ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

中華街の路地裏グルメ
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2018年

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    毎日横浜公園でおもちゃを用意してくれたり、子供と遊んでくれるおじさんがいるのですが、キニナリます。子供に危害が加える人ではないですし、非常に助かっているので感謝していますが、素性を知りたいです。

    中居屋さん

    Instagramで「元町ラバーズ」と言う名前で横浜元町を紹介しているのをよく見かけます。いろんなイベントやお店を紹介してるのですが一度はまれぽさんも取材拒否してもらいたいなぁと思いました。双方向コラ...

    bachplayerさん

    先日、桜木町から新港地区へのロープウェイが計画されているという報道が出ましたね。その報道の中で、以前に報じられた横浜駅東口から山下公園へのロープウェイも協議中であるとの話がありましたが、こちらの進捗状...

    ねこまんさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

サッカーの「ワールドカップ」は見る?

全試合見る!
日本戦のみ見る!
テレビでやっていれば見る程度
パブリックビューイングで飲みながら観戦する!
現地で観戦します!
興味なし

投票せずに結果を閲覧

みんなのコメント

横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

ユーミンの曲に出てくる根岸森林公園の高台にあるカフェ・ドルフィン。お店のスタイルが気になります。ソーダ水の中を貨物船はとおるのか。(マンジンさん/maniaさん/やまほさん)

はまれぽ調査結果

ユーミンの曲に登場し有名となった「ドルフィン」は、窓からの光景が大きく変わってしまった今も、多くの人に愛される“静かなレストラン”だった!

ライター:大野 ルミコ (2016年02月05日)

ボリューム満点の料理に大満足! そして・・・

しばらくすると、注文していた料理もテーブルに運ばれてきた。

今回注文したのは、「ドルフィンサラダ(1850円)」と「ドルフィンオムライス(1300円)」の2品。共に「店名が頭につくぐらいだから、イチオシの料理に違いない」と勝手に想像し、チョイスしてみたものだ。
 


トリュフやフォアグラが入った、見た目にもゴージャスな「ドルフィンサラダ」

 
サラダが1850円と聞いたときは、正直「いい値段だなぁ・・・」と思ったが、実際に運ばれてきた料理を見て納得! たっぷりの野菜に生ハムや鴨のロースト、そしてフォアグラが贅沢に盛り付けられている。そしてドレッシングにはトリュフまで散りばめられているのだ。
 


魅惑の半熟卵入り。もうこれだけでも食欲をそそられる
 

フォアグラ、鴨ロースト、生ハム・・・驚きの食べ応え

 
大きめのボウルにたっぷりのサラダは2人で食べても充分な食べ応え。3~4人のグループで来てシェアしても満足できるのではないだろうか。また、個人的に鴨肉があまり得意ではなかったのだが、これは驚くほど柔らかく臭みも全くないのでペロリと食べられる。

また少し遅れて運ばれてきた「ドルフィンオムライス」も、見た目から本当においしそう!
 


ふわとろ卵の上にたっぷりのデミグラスソース・・・これはたまらない!
 

柔らかな牛肉がいくつも入っている。ビーフシチューを食べているようだ

 
濃厚なデミグラスソースでじっくりと煮込まれた牛肉は、驚くほど柔らかで口の中でとろけるよう。ふんわりとした卵とデミグラスソース、そしてほのかに香るバターの香りがマッチして、おなかがすいていたこともあり一気に完食してしまった。
 


食事はほぼ完食! でももう少し、ゆっくり過ごさせていただきます・・・

 
「高級住宅街にある一軒家レストラン」ということもあって、メニューはコース料理が中心なのかと想像していたが、オムライス以外にもピザやパスタなど比較的お手頃な一品料理も多い。この雰囲気、ロケーション、この価格でゆったりと食事が楽しめる――なんだかすごくお得に贅沢をさせてもらった気分だ。
 


メニューは「季節ごとに見直すため、内容が変わることもある」という

 
やはり少し見づらくはなったとはいえ、海を眺めながら食事ができるのは、この店の大きな魅力だと思う。今日は寒かったので遠慮したが、春や秋ならテラス席で食事をするのもステキだなと思う。テラス席の前には大きな建物がないので、店内席より眺望もいいはずだ。
 


テラス席からの眺望。やはり海はもっと広く、近く見ることができた

 
こうして改めて風景を眺めていたら、目の前を貨物船が進んでいくのが見えた。まさに『海を見ていた午後』そのもののシチュエーションに、驚くと同時になんだか胸がときめくのを感じる。正直、ここまでリアルに曲の世界を体感できると思わなかったのですごくうれしい。
 


房総半島を背に貨物船が進む。思わずその様子を無言で見つめてしまう

 
貨物船が通り過ぎた後、なぜだか山岸と「過去の恋愛ネタ」でひとしきり盛り上がってしまった。二人とも、リアルタイムに『海を見ていた午後』を聴いて育った世代ではないけれど、すっかり“ユーミンワールド”へ紛れ込んでしまったようだ。

初めて来たのに、なんだか「とても懐かしい場所に来た」そんな不思議な気分になった。



取材を終えて

ドルフィンを訪れた数日後、たまたま「若い時からユーミンの曲と一緒に過ごしてきた」というファンの方と話をする機会があった。そこでこんな質問をしてみた。

ユーミンファンにとって「ドルフィン」ってどんな存在なんですか?

その質問に帰ってきた答えは「まさに聖地」。そして「ファンなら誰もが一度は行きたいと思ったことがあると思