ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

イベントカレンダー2017年6月
花火大会特集2017

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    https://www.youtube.com/watch?v=wc4QEcHKgCUこちらの動画で見たのですが、首都圏の中で神奈川県警の「遺体の取り扱い方」がかなり違法性が高く、死亡診断書等遺族への...

    とくもりさん

    三浦のほうで、駆除対処になってた迷惑ウニに廃棄野菜あたえたら食べられるようになったらしいです。実際、味はどうなんでしょうか?商品化したらウニを安く食べられるようになるんでしょうか?気になります

    ykmrcさん

    横浜を代表するヒップホップアーティストのサイプレス上野さんがプロデュースしているというミュージックバー「what's good」が戸塚駅近くにあるようです。店は2階にあるようで、外からはどんな感じなの...

    ねこみくさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

アジサイが見ごろの季節。どのエリアにアジサイを見に行きますか?

横浜
川崎
湘南
横須賀・三浦
そのほか
興味なし

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
「6月23日今日は何の日?」
2位
ラーメン二郎 横浜関内店が「無期限休業」って本当?
3位
「入ってはいけない」中華街食べ放題はこんな店! 経営者が覆面座談会で中華街の裏事情を告白!
4位
神奈川新聞花火大会が2017年から休止になる理由とは?
5位
【はまれぽ名作選】横浜の「ガッカリ名所」はどこ?
6位
女児殴打事件のあった横須賀市不入斗(いりやまず)は本当にヤバイ所なの?
7位
みなとみらいに移転したケンタッキーフライドチキンの新本社と"横浜限定メニュー"をレポート!
8位
京急金沢八景駅ホーム沿い、ありえない高さに出入り口がついている建物の正体は?
9位
弘明寺の謎の店「弘明人」でうっかり絶品カレーを食してびっくり!
10位
横浜市に打つ手はあるのか? ごみ屋敷の実態に迫る!【前編】
11位
決定! 横浜市内の真の「陸の孤島」はどこ?
12位
性春時代がよみがえる? 「私の香り」が買える大人の自販機に大興奮!
13位
きょう本牧にオープン! すかいらーくグループの日本初ハワイアンレストラン「La Ohana」の詳細をレポート!
14位
『あなそれ』に『リバース』! 横浜のロケ地巡り2017年「春ドラマ」編!
15位
横浜では絶滅危惧種!? 「たぬきケーキ」を探せ!
16位
学食に重慶飯店!?関東学院大学に中華街の高級店が出店したって本当?
17位
横浜を代表する食品メーカー「タカナシ乳業」の歴史に迫る!
18位
知っていれば超お得!いつでも停められる!?みなとみらいにある穴場の駐車場を徹底レポート!
19位
CKBも登場してイィ~ネッ! 開港祭2017初日の様子をレポート!
20位
おかえり京急デハ230系! 京急ファミリー鉄道フェスタ2017の様子をレポート!
21位
一般人が利用できる役所などの食堂は?【Vol.2市役所編】
22位
鎌倉の市境にある大船駅笠間口の再開発事業の進捗は?
23位
帰ってきた「走る居酒屋」! 京急×キリンビール横浜工場がコラボした「ビール電車」の様子は?
24位
みなとみらいでワンコイン! 限定ランチ弁当を大調査!!
25位
かつて金沢区の金沢沖に空港建設計画があったって本当?
26位
相模原から湯河原へ! “レトロ自販機”で汚れちまった大人のココロを洗い流す旅!
27位
「横浜大空襲」から72年。戦死者の遺品寄付は受け入れてもらえないって本当?
28位
【編集部厳選】マシマシで! 「26日」だから「二郎」の日!
29位
川崎堀之内の「ちょんの間」、摘発前の様子は?
30位
横浜駅近5分以内! 手ぶらで行けるオススメ「屋上バーベキュー」施設を紹介!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

かつて存在した「陸軍登戸研究所」では、「怪力光線」なる兵器が研究されていたそうです。あまり知られていない研究所だと思いますので、ぜひ詳しく調べていただければ嬉しいです。(maniaさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

旧陸軍の秘密戦に関する兵器などの研究開発や製造を行った登戸研究所。今では、資料館として一般公開され、平和教育の場になっている。

ライター:吉澤 由美子 (2012年07月22日)

市民による活動がきっかけでできた資料館

戦後すぐ、登戸研究所の資料は多くが処分されてしまったが、地域の歴史を調べていた市民や高校生たちによって、登戸研究所で働いていた元所員の証言や手記などが集まりだし、それをきっかけに研究所で行われていたことが少しずつわかりはじめる。


