検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 求人掲載募集バナーA
  • イチオシ「住む」バナー
  • はまれぽに無料でお店・会社が掲載できます!

ココがキニナル!

矢部の湯が閉店するそうです。銭湯らしい銭湯がまた一つ消えてしまいます。(山下公園のカモメさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

9月30日に惜しまれながらも閉店。閉店理由は、客の減少に燃料不足、経営者の高齢化や時代の移り変わりによる苦情があった

  • LINE
  • はてな

2017年09月17日

ライター:はまれぽ編集部

矢部の湯に潜入

80年近く戸塚の住民の憩いの場だった「矢部の湯」。
閉店する前に、この地に銭湯があったことを記録にも記憶にも残しておきたい。
そんな思いを伸子さんに伝え、営業開始前の様子を見せてもらった。

 

入口を入ると、左側は女湯。まずは女湯から見せてもらう
 

真ん中にテーブルとイスがあり、ゆっくりくつろげそう
 

赤ちゃん用の着替え台などもある
 

高い格天井(ごうてんじょう)は開放感ある作り
 

年代ものの体重計やマッサージチェア
 

湯舟に入る前に体を洗うことはマナー
 

壁面はシャワーつき
 

女湯の壁画は海岸
 

以前は、富士山の絵だったよう。3年に一度、絵を書き換えているそうで、男湯と女湯を交互に富士山の絵を描いてもらっているとのこと。今年が3年目になり絵を書き換えるタイミングなのだが、閉店のため書き換えは行わなかったそうだ。

 

お風呂は3つあり、一番左は健康薬用風呂
 

昭和の趣を感じるシンプルな作りの浴室だった。続いて、男湯を見せていただいた。

 

脱衣所の中央にロッカーがある
 

ロッカーの上でシャンプーなどを販売。珍しい光景
 

左側には大きな鏡
 

1ヶ月200円で借りられるというレンタルロッカー
 

こちらのレンタルロッカーは、常連さんがマイシャンプーなどを入れるためのもの。

 

奥の壁にもロッカーがある
 

浴室には大きな柱が立っている
 

男湯もお風呂は3つ。壁画には富士山の絵
 

壁画は女湯と繋がっていた
 

矢部の湯の館内を紹介したところで、伸子さんの妹である番頭の中野知子(なかの・ともこ)さんに話を伺った。

 

めっきり見ることも少なくなった番台
 

中野さんは「とても寂しく、毎日来てくれる人には申し訳ない気持ちでいっぱいです」と話してくれた。



利用者の声

最後に、矢部の湯を利用した人に話を伺う。

 

近所にお住まいで、3日に1回矢部の湯に来るという菊池(きくち)さん
 

閉店の事実は取材日に知ったとのこと。菊池さんは「閉店については、やむを得ないと思います。以前、ご主人が倒れて1ヶ月ぐらいお休みしていた時期もあったので、もしかしたら、閉店してしまうのかなと思っていました」といい、矢部の湯に対しては、「お疲れ様でしたと伝えたいです」と話してくれた。

そのほか、1年ほど前から月1~2回通っているという、年配の男性は「残っててほしいけど、自宅にお風呂がある家も増え、利用する人が減ってきてると思う。しょうがないのかな。時代の流れかもしれないね」と話してくれた。



取材を終えて

時代の移り変わりにより、歴史ある銭湯の存続が難しくなってきていることを目の当たりにした取材だった。時が経つにつれ、過去の産物が貴重になる一方、今と昔が共存できる環境というのは、大切なことなのだと改めて思った。

 

街中にそびえ立つ煙突
 


-終わり-


取材協力
矢部の湯(戸塚)
住所/横浜市戸塚区矢部町4
電話/045-881-6954
営業時間/14:00 ~ 23:00 ※入場は閉店30分前まで
定休日/毎週月曜日(祝日含む)
入浴料/大人(中学生以上)470円、中人(小学生)200円、小人(幼児)100円

 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • ここの銭湯への苦情は最近ではなく以前からありました。昔から住んでいる地域住民の方々や役所が煙への改善を求めていても具体的な対策が無かった。廃材利用時の環境対策怠った結果、声が強くなったのが現状です。有害な煙を子供たちに吸わせたい家庭はいませんよ、そういった声が廃業を後押しした。他の銭湯でもやっている事をして地域住民の声を真摯に聞いていれば愛された銭湯になっていたかもしれませんが、自業自得は否めません。そういった部分も取材しないと銭湯の言い分だけでは不公平でしょう。

  • 保土ヶ谷駅そばのは残っていると思いましたが

  • この手のnews見るたび思うけど、市がお金を出すとか人を紹介するとかできないかな。あと、代金の高さだね。大人を値下げし、小人をそれ相応に値上げする。大人だけ値上げでは、不公平。昔は中人のお金で、お釣りがきました。都で言うと、敬老入浴パスの枠を広げるのもありだね。大人とか、家族とか・・。工夫すべきでは?。市ー銭湯さんの1案を。

もっと見る

おすすめ記事

横浜市内に趣のある銭湯はどこにある?第3弾

自分が暮らす空間だから自分が暮らしやすい、暮らしたい部屋をつくりたい。そんな思いを実現する「3rd」

  • PR

綱島の歴史ある温泉施設「東京園」閉店の経緯とは?

リフォームも、新築も。良い家をつくり、まもり続けて40周年、進化を続ける横浜市栄区の地域密着型工務店

  • PR

白楽の昭和の香り漂う銭湯「親松の湯」に突撃!

イヌやほかのペットとフロアが違うから、ちょっぴり神経質なネコも安心! 「新横浜動物医療センター」

  • PR

30年以上続く保土ケ谷区和田町の土地問題、ついに解決か!? 不法占有の建物所有者に突撃!

年中無休体制、本当に「手厚い」ケアができる「ベルジェ動物病院」

  • PR

新着記事

綱島駅周辺は新業態のチェーン店1号店が多いって本当?

    • 面白かった75
    • 面白くなかった4
    • コメント0
  • 2019年02月15日

なぜここに? 保土ケ谷の団地にある「遊園地前」バス停の由来とは

    • 面白かった9
    • 面白くなかった1
    • コメント0
  • 2019年02月16日
求人掲載募集バナーA
イチオシ「住む」バナー
2月イベントカレンダー
--無料掲載案内--

はまれぽ編集部のイチオシ

気功で痛みを和らげる!? 「横浜元気整体院」のイタキモチイイ悶絶級の施術を徹底レポート!

  • PR

国内&ハワイを中心におふたりに寄り添ったウエディングをご提案「LIKELIKE WEDDING」

  • PR

ギター専門の整体師!?音楽の街横浜でギターやベースの修理・メンテナンスを行う、リペアマン常駐の楽器店

  • PR

龍馬の妻、おりょうゆかりの老舗料亭! 1863(文久3)年から歴史を重ねる「田中家」

  • PR

料理やお酒や会話に、家族で紡いだ思いを感じられる場所。野毛の本格的な和食「旬彩 濱おか」

  • PR

レアなストレッチジム「five」で身体を整えトレーニング効率アップ。ホットヨガ専用のフロアも完備! 

  • PR

小学校の卒業式で袴という選択。家族の手で着付けをしてあげられる喜びを発信する呉服店

  • PR

不器用でも完璧に作れるの!? 指輪が手作りできる「ジュエリースミス」で結婚指輪作りに挑戦

  • PR

詰め込むだけでは、ダメ。人の声をよく聴き、自ら考えられる人をつくる。高い合格率を誇る「啓進塾戸塚校」

  • PR

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • マクドナルド・江の島店の駐車場横に変わった建物があります。5階建のようなのですが 3階部分はなく、上...

  • 横浜でも10代の女性のはしかの症状が確認されたようです。公共機関のバスや電車での移動があったようなの...

  • 横浜中華街の中華街パーキングの対面にある日本米穀検定協会っていう古いビルがあるのですが、ビルの屋上を...

あなたはどう思う?

そろそろ始まる花粉症シーズン。花粉症対策する?

最近のコメント

アクセスランキング