検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 36年ぶりに完全復活「横浜銀蝿 40th」。オリジナルメンバーで再結成!
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

チョコの中には洋酒爆弾!? 1玉で酔えるラムボール「酔寿」で横浜バレンタイン

チョコの中には洋酒爆弾!? 1玉で酔えるラムボール「酔寿」で横浜バレンタイン

ココがキニナル!

アルコールケーキ専門店の「Happy Rummy」が、1玉で酔えるラムボールを製造しているらしい・・・。どれくらいアルコール感が強いのか、市販のお酒入りお菓子と比べてみた!(はまれぽ編集部のキニナル)

  • LINE
  • はてな

ライター:はまれぽ編集部

どんだけ染み込ませれば気が済むんだ・・・


 
食品表示の原材料名は、使用されている量が多い順に記載されるのだが、酔寿はというと・・・。


原材料名に注目


洋酒が一番前にくる!!!


先ほど食べ比べした市販のお酒入りチョコレートの食品表示には、先頭に砂糖、4番目に洋酒が記載されている。

 
食品表示を見ても分かるように、酔寿は正真正銘の“食べるお酒”ということ。どうりで酔っ払うわけだ(笑)。このラムボール爆弾は、一切れで酔えるアルコールケーキを崩し、ラム酒で水分を足してお団子にしたあとに一晩寝かせてチョコレートをコーティングしているのだとか。
アルコールケーキの生地自体に洋酒がたっぷり入っているのに、さらにラム酒を入れるなんて何てこと!


アルコールケーキの生地
長時間洋酒に漬け込んだレーズンとレーズンを漬け込んだ洋酒をドバドバ入れる


「お酒が多ければ良いわけではなくて、チョコレートとのバランスや口溶け、食感も楽しんでもらえるようなラムボールになっています。酔寿の中心に洋酒漬けのレーズンを入れているので、より強いアルコール感も味わってもらえるはずです」と松尾さん。
生地を一晩寝かせている間に洋酒がにじみ出てくるほどなので、原材料の1番が洋酒なのも頷ける。


チョコレートをコーティングする前の爆弾はたこ焼きみたい(笑)


チョコレートの座布団をつくってたこ焼きを座らせたら


チョコレートまみれにして


最後にお化粧をしたら完成!


一通りの作業を見学したが、「なんて丁寧で面倒なことをやっているんだこの人は・・・」と思う反面、これだけ愛情や手間をかけているから美味しいんだなぁと納得してしまう。

基本的にはネット販売限定なので、知らない人は知らない・・・つまり、誰とも被らない贈り物にはうってつけってことだ。4個入りが1620円(税込み・以下同)、6個入りは2250円と少々値は張るが、値段相応の希少価値がある。バレンタインはもちろん、ホワイトデーやお誕生日など特別な日のプレゼントにも喜ばれそう!


こんな感じで包んでくれる(写真は4個入り)


ネット販売だと送料がネックになるけれど、在庫があれば製造所でも買えるし、定期的に特別直売会も行っているらしいので(現金のみ)、キニナル方は製造所の扉をトントンしてみてほしい。
2019年2月28日の午後8時まで、オープン1周年記念「全国送料無料キャンペーン」もやっているので、試してみるチャンスかも!
 
 
 

取材を終えて


 
小学5年生のころ、スーパーで買ってきたハート型のチョコレートを溶かし、別のハートの型に流し入れて、上からカラフルなチョコスプレーをかけた本命チョコレートをあげたことがある。
それを食べた彼は翌月、とても可愛い缶に入ったお店のクッキーをわざわざ家まで届けてくれた。バレンタインの時期になると、もれなく思い出す切ない記憶だ。

バレンタインなんてもう何年も本気を出していないけど、人とは違う(手作り以外の)もの、大人になった今だからこそ贈れるものがあることに心が躍った。


ラムボールで乾杯もオツかも♪


彗星のごとく本命が現われた時には、「酔寿」を食べて幸せな表情になった彼を見て、筆者も幸せな気持ちになりたい。
 
 
ー終わりー
 
 
Happy Rummy
住所/横浜市緑区東本郷4‐4‐19‐C
営業時間/平日・午前10時~午後4時
電話/045-517-2761(※ケーキ製造中は対応できないこともあり)
問い合わせ/happyrummy-contact@hr-cake.com
http://www.hr-cake.com/shop/

※お子様、妊娠・授乳中の方、アルコールに過敏な方、乗り物を運転する前の方は召し上がらないでください

  • LINE
  • はてな

おすすめ記事

創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新店とは?

特典あり

居酒屋感覚で気軽に入れるおそば屋さん。バラエティに富んだ料理すべてを楽しめる昼呑みは特にオススメ!

  • PR

GWに食べたい横浜中華街の“ゴールデン”なグルメとは?

野毛に新たな焼き鳥の名店出現。笑顔の華咲く「華蔵」

  • PR

激安激ウマだけど入りづらい立ち飲み屋、南区「楽」に突撃!

一歩足を踏み入れれば、そこはもう北海道!? 道民も驚く味がそろう、野毛の隠れ家的和食料理店「ぽあろ」

  • PR

取材した「軍艦居酒屋NAGATO」が掲載2日後に店舗売却の告知!?どうして?NAGATO!

特典あり

食わず嫌いじゃもったいない。「丼丸反町店」の500円海鮮丼が想像以上のコスパ!

  • PR

こんな記事も読まれてます

宮川町と福富町で1000ベロはしご酒。ほぼ300円、酒屋さん直営、角打ち、〆ラーメンを堪能!

横浜らしくて変わりダネのハンバーガーが食べられるお店を教えて!

一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.1 県の施設編】

テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?

横浜でビールと料理が絶品の「パブ」はどこにある?

京急と崎陽軒がコラボ! 「けいきゅん・ひょうちゃん弁当」が6月1日から限定発売!

知られざる横浜名物、上田屋の「本牧シュウマイ」とは?

創業50年以上の野毛「三幸苑」の味を受け継ぐ、野毛坂にある新店とは?

新着記事