検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • お年玉キャンペーン 投票ページ
  • はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
  • はまれぽ.com無料掲載について
復活が決定した大黒ふ頭の「横浜スカイウォーク」、現在の様子は?

ココがキニナル!

大黒ふ頭への客船寄港増加に対応するため、休止していた「スカイウォーク」を活用する案が。今後の行方やいまの状態がキニナル!(よこはまいちばんさん、ツミさん、トミさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

再活用は横浜市港湾局が主導し、通年営業ではなく客船寄港時のスポット的な開放を検討中。超大型客船の寄港が増える中で、貴重な見学施設になりそう。

  • LINE
  • はてな

2018年04月11日

ライター:はまれぽ編集部

超大型客船の寄港に合わせた公開を検討中

港湾局みなと賑わい振興部に再開後の計画について尋ねると、「スカイウォークは確かに補修を行い、2019年4月の再開を目指しています。ただし、以前のように通年での開放ではなく、休日に大型客船が停泊する際など、利用者が多く見込めるタイミングでスポット的に公開することを検討しています」と教えてもらえた。
 


赤線が客船の停泊場所。多くの見学需要がある(Googlemapより)
 

今回、スカイウォーク再開に至った大きな要因は、世界的なクルージングの流行や、大黒ふ頭の再整備にある。中国・アジア圏を中心に豪華クルーズ船での船旅が広まり、2017(平成29)年の横浜港全体への客船寄港は178回にのぼる。2018年も予約ベースで、約200回にわたり客船が寄港する見込みだ。

特に注目を集めるのが、2019年4月に「クイーン・エリザベス号」が大黒ふ頭で発着すること。過去にも横浜に寄港したことはあるが、「発着」は日本で初めてだ。同客船が大阪に寄港した際には10万人近い見物客が訪れたといい、接岸場所の直上にある「スカイウォーク」はまさに絶好の集客スポットになりえる。
 


クイーン・エリザベス号は冗談みたいに大きい(フリー画像より

 
横浜港のベイブリッジは橋げたの高さが55メートルであるため、超大型客船は橋の向こうにある大さん橋や新港ふ頭には基本的に行くことができない。
東京港、神戸港などの客船ふ頭は豪華客船寄港先の争奪戦を繰り広げており、横浜港としても超大型客船の寄港先として、大黒ふ頭に税関などのCIQ施設を整備していくことが求められるのだ。

大黒ふ頭に停泊するのはベイブリッジをくぐれない超大型客船だけなので、年に10回程度。だが、直近では2018年4月27日に、高さ66メートルの「MSCスプレンディダ」が大黒ふ頭に現れるなど、寄港は大きな注目を集めるイベントになる。
 


3200人が乗船できる。ビルが丸ごとやってくるようなもの(公式HPより)

 
当然、「豪華な船を一目見たい!」という市民や観光客の増加も予想されるが、自動車の輸出などが主な役割である大黒ふ頭は、見学できる場所は多くない。そんな中で、安全な見学施設としての役割が期待できるのがスカイウォークというわけだ。
だが、どういった箇所に補修工事が必要なのかはこれから調査する必要がある。

例えば、閉鎖後停止したままになっているエレベーターが稼働するかどうかや、使われていなかったトイレの修理など、調べなければ分からないことが多いそうだ。補修箇所を見学者の安全に関わる最小限の範囲に抑えることや、仮設トイレでの対応など補修費を抑える案もある。当初予算では概算で9500万円を計上しているが、場合によっては補正予算で対応する可能性もあるようだ。
 


下から見たスカイウォーク(過去記事より)

 
また、スカイウォークに先駆けて、隣接する「大黒ふ頭西緑地」の再整備が完了。2018年4月から供用を開始している。
立ち入りできない場所の多い大黒ふ頭内では、こちらも貴重な見学スポットだ。
 


緑地の入り口。以前よりも東側になった
 

緑地の中は、水飲み場や海沿いのベンチが設置されるなど、大型客船を間近で見ることのできる絶景ポイントになっている。一方でトイレなどは整備されていないので、隣接する大黒ふ頭中央緑地を利用する必要がある。
 