900ページもの文書はタイピストの方が保管していたもの


そうした市民による活動の成果や関係者の熱意を受けて、明治大学は歴史教育・平和教育・科学教育のための施設として「明治大学平和教育登戸研究所資料館」を2010年に開館。


解体されてしまった研究施設の部材も一部保管されている


資料館は一般開放され、すでに2万人近い来館者を集めている。



キャンパスに残されたもの

資料館以外にも、キャンパスにはいくつかの史跡が残されている。

案内してくださったのは、登戸研究所の保存活動をされてきた森田忠正さん。


森田さんは稲田郷土史会の会員。貴重な資料を見せてくださった


資料館の裏手には、弾薬庫が残っている。


弾薬庫のドアと窓。こちらは立ち入り禁止


図書館近くと食堂館入口には、研究所時代に設置された消火栓があった。


正面には陸軍のマーク、星形が見える


当時創建された神社も残されている。


知恵の神を祀る弥心神社(やごころじんじゃ/現在は生田神社)


さらに、正門横には、巨大な動物慰霊碑がある。


この大きさを不思議がる人も


神社と慰霊碑を建てた資金は、登戸研究所で作られた毒物が他の研究機関や部隊に渡り、そこで行われた人体実験で上がった成果に対する褒賞で賄われた。


慰霊碑の裏に「陸軍登戸研究所」の文字


そのため、この石碑はそうした実験で犠牲になった方々の慰霊を人知れず行うためのものではという説があると森田さん。登戸研究所は今なお、解明できない闇を抱えているのだ。



取材を終えて

この資料館は、研究開発が場合によって世界平和を脅かす可能性もあることを教える平和教育の場。理系キャンパスの中にこうした施設や史跡があることは、意義深い。

第三科に関わったことで戦後の長い期間、世の中に偽札が現れるたびに警察から尋問を受けるなど辛い経験をされた方も多いとのこと。

今も「家族に迷惑をかけることにつながる」と口を閉ざす人もいる。

戦争が終わって半世紀以上が過ぎても、語ることができないほど深く傷ついた方がいる。それこそが、戦争の恐ろしさを如実に物語っているような気がした。


※資料館内部を含め、キャンパス内の画像は特別な許可をいただいて撮影しております。


― 終わり―


※資料館は明治大学生田キャンパス内にあります。一般に開放された資料館以外の建物への立ち入りはできません。建物以外の場所でも、授業などに支障のないよう配慮しながら見学しましょう。

明治大学平和教育登戸研究所資料館
住所:〒214-8751 川崎市多摩区東三田1-1-1 明治大学生田キャンパス36号棟内
TEL:044-934-7993
開館時間:水曜~土曜 10:00~16:00
※明治大学の夏季・冬季休業期間、7月・1月の定期試験期間及び12月~2月の入試実施に伴う入構制限期間等は、大学の事情により閉館することがあります。
アクセス:小田急線「向ヶ丘遊園駅」北口から小田急バス「明大正門前」行きに乗車し、終点で下車
http://www.meiji.ac.jp/noborito/index.html

登戸研究所 保存の会
http://www.geocities.jp/noboritokenkyujo/
※保存の会では、毎月第3土曜日に定例見学会を行っています。
明治大学平和教育登戸研究所資料館を含めた登戸研究所の史跡を案内する内容です。
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 434 面白くなかった 4


【関連記事】

横浜に旧日本軍の軍事施設跡は残っているの?

横浜の地下深くに秘密基地空間が存在した!?


都筑のふくちゃんさん2013年08月18日 17時24分
「戦争が終わって半世紀以上が過ぎても、語ることができないほど深く傷ついた方がいる。それこそが、戦争の恐ろしさを如実に物語っているような気がした。」という感想には、同感します。
そう思う 33 そう思わなかった 0
tamaさん2013年08月18日 14時07分
「登戸になぜ研究所が作られたのかの解説」の写真が小さいため、肝心の解説内容が判読できません。拡大表示の写真データを添えていただけると助かります。
そう思う 30 そう思わなかった 0
高木規行さん2012年07月22日 18時28分
 知人のお父さんが怪力光線開発に携わっていて聞いた話では、終戦までの研究成果は1m先の戸板1枚を倒したのと、1m先の鶏がビックリして飛び上がった程度でした。 怪力光線の正体は「マイクロ波」と呼ばれる電波。つまり電波を直接の殺傷兵器として研究していました。電波を直接の殺傷兵器として開発に成功した例は今もありません。唯一、電磁波の一種である放射線を二次的な殺傷・阻止手段として使う核兵器が怪力光線の流れの一つにあると言えましょう。 怪力光線を開発した当人は既に亡くなってしまい、知人も亡くなってしまい、登戸研究所関連の資料が残されていたのかは今となっては解らないのが惜しいです。
そう思う 73 そう思わなかった 1