ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

車橋から始まって、宮川橋、関内、杉田などに増え続けている「もつ肉店」。お店ごとの特徴やおススメメニューは何かなど、気になります!(miyukidさんのキニナル)

はまれぽ調査結果

車橋もつ肉店のおいしさと安さを引き継ぎながらも、関内は2階まであり、BENTENは洋風、宮川橋はゆったりなど各店により特徴があった!

ライター:松宮 史佳 (2014年08月31日)

「宮川橋もつ肉店」はどんな感じ?
 


最後に野毛にある「宮川橋もつ肉店」へ


開店は午後4時だが、“激混み”とのウワサを耳にした松宮。開店前の午後3時半過ぎに店へ。突撃で店長の風間さんに取材を申し込む。すると、突然ながらもOKしてくれる。
 


とっても気さくな店長の風間さん


「宮川橋もつ肉店」は「車橋もつ肉店」の店長(大将)が約3年前に開業。
 
もともと風間さんは「飲食とはまったく別の仕事をしていた」という。しかし、「もっとやりがいのある仕事をしたいと思っていた」と風間さん。そんな折、本牧の知り合いから「飲食店をやらないか」と声がかかり、今に至るとのこと。風間さんが修業したのは本店の車橋もつ肉店ではなく、宮川橋もつ肉店。本店の大将にも何度か教えてもらったそう。後は自身で本店に通い、「見て食べて覚えた」。主に「BENTEN」にいる「茅野さんのもとで修業をした」とのこと。

現在は「おいしかったよ!」「また来るね」とお客さんから言ってもらえるのがうれしいそうだ。毎日が充実しており、「やりがいを感じている」と風間さんは語ってくれる。
 


営業中はとても忙しく、ひたすらもつを焼く


「車橋から受け継いでいること」を尋ねると、「1人のお客さんを大切にすることですね」との答え。また、食器を自分で下げる「セルフサービスも受け継いでいる」。だが、1人で初めて来店し、店の勝手がわからない人には目を配り、「声をかけるようにしている」そう。ほかには「前払い」というのも共通だ。
 


食べ終わったら食器やコップはこちらへ
 

“イス1脚100円”も踏襲


と、ここで店内をじーーーっと見渡す松宮。「この空間、どこかでみたような・・・」一人考え込む。

・・・数秒後。

「!!!!」ああっ! この“打ちっぱなし感”は・・・。本店と同じく「駐車場だったのでは!?」との結論に達する。風間さんに尋ねると“元駐車場”という推測が当たっていたと判明! 「へええー!!!」「ここも受け継いでるんだ!」と興味深い事実に唸る松宮。
 


そこはかとなく漂う“打ちっぱなし感”の中で・・・
 


上を見上げるとシャンデリアが!


「逆に違うことは?」との問いには「うーん、なんだろう・・・」と答えに悩む風間さん。店内をさらによく見渡すと、テーブルの間隔が「ゆったりとしている」と気づく。そのことを風間さんに言うと、「ほかの人を気にせず食事ができるように」との想いから「テーブルの間隔を広く取っている」と教えてくれる。料理の味付けは各店舗の店長の好みを反映しており、「若干違うかな」とのこと。

客層は「1人からグループで来るお客さんまでさまざま」。野毛という場所柄、「はしご酒をする方も多い」ようだ。

こだわりはその日に仕入れたものは本店と同じく「その日に出す(by風間さん)」。お話を伺っていると、「早く食べたい」という気持ちになってくる。



「宮川橋店」のお味は!?
 


開店10分前には20人ほどのお客さんが並んでいる。


開店時間の午後4時になると、一挙にお客さんが詰めかけ満員に。一気に店がにぎわう。
 


誘惑が多いけど・・・
 

「生ビール(中:450円)」と・・・
 

真っ赤な唐辛子の粉に目が釘付けになる「ヂゴクドーフ(300円)」を注文


スタッフの方にオススメメニューを伺うと、「ホントは全部です(笑)」「でもやっぱり一番は“もつ焼き”かな」と答えてくれる。早速注文して料金を支払い、テーブルへ。

実は“辛いモノは一切ダメ”な松宮。豆腐に「これでもかっ!」とかけられた唐辛子の粉を見て慄く(おののく)。
 


が、勇気を出してひと口!


「おお~!」「からくない!!!」 2人分はありそうな豆腐に“唐辛子・ネギ・かつおぶし”が絶妙に合い、後を引く。
 


「煮込み(300円)」もオーダー


・・・「煮込み」の味付けは甘めで美味! 五臓六腑に染み渡る。
 


「シロ(手前)&カシラ(100円)/味噌」も甘めでややしっかりめな味付け


1日の終わりに“おいしくて、しかも超リーズナブル”なものを食べられる。そんなしあわせをしみじみとかみしめた。

 

取材を終えて
 
「もつ肉店」の“おいしさと信じられないほどの安さ”は全店舗に共通していた。しかし、空間づくりや味付けは各店舗の経営者により異なっており、興味深かった。それぞれの店舗に足を運び、「同じところ」と「違い」を発見するのも面白いと思う。各店を取材させていただき、“おいしいものを超庶民価格で楽しめる”という、本物の贅沢を味わうことができた。「杉田もつ肉店」にも足を運んだが、残念ながら「取材NG」だった。しかし、個人的にまた全店舗に行きたい!


―終わり―


「関内もつ肉店」
住所横浜市中区真砂町4-45
営業時間月~木:16:00~23:00(L.O22:30)、金・土:16:00~24:00(L.O23:30)
定休日:日曜※祝月の場合は営業、月曜休業

「BENTEN」
住所横浜市中区弁天通2-30 OMT関内ビル 1F
電話045-681-5503
営業時間/月~木16:00~23:00(L.O.22:30)金16:00~24:00(L.O.23:30)土16:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日日曜

「車橋もつ肉店」
住所横浜市中区石川町5-209
営業時間17:00~22:30ごろ

「宮川橋もつ肉店」
住所/横浜市中区宮川町1-4
営業時間/平日:16:00~23:00、金・土:16:00~24:00、日・祝:16:00~22:30
定休日/火曜と祝日の月曜
 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 645 面白くなかった 26

おすすめ記事


アルプスさん2017年10月13日 23時02分
松宮さんはもう、はまれぽから卒業したのかな。好きな記事が多いので今でも読み返すことが多いです。
そう思う 5 そう思わなかった 1
中区太郎さん2017年10月12日 19時11分
またこの記事の再掲載?人材不足の車橋の再開時期を調査して!
そう思う 21 そう思わなかった 2
HAMAJINさん2017年10月12日 17時51分
たぶん穴埋めの為に確認もせずに再掲載したんだろうけど車橋店は現在休業中。張り紙がかすれて読めないので理由は分からないが、再開するのかも不明。この記事読んで行った人はがっかりだね。
そう思う 29 そう思わなかった 1