検索ボタン

検索

横浜のキニナル情報が見つかる! はまれぽ.com

  • 〈はまびとnext〉インフルエンサー・嬉野ゆみ。その素顔に迫る
  • 神奈川県内の横浜家系ラーメン店がどこにあるか地図からすぐわかる!横浜の観光情報「よこはまっぷ」
  • イベント開催、店舗オープン、新商品発売などリリース情報を配信したい方へ
  • はまれぽ.comにあなたのお店・会社を無料で掲載しませんか?

横浜の路面電車、名残はどこにある?

ココがキニナル!

昔横浜には路面電車が走っていましたが、どこを走っていたのでしょうか?また走っていた路線は今現在どんな感じなのでしょうか?そしてその名残はあるのでしょうか?(TAKEさんのキニナル)

はまれぽ調査結果!

北は生麦、南は杉田まで、最盛期の総延長は51.79km。路線は主要道路となり痕跡は見られないが、麦田トンネルに当時の名残が残る

  • LINE
  • はてな

ライター:ワカバヤシヒロアキ

市電の跡は今も残る?



さて、そんな横浜市電だが、今もその面影は残っているのだろうか。
 


横浜市電保存館の山崎館長に話を聞いた


横浜に戦争の傷痕は残ってる?」で紹介した通り、横浜市電保存館には生麦線開業時に建てられた架線用のポールが移設されている。
 


市電保存館には路面電車の車両がある
 


車両の中に入ることもできる


このほか、野毛山動物園や港南区の久良岐公園にも車両が保存されており、移設されて保管される痕跡は市内に幾つか存在する。しかし、当時の架線や軌道などがそのまま残る場所は無いのだろうか。

これについて山崎館長からは、「そういった面影は皆無と言って良いでしょう。路面電車が走っていた場所は現在、道路になっているので、軌道などは残っていないのです」との返答。
 


打越橋周辺も路面電車の経路(『横浜市電が走った街 今昔(著・長谷川弘和)』より)
 

今は軌道などの面影が全く無い


やはり時代が変わり残っていないのかと落胆したが、山崎館長から「あそこなら・・・」と一つの場所を提示してもらった。
 


それが、麦田トンネルだ!


中区麦田町にある麦田トンネル。今は一方通行道路として自動車が通行しているが、昔は路面電車用のトンネルだった。
 


路面電車が走る麦田トンネル(『懐かしの横浜市電(著・天野洋一)』より)


鉄道の軌道は無く、トンネル自体は改修されているが、山崎館長いわくトンネルの躯体などは当時のまま残っているのだという。

路面電車というだけあって、現在の国道や主要道など幅の広い道路で運行していた。そのため、現在は自動車交通の障害となるため、基本的に軌道などは残っていない。

市電保存館の館長でも、ここ以外に面影の残るところは思い当たらないそうだ。



取材を終えて



横浜の近代史を語る上で欠かすことの出来ない路面電車。
路面電車の完全撤廃の同年、横浜市交通局には初の市営地下鉄が開業している。
 


浅間下を抜ける市電(『懐かしの横浜市電(著・天野洋一)』より)


モータリゼーションの発達により避けることのできなかった路面電車の衰退も、形を変え、地下鉄として今も運行しているのだ。
ほとんど跡形も無く面影もほとんど見られないのは残念だが、当時の様子を知る人なら麦田トンネルに思い出をすり寄せることができるのかもしれない。


―終わり―
 

この記事どうだった?

  • LINE
  • はてな
コメントする
  • コアになりますが、滝頭の車庫・工場裏には道路向こうに、分工場がありまして、その引込み線の痕跡らしきものが、市電保存館の向かいにあります。参考文献は「鉄のワッカに生きる」、中央図書館に所蔵されています。

  • 終点にその名残が見て取れます。六角橋、弘明寺、杉田はバス停を過ぎると車線が減りますし、山元町も103系統(往年の3系統!)の横浜駅行きバス停は昔の電停です。

  • この麦田のトンネル付近が出てくる映画がります。今年亡くなった鈴木清順監督の『勝利をわが手に・港の乾杯』です。残念ながら、市電の映像はありませんが。

もっと見る

おすすめ記事

横浜に路面電車を復活させる計画って、どうなっているの?

特典あり

横浜駅から20分の場所で非日常を満喫。家族旅行やみなとみらいの観光にオススメな、横浜唯一の料理旅館

  • PR

かつて横浜市内を走っていた「トロリーバス」って?

特典あり

屋形船って2人でも乗れるの? 「屋形船すずよし」で横浜みなとみらいの夜景を満喫してきた

  • PR

横浜で唯一のワイナリーが新山下に! 「ハマワイン」に込められた思いとは?

おひとり様のカフェ利用大歓迎。18種の個性豊かなお風呂に加え、有名店の味が楽しめる料理も自慢!

  • PR

「新横浜花火大会2018」が初開催! 港北区で19年ぶりに花火大会を復活する理由は?

厳しい社会という戦場を生き抜く大人達の遊び場!巨大屋内型サバイバルゲームフィールド「ウーパー新横浜」

  • PR

こんな記事も読まれてます

たまプラで楽しむディープな旅。はま旅Vol.6「たまプラーザ編」

タクシーでトラブル? 神奈川区泉町と泉区和泉町が存在する理由とは?

有隣堂 週間BOOKランキング 11月1日(日)~11月7日(土)

赤レンガ倉庫で開催中の「iPhoneケース展」はどんな感じ?

横浜西口に美人ダンサーがそろう楽園がある? ショーレストラン「ヨコハマ マリンロケット」に突撃!

元バナナ倉庫がフードコートに? 天王町の住宅街の謎の建物の正体は?

相鉄・JR乗入れ新型車両「12000系」に一足先に乗車!

横浜で唯一のワイナリーが新山下に! 「ハマワイン」に込められた思いとは?

新着記事