ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

YOKOHAMA FREEWAY 428 ルミネ横浜店B1正面入り口に4/20〜5/6期間限定オープン!
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年4月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    大黒ふ頭の路上にナンバーのハズされた車が多数駐車しているのですが、あれはどんな事情なんでしょうか?意外とキレイな車が多いです。一度調査してみて下さい。

    もんがさん

    日曜日のNHKの『小さな旅』で大岡川が特集されていました。大岡川の桜で染めた着物や帯を作っている着物屋さんが紹介されていました。かなりこだわったお店だそうです。呉服店には中々入りにくいので、ぜひ変わり...

    あらたたけるさん

    2018年4月21日、1900年生まれの鹿児島県喜界島の田島ナビさん(117)が亡くなり、1901年(20世紀初年)生まれの横浜市西区在住・都千代さん(116)が国内最高齢(おそらく世界最高齢)となり...

    幸人さん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

2018年の横浜DeNAベイスターズの予想順位は?

今年は優勝でしょ!
昨シーズンより順位アップの2位!
今年も3位かな~
もしかしたら・・・4位
ま、まさかの5位・・・
そんなはずはないと思うけど。・・・6位
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

清水建設、京急が品川からみなとみらいに移転/アンパンマンミュージアムの移転が決定。現在の店舗は継続して営業する?(よこはまいちばんさん、サブさん/山下公園のカモメさん、あびゃびゃさん)

はまれぽ調査結果

ゆりのき通りに移転。京急・アンパンマンミュージアムが2019年、清水建設が2020年に業務開始。ミュージアムは現在の場所での営業延長を申請

ライター:はまれぽ編集部 (2016年03月30日)

リニア開業見据える京急

事業予定者に選ばれた京浜急行は、約30億円で土地を購入。現在、東京都港区にある本社機能を「56-1街区」に集約。グループ企業約10社と社員約1200人を集めることで、業務効率の向上を図る。稼働は2019年秋を目指している。
 


京急が本社集約を目指す「56-1街区」(同)
 

本社ビルの名称は「京急グループ本社ビル(仮称)」。京急は本社移転を1899(明治32)年に前身の大師電気鉄道株式会社が営業運転を開始して以来、創立120周年の記念事業として位置付けている。
 


創業当時の電車(画像提供:京浜急行電鉄)
 

同社が横浜市に提出した事業計画によると、ビルは地上15階・地下2階建てで、高さ77.5メートル。延べ床面積は2万3007平方メートル。具体的な建設スケジュールは市と調整があり、総工費は未定。
 


「京急グループ本社ビル(仮称)」のイメージ(同)
 

ビル1階には保存車両や運転シミュレータなどを設置した企業ミュージアムを併設する予定。

さらに、省エネ設備の導入で環境対策を図るほか、大規模災害時に事業を継続もしくは早期復旧を実現するBCP対策も実現。従業員だけでなく、帰宅困難者の一時滞在施設としても活用できるようにする。
 


災害対策も強化する
 

横浜を本社移転の地に選んだ理由について、同社広報部は「横浜駅は2014(平成26)年度実績で1日当たり約31万人と、弊社沿線の中で1日当たりの利用者が最も多い。横浜駅は2027年開業予定のリニア中央新幹線の始発駅である品川駅と空の玄関口である羽田空港のほぼ中間に位置している」と指摘。

そのうえで「官民一体で『選ばれるまち・目的とされるまち』を目指す横浜は国際都市として、ますます発展が期待される。弊社の沿線価値とともに、神奈川県全体の活性化に注力したい」と説明した。
 


名実ともに、横浜の企業に!
 

一方、同社は2014(平成26)年に沿線や地域経済のさらなる発展のため、カジノやホテル、ショッピングモールなどを併設した「統合観光型リゾート(=IR:Integrated Resort)」運営事業のための新規事業プロジェクトチームを発足させ、山下ふ頭を候補地の一つとしているが、IRとの関連は否定した。

また、清水建設は約109億円で「54街区」を取得し、賃貸オフィスビルを建設する予定。
 


清水建設が事業を行う予定の「54街区」(2016年3月29日撮影)
 

地上18階建て、高さ100.15メートルで1階に店舗、2階にエントランスホールやカンファレンス(会議)スペース、店舗を設置。

3階以上は賃貸事務所になり、計画では2017年7月に着工。2020年2月のしゅん工を目指す。
 


清水建設が整備する54街区のイメージ(横浜市ホームページより)
 



取材を終えて

今回、横浜市が採用した計画は社会インフラである鉄道・バス事業を手掛ける会社の本社機能にテナントビル、子どもを中心に家族で楽しめる集客施設と幅広い。さらには、今回は事業予定者として名前が上がらなかったが、スーパーマーケット「オーケー」の、みなとみらい進出の話もある。

これらの施設が既存の施設も含めて、どのように混ざり合い、お互いに高めあっていくのか。民間だけでなく、行政も一体となった今後の戦略が注目される。


―終わり―
 

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 648 面白くなかった 20

おすすめ記事


KOZさん2017年01月14日 20時44分
京急もみなとみらい通して、東京湾の下潜って、羽田空港から品川駅へ繋ぐ山手線みたいな路線作れば面白いのにな。
そう思う 19 そう思わなかった 7
タッカーさん2016年04月09日 14時00分
ないとは思いますが桜木町-日ノ出町に電車が走ればいいな
そう思う 75 そう思わなかった 17
ホトリコさん2016年03月31日 20時58分
今年の3月20日にやっと金沢動物園行った帰りに「しあわせの黄色い電車」に乗れましたが、まだ幸せには手が届かない感じ。イベントは面白いのに、開発センスが無いよね~。
そう思う 26 そう思わなかった 81