西緑地は海側が大きく開けていて、豪華客船が間近で見られる

 
また、同緑地内での商業目的での撮影は事前の申請が必要になるが、個人利用ならば特に規制はないそうだ。

港湾局が主導することになったスカイウォークや緑地の整備。豪華客船が増える大黒ふ頭で、新たな役割を果たすことになりそうだ。



取材を終えて

一度は役割を終えたが、横浜市役所の内部でもたびたび「もったいない」との声が出ていたという横浜スカイウォークが、世界情勢の変化を受けて再び脚光を浴びるのは喜ばしいことだ。採算が合わないということで閉鎖された施設だが、各港湾の競争が激化する中で、横浜港や大黒ふ頭の独自性を担うための役割が見いだされたようだ。
今後、スカイウォークに足を踏み入れることができるのを楽しみに待ちたいと思う。


ー終わりー
 
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • 客船寄港時だけじゃなく、工場の夜景をみたり港を上から眺めたりできるようにしてもらえると嬉しいです。

  • 休止していた間にスカイウォークの代名詞は今や三島スカイウォークになってしまった。

  • 最近は若い人や女性に写真好きな人が増えたので、船の写真撮ったりするのにスカイウォークを活用するのはとてもいいと思う。大黒PAからも行けるんだっけ?行けたら最高だな。

もっと見る

おすすめ記事

横浜のごみ事情はどうなっているの?

他店で買った商品も修理・リフォームOK!「FLD japan(エフ・エル・ディージャパン)港北店」

  • PR

復活が決定した大黒ふ頭の「横浜スカイウォーク」、現在の様子は?

バイクのことならなんでもお任せ! 地域密着がコンセプトの「カスタムショップ サカイオート」

  • PR

日本で初めて「うんこ」を商標登録! うんこって、あのうんこ!? 瀬谷区の「株式会社うんこ」に突撃!

想像力をかき立てるカーディーラー、港南区「スズキ上永谷オートマン」

  • PR

京急本社がみなとみらいに移転、詳細は?

創業88年の老舗。“お酒のプロ”として、地元横浜の飲食店に最高のお酒を提供し続ける「酒の島崎」

  • PR

新着記事

グルメだけじゃない!横浜中華街華で中国武術事情を探る・その1

    • 面白かった25
    • 面白くなかった3
    • コメント1
  • 2019年01月17日

新横浜プリンスホテル、「傾いてません」! 開業以前からささやかれる噂の真相とは

    • 面白かった93
    • 面白くなかった20
    • コメント0
  • 2019年01月17日
お年玉キャンペーン
はまれぽイチオシで新年「学びはじめ」
横浜・神奈川のお出かけ情報
はまれぽ.com無料掲載について

はまれぽ編集部のイチオシ

サウナーは平塚の「太古の湯」に全員集合。日本ではレアな「テントサウナ」で未体験ゾーンに突入!

  • PR

最新鋭ロボットの大活躍で、新鮮・おいしい卵誕生の現場に迫る!港南区「八千代ポートリー」

  • PR

プロフェッショナルがあなたを美しく演出し撮影。わくわくする体験と心に残る写真で、もっと元気な日々へ!

  • PR

家族や友だち、恋人と・・・誰と行ってもこんなに楽しい♪ 動物と過ごす“癒し”の休日「ズーラシア」

  • PR

日本に約4%程度しかいない国際基準を満たすカイロプラクターが、頭痛や肩こり、腰痛、膝の痛みを改善!

  • PR

「通院」が「お出かけ」に! 「また来たい」と思える、地域のニーズをかなえた歯科医院「オリーブ歯科」

  • PR

保険選びはもちろん、金融全般の相談にも乗ってくれる保険ショップ「保険ラウンジ トレッサ横浜店」

  • PR

憧れの湘南ライフの総合プロデューサー 「湘南海辺不動産株式会社」

  • PR

看板犬も人気のお店!元町5丁目にあるヘアサロン「aimable aime(エマーブルエメ)」

  • PR

あなたの人生を手厚く支える最適な保険を提案。100年先も愛される保険代理店をめざす「株式会社仲亀」

  • PR

みんなのキニナル投稿募集中!!

はまれぽ編集部が
キニナルことを調査してお答えします!!

  • 桜ヶ丘、花見台、桜台小学校、桜丘高校etc桜の木があってこその名称だと思うのですが、桜の木が消えてし...

  • 片瀬江ノ島駅の竜宮城風の駅舎が1/19で閉鎖されるそうです。リニューアルするようですが、どんな感じに...

  • 鎌倉の小町通を歩いていたら、遺跡調査中という看板があり、そこは囲いに覆われていて、中には地面を掘って...

あなたはどう思う?

節分の日は何をしますか?

最近のコメント

アクセスランキング