ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    コンドーム「サガミオリジナル」で有名な相模ゴム工業って厚木にあるんですね。工場の内部とか、あんなところやこんなところに潜入してみてください!

    腰痛おじさんさん

    本牧では,横浜市営バスの路線なのに,富士急行のバスが走っています。なぜでしょうか?キニナル!

    キングカズさん

    横浜各地の積雪状況がキニナル!帰れるか心配です。

    腰痛おじさんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

磯子区岡村の住人に聴いても「どんなお店か分からない」「気さくに入れる雰囲気がない」との事でした。イタリアンの店?アマルフィーと、並びにあるラーメン屋?肥後もっこすが気になる(あだ名は都会っ子!さん)

はまれぽ調査結果

磯子区岡村で営業28年目「アマルフィー」と30年目「肥後(ひご)もっこす」は、どちらもおしどり夫婦が営む、一歩入れば居心地の良いお店。

ライター:山崎 島 (2016年11月16日)

キャッチーな名前の意味とは!?

「アマルフィー」を出て次の入りにくいお店「肥後もっこす」へと向かう。

 

こちらも良い感じ

 
「肥後もっこす」は電話番号が非公開だったため、突撃で行くしかなく。ダメもとで取材交渉したらなんと、快くご対応いただけた!

よかったー。こちらも浦上正義(うがみ・まさよし)さんと、たかえさんご夫婦二人で切り盛りされているお店。

 

正義さん(右)とたかえさん

 
一見強面の正義さんだが、実はとってもユーモアがあってあたたかいお人柄。奥さんのたかえさんもほんわかお優しくて、このお二人に会うために来たいぐらい。厨房をカウンター席がぐるりとL字型に囲む店内は、地元のラーメン屋さんを思い出させ、懐かしい気持ちになった。

同店の営業時間は午前11時から午後1時30分、午後5時から午後7時30分で、日曜祝日がお休み。

 

お話聞きます

 
正義さんは若くして中華の料理人を志して上京し、当時有楽町にあったそごうデパートの大食堂で働いていた。配属された先は日本そばのお店。中華の料理人は「職人」という認識で、入るのが難しい業界だったという。

「でもどうしても中華料理がやりたくて、知り合いに頼んでお店を紹介してもらった。紹介してもらった先が川崎駅近くの地下にある中華料理屋でした」。川崎で10年修行したのち、36歳で独立。現在、ボートピア横浜になっている関内にお店を出した。

 

正義さんのお話にころころ笑うたかえさんが素敵

 
1987(昭和62)年に娘さんが小学校に入学するのを機に磯子区岡村へ移転した。浦上さんご夫婦はお二人とも熊本県天草市のご出身。この土地についてはあまり知らなかったという。「娘が小さかったもんで、店の上が住居になっている物件を探してて、ここが出て来たんだよ」と正義さん。

 

インパクトのある名前について

 
キニナル店名「肥後もっこす」はご夫婦のご出身・熊本の方言。地名の肥後と、「がんこもの」という意味のもっこすを合わせて名付けた。店名から九州の豚骨ラーメンのお店と思う人もいるそうだが、同店は昔ながらのしょうゆラーメンを基本としている。

「昔はラーメンとギョーザが美味ければ商売できたけど、今は違うね。オリジナリティーを求められる。ここは昔ながらの店だから、今の世の中との差はあるけど、俺は昔からの料理人だから」と、正義さんは店名の良き「がんこもの」の顔をのぞかせる。そんなご主人をにこにこ見つめるたかえさん。素敵な夫婦だ。

 

お二人のご出身・天草の風景写真が飾ってある

 
また同店が入りにくい、と思っている人がいる話をすると、「確かにここは駐車場もないし、立地的には難しいと思うよ。でも外からも中が見えるようになってるし、そんなに入りづらいかなあ・・・メニュー表おいてないからかな」と言っていた。キニナっている人に対しては「敷居が高くない店だからいつでもきてください。気持ちも店もバリアフリーです」とユーモアたっぷりにコメントしてくれた。



岡村のもっこすご店主が作るこだわりラーメン
 


中華料理歴54年の正義さんが作る「肥後もっこす」の味をいただく


厨房にはご夫婦で立つ

 
言葉を交わさずとも呼吸を合わせ、てきぱきと調理をするお二人。厨房はとても清潔で、安心して料理を待つことができた。
 


そしてこちらは正義さんおすすめのミソタンタンメン(600円)と


大ぶりなギョーザ(400円)

 
どちらもボリューム大! 嬉しい!! 香味野菜と炒めた2種類のブレンドみそを使ったミソタンタンメンは辛さを卵で閉じ、ピリッとまろやかな味わい。正義さんいわく「味は薄めにしておいた方が、お客さんが食べ進めるにつれて無理がない」とのこと。

確かに食べ進めるにつれて箸が止まらなくなる。「飲んだ後に食べたくなるラーメンですね」と小島。うんうん、そんなかんじ。

 

そしてこのもっちりギョーザ

 
ギョーザの皮は自家製。こだわりの小麦粉を使用しており、食感はもちろん皮そのものの味も楽しめる。ニンニクが効いたジューシーなあんは、頑張って一口で頬張るのが山崎おすすめの食べ方。ギョーザだけでも相当食べ応えがあり、お腹大満足です。

「2回目に来たお客さんが、また同じものを頼んでくれる時が嬉しい。おお、これをまた食べたくて来てくれたんだなって。だから流行があっても、こちらの勝手で味を変えるわけにはいかない。その人が食べたいときに食べたい味を出せるようにしておきたい」と正義さんは語った。その言葉には、人生をかけて打ち込んできた中華料理への哲学が感じられ、胸が熱くなった。

 

店内のくまモン

 
こちらが突然取材をお願いしたにもかかわらず、「ありがとうね」と見送ってくれた浦上さんご夫婦。入りにくい磯子区岡村のラーメン屋さんは、とてもあたたかな気持ちになれるお店でした。

磯子区岡村の地元の人でも入りづらい、イタリアンレストラン「アマルフィー」と拉麺工房「肥後もっこす」。どちらの店も扉を開けると笑顔で出迎えてくれる、素敵なご夫婦と出会えました。



取材を終えて

まさかこんな素敵なお店2店舗に出会えるとは思わなかった。今まで取材してきた中で、思い出深いお店は何軒もあるけど、この2店舗は私の中で特別だなあ。お母さん連れていこうっと。


―終わり―
 

取材協力
アマルフィー
住所/横浜市磯子区岡村6-1-7
電話/045-754-3701
営業時間/17:30~22:30(日祝21:30まで)
定休日/火曜日

肥後もっこす
住所/横浜市磯子区岡村6-1-9
電話/なし
営業時間/11:00~13:30、17:00~19:30
定休日/日曜日、祝日

最初へ

前へ

1

2

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 610 面白くなかった 10

おすすめ記事


テル2さん2017年11月01日 09時47分
アマルフィー間門に、あった頃 友達と良く食べに行きました(^^;
ベネチア風 何とかかんとかって料理を良く食べたなぁ〜(^.^)
そして自分も結婚して磯子に住むようになって岡村のアマルフィーを発見して食べに行きました。
懐かしい味でした、マスターも元気そうで安心しました。
今でも本牧の時の馴染みの人が来るそうですよ。
そう思う 19 そう思わなかった 1
快調さん2016年11月16日 16時25分
毎日のようにココの前を通りますが、とても気になっていました。ありがとうございます。絶対行ってみようと思います。
そう思う 82 そう思わなかった 3
たけむらさん2016年11月16日 10時12分
(すみません、誤タップしました。sho- shoさんへの[そう思わない]の1件はどうか見なかったことに。いいコメントなのに…)
そう思う 29 そう思わなかった 7