハリスホーク(タカ)のアンタレス君。「威嚇されたらどうしよう」と思っていたが、おとなしく触らせてくれた。人懐こくて可愛い。
 


時々つつかれる(痛くない)

 

お客さんのお話も是非聞きたいなと思っていたら、偶然にもこの日、生体購入をされた方がいらっしゃった。
ベンガルワシミミズクを予約して購入されたというこちらの方は、南区のラテラスタイルというエステサロンの方。

 

購入されたのはこの「がんも」君。お値段は40万円くらいだそう

 
実は数年前から猛禽類を飼いたくて勉強していたという。どういう環境で飼われるのだろう? と思っていたら、サロン内で看板ミミズクとして飼われる予定なのだそうだ。犬でも猫でもなく、ミミズク。かなりのインパクトだろうな・・・と考えていたら「マイクロブタもいるんですよ」とのこと。

ミニブタではなく、マイクロブタ? ふくろうカフェ取材とは逸れるが、連れてきておられるとのことだったので、マイクロブタをお願いして見せていただいた。
 


マイクロブタの「つくね」ちゃん。ちっちゃくて可愛い

 
がんも君とつくねちゃんが迎えてくれるサロンで受けるエステ。とても癒されそうだ。



「猛禽スタッフ」と呼ばれるふくろうたち

こちらで接客(?)をしている猛禽類は「猛禽スタッフ」と呼ばれている。在籍しているのは7種類9羽。
 


外からも見えるこの子は、アフリカオオコノハズクのサファリくん

 
ペットショップと同様、ここにいる猛禽類には仕入れルートがある。仕入れる種類は購入を希望するお客さんの要望に応えて、同種、もしくは要望に近い種類を選んでくれる。
 


同行していた編集部・宇都宮が絶賛していたアプロマドファルコン(ハヤブサ)のゴメス君

 
「猛禽スタッフ」と呼ばれているお店の猛禽類の中には、触られたり撮影される以外にも仕事を持つ子もいる。
お店の中央にいるベンガルワシミミズクのベンジー君、ユーラシアワシミミズクのマーズちゃんは千野さん個人が飼っておられるので、購入されて入れ替わることのない「看板ミミズク」だ。
 


千野店長の膝に乗るベンジー君
 

ギネス記録更新ペースで育っているというマーズちゃん。取材時は3.3kgぐらい。大きい!




「プチ鷹匠体験」を実際にやってみる

「ふくろうカフェ 福来楼」では、なんと「プチ鷹匠(たかじょう)体験」というサービスも行われている。「プチ鷹匠体験」とは、ハリスホークのレックスくんがお客さんの腕に飛んできてくれるのだ。
 


こちらがレックス君。TVに出演したこともあるタレントバードだ

 
これはやってみたい! と思った筆者、お願いして挑戦させていただくことに。
 


グローブを装着し、エサのお肉(ウズラ)を持って待つが
 

残念ながら、飛んできてもらえず・・・

 
カメラを下げた三十路女が怪しく見えたのだろうか・・・
ちなみに成功するとこの動画のようになるとのこと。
 


クリックすると動画が見れます!




「ふくろうカフェ 福来楼」と横浜

横浜市は動物に関する規制が厳しいため、こういった業態のお店を開くのは難しいのだそうだ。
 


こちらが動物取扱業登録証
 

この大きな許可証は、首から下げていないといけないらしい・・・

 
それにもかかわらずこの土地で開業しているのは、横浜出身の千野さんが地元で猛禽類の魅力を伝える仕事をしたいからという思いがあったからだという。
 


地元の陶芸家さんが作ったふくろう
 

この切り株も地元のお寺の木を、地元の木工所で加工したもの

 
お店の常連の中には、地元の宝石店の方もいらっしゃるのだとか。千野さんはその方に、大きくて既成品では合わないマーズちゃんの脚に合うアンクレットの作成をお願いしているそうだ。今後は、その方と「猛禽類と飼い主のペアアイテム」も作っていきたいという。

オープンして間もない「ふくろうカフェ 福来楼」だが、既に地元ではこちらのお店を中心とした交流が生まれつつある。



取材を終えて

およそ2時間という取材時間、千野店長も山中さんも接客をしながら、ごく自然にお話をしてくださった。

地元の人が愛着のある土地に開業し、地元の人と協力しながら仕事を続ける、ゆったりとした雰囲気のお店。
 


地元紙「本牧だより」でも紹介された

 
そういうお店は「地元の人のためのお店」になってしまうのではないかと思っていた。しかし「ふくろうカフェ 福来楼」はそうではなく、遠く離れた人ともコミュニティで繋がり「誰でもウエルカム」という千野さんの言葉通り、異国の人をも受け入れる。その姿勢がなんとなく、横浜の人らしい、と感じた。

ペットショップに近いお店ではあるが、決して生体を購入して猛禽類を飼うのが前提なわけではない。「飼えない人にも家で猛禽類を飼っているように過ごしてほしい」とのことなので、もし近くを通りかかったら、是非立ち寄っていただきたい。
 


「あそびにきてね」(お店ウェブサイトより)



―終わりー
 

取材協力
ふくろうカフェ 福来楼
住所/横浜市中区本牧宮原7-1 ベルストーン1階
電話/045-232-9392
営業期間/13:30~20:30
URL http://yokohama-honmoku.fukurou-cafe.com/
 
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 293 面白くなかった 5

おすすめ記事


kodama_koさん2016年07月12日 17時03分
ああああ、がんも君だw そこでカラス退治と深掘りすれば更に面白かった。
そう思う 3 そう思わなかった 1
カニさん2015年10月04日 01時22分
「鷹匠」は(たかしょう)ではなく(たかじょう)です.
そう思う 34 そう思わなかった 1
えみりさぱぱさん2015年10月03日 23時57分
行ってみたい。フクロウってかわいいじゃないですか
そう思う 46 そう思わなかった 4