ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

工事現場監督・監督候補募集|横浜の地域密着建設会社「安藤建設」×はまれぽ.com
横浜に根ざした舞台を中心に活動する、五大路子さんを徹底解剖!
イベントカレンダー2017年11月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    今まで野球には全く興味が無かったのですが、子供と初めて横浜スタジアムにDeNAの試合を観て以来すっかり家族でDeNAベイスターズのファンになりました。来シーズンもスタジアムへ行くのが楽しみですが、20...

    micさん

    ushin さん(2017.11.17 PM6:14)貴方が答えて下さっても皆様の知識にはなりませんので「はまれぽさんが記事にする」事を希望しています。そして狐猫のキニナルは「IC改札機がある 無人駅...

    狐猫さん

    狐猫 さん 2017.11.14 AM10:25 建前は「有人改札で乗車駅から現金で支払って、入場記録消去」ICカードの取扱い自体不可能な場合は、その旨の証明を貰えるので、自分の近所の駅で入場記録消去...

    ushinさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

あなたが好きなスポーツチームは?

横浜DeNAベイスターズ
横浜F・マリノス
川崎フロンターレ
横浜FC
湘南ベルマーレ
Y.S.C.C.
SC相模原
横浜ビー・コルセアーズ
川崎ブレイブサンダース

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
東京都と比べてなぜこんなにも差があるの!? 横浜市の小児医療費助成の詳細に迫る!
2位
横浜市の公立中学は、なぜ給食がないの!?
3位
子どもがのびのび遊べる! キッズスペースがあるレストランを徹底調査!
4位
戦後70年。戦争の悲惨さを振り返る。元特攻隊員、手塚久四さんが語る特攻隊の真実とは?
5位
事故から35年。青葉区の母子3人が亡くなった横浜米軍機墜落事件って?
6位
9年間の義務教育を行う「小中一貫校」、そのメリットやデメリットとは?
7位
横浜の小児医療費助成が小6まで拡大! その詳細は?
8位
365日24時間勉強している人がいる!? 横浜市内の「24時間自習室」事情を徹底調査!
9位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材!  ~学生生活とカリキュラム編~
10位
神奈川県立高校が一気に統廃合されるって本当?
11位
昭和初期まで使われていた!? 逗子市池子の石切り場跡に突撃!
12位
お魚と多摩川の命をつなぐ「おさかなポスト」って何?
13位
中華学校に日本人児童が増えてるって本当?
14位
謎に包まれた学校? 防衛大学校を徹底取材! ~訓練とクラブ活動編~
15位
使い勝手が悪いと言われた海老名市中央図書館の実体は?
16位
防災頭巾があるのは常識じゃないの!?その歴史と性能は?
17位
横浜の小学6年生がカッコイイダンスを踊るイベントは今?
18位
横浜市立の幼稚園がない理由は?
19位
山下公園内のコンビニ「ハッピーローソン」が特別な理由って?
20位
【ニュース】神奈川大学がみなとみらいに新キャンパスを開設!
21位
姉妹都市だと横浜に何のメリットがある?
22位
横浜の街中で化石を探せ! “横浜化石クエスト”
23位
給食のない横浜の中学校で、7月1日に始まった「ハマ弁」の味は?
24位
神奈川県内唯一の「義務教育学校」、緑区の霧が丘学園はどう違う?
25位
12年前に九州で起こった工作船事件、なぜ横浜に資料館が作られたの?
26位
横浜市の中学生が戦争語り部に「死に損ない」の暴言。その真相は?
27位
横浜市内で一番敷地面積が広い学校ってどこ?
28位
南高等学校附属中学校、普通の公立学校との違いとは?
29位
公立小中学校がないみなとみらい地区。ここに住む子どもたちの現状は!?
30位
2学期制って良くなかったの?
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

南区にある宗教法人大山ねずの命神示教会は近年蒔田駅周辺にいくつもの巨大ビルを建て、信者さんで賑わってます。これはどういった背景によるものなのでしょうか?この界隈を歩く度に気になる(伴 俊作さん他多数)

はまれぽ調査結果

教団の施設が集中しているのは、この場所に教祖の自宅があったことが関係している。建設当時は地元住民の反対があったが、現在は問題は解決している。

ライター:小方 サダオ (2015年07月26日)

周辺住民に話を伺う

そんな民家のひとつに住む女性に、まずは教団のビルについて伺うと「周辺住民はビルが建つ時は反対運動をしたりしましたが、長いものには巻かれろの姿勢でいるほうが良いと、結局あきらめました。しかし今では町内の行事に教団が寄付をしてくれたりして、共存する形でやっています」

「最初のころはA・Hさん(供丸姫教祖)の自宅と山沿いに建てた家の2軒で活動をしていたのですが、いつの間にかこんな大きな教団になってしまいました。またビルだけではなく、周りにある家にも教団の親族や関係者が住んでいる場合もあります。ここまで大きくなった理由は分かりませんが、信者の一生が守られているからなのではないでしょうか?」とのこと。
 


以前教団の施設があったあたり


教団に関しては「供丸斎教祖は見たことがあります。白い着物を着て、長いひげをたくわえた、品のある堂々とした印象のおじいさんでした。信者たちは地べたにひれ伏して拝んだりしていました」

「最初は戸部町のほうでお風呂屋の店主をしていたようです。そのうち人の手相をみるようなことを始めたのです。そして宮元町に住んでいた家の娘のA・Hが病弱だったため、供丸斎教祖に診てもらうと治りました。そのため信者になり、その後跡を継ぐことになったようです」と答えてくれた。
 


全国各地にある偉光会館(ひかりのやかた)


この土地に長く住むある男性にお話を伺うと「このあたりはA一族が住んでいました。そしてA・Hさんは私の姉の知り合いでした」

「体調が悪かったようで、学校を休みがちの人でした。その病気が原因不明だったため、戸部町にある銭湯にいた拝み屋さん(占いや祈祷をする人)の先生のところに通っていると治ったそうです。そこで信者になり、それがきっかけでこの地で教団を建てることになったようです」と答えてくれた。
 


拝み屋さんから教団は始まった、という


前出では手相の話が出た。供丸斎教祖は当初は占いと関係がある人だったのだろうか?

教団のビルに関して伺うと「最初は檜の白木の壁で囲われた家屋から始まりましたが、今ではビルになりました。建てるときは反対があり、特に個人会員ですが、ある宗教団体Sが反対していました」

「そのほかの問題に関しては、会員が多いので細い道が混雑することがあります。しかし地下鉄の出口を教団への行きと帰りで別々の出口を使用するようにルートを分けたりして、迷惑にならないように職員が交通整理をしています」答えてくれた。

教団がこのような大きくなった理由に関して伺うと「山の周囲を、弧を描いた形でA一族が土地を持っていました。A・Hさんとは親族であるといえるため、土地が広げやすかったという可能性はあるかもしれません」
 


教団の裏の山をA一族が所有していた


「また全国から大勢の会員が来るから、周囲の飲食店が信者に寄ってもらうことを当てにするようになりました。まるで参道に並ぶ仲見世のような雰囲気のときもありました。あるそば店などは教団の信者になり、信者に入ってもらいやすいように、店先に信者を証明する札などを貼ったりしたのです。しかしその後会員専用の食堂が出来たため、当てが外れてがっかりしていました」

「さらにうわさでは、施設のビルを建てる建設会社などが信者になり、信者のバッジをつけた上で教団との商談に望むと上手くいく、という話もあるそうです」とのこと。

大きな教団になると、協力し関係を持ちたいという人たちが多く現れ、それらが信者になることで信者数が増えていくことはあり得るのかもしれない。
 


蒔田城の復元図


またこの地は歴史がある、とAさんはいう。
「武蔵世田谷(現・東京都世田谷区)の豪族・吉良氏が蒔田に移り住み、この山の上に城郭を築きました。そのふもとに馬の世話をする場所があり、その軍馬の世話していたのがA一族の先祖と言われています」

「その城郭があった場所に横浜英和女学院というミッションスクールが建ち、ふもとには新興宗教の教団の本拠地になり、宗教的な施設が多くなったことは奇妙に感じられます」と答えてくれた。
 


蒔田城は土塁(どるい:堤防状の壁)や空壕(からぼり)をめぐらせた、簡素な丘陵城郭であったという


歴史のあるA一族が一体の土地を持っていたことで、供丸姫教祖の教団が親族の土地を取得しやすく施設が広がりやすかったといえるのかもしれない。



教団発祥の地・戸部町に向かう

教団の発祥の地は、西区戸部町という。

そこで京急線戸部駅を降り、みなとみらい地区方面に住宅街を歩くと、横浜駅と関内方面を結ぶ16号線の手前に、大山ねずの命神示教会神総本部・信者宿泊処を発見した。
 


供丸斎教祖の教団施設のあった、信者宿泊処


周囲に構えるお店の店主に伺うと「供丸斎先生は大山湯というお風呂屋の主人で、鋭い目をした人でした。しかし優しい人で、友達は手相をみてもらったりしていました」

「そのうち宗教をはじめ、9月の誕生日の日などは大勢の信者が押しかけてくるようになったため、施設を大きくすることにしたのです。供丸斎先生は、この街に貢献してくれたありがたい人だと私は思っています」とのこと。

また16号線に近いあるお店の店主に伺うと「あの先生の子どもには、男の子が3人で女の子が2人いましたが、私はその息子さんの1人と友達でした」

「経営する銭湯の隣で占いをする場所がありました。はじめは近所の住民の『子どもが帰ってこない』などの相談を受けていたそうです。その後宗教の教祖になり、ハワイや福岡県など遠くから信者が訪れるようになりました」とのこと。
 


全国各地にある教団の施設


続いて家の庭仕事をしていた女性は「近所でも数名の人が信仰していましたが、その人達が土地を喜捨(きしゃ:進んで宗教に金品を布施すること)していました。教団はそのようにして大きくなっていくのかもしれませんね」と答えてくれた。

さらに先生の妻が買い物をしていたというお店では「奥様から『いろんな場所に行って布教している』と聞きました」と答えてくれた。

供丸斎教祖は地元住民の相談から始め、全国からの信者を集めることで「大山ねずの命神示教会神総本部」を広めていったようだ。
 


戸部町にある、信者のお食事処




取材を終えて

建ち並ぶビル群を見ると威圧的な印象はあるが、全国にいる多くの会員を収容するためにはこれだけの施設が必要なのだろうか。
しかし周囲との和合の教えを学んでいるという、信者の表情からは、対照的にオープンさと素朴さを感じた。
 


蒔田城があった山から見た教団の施設



―終わり―
 

大山ねずの命神示教会
http://www.shinjikyoukai.jp/
 
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 415 面白くなかった 87

おすすめ記事


伴 俊作さん2015年08月07日 12時57分
あのビル群ができる前は、二階屋くらいから横浜の花火大会の花火が見えました。大晦日は除夜の汽笛も聞こえました。ビルができてからは、だた冷たいビル風の音だけになってしまい寂しい限りです。きっと関係者はあのビルの中から花火見物しているんでしょうねぇ。
そう思う 23 そう思わなかった 46
ushinさん2015年08月01日 23時33分
新宗教ウォッチャーだったんで、ここの話にも詳しいけれど、これほど内部を公開した取材は初めて見た。一番飛躍した第一歩は、あのJAL123便生存者の一人が信者だったからだと聞いたが・・・信じるか信じないかはあなた次第です(ニヤリ)
そう思う 36 そう思わなかった 64
MacBook Airさん2015年07月31日 00時43分
もっときちんと調査してくれ!信者の家族は半強制的に入信させられて金を払わされてます。また信者のマナーも悪く地元住民は迷惑してます。教祖のルーツも教団側に聞くのではなく近所のおじいさん、おばあさんに聞けばどんな人だったのかわかるよ。このサイトも「横浜」を売りにしているのであれば地元住民にきちんと話しを聞くべき。
そう思う 96 そう思わなかった 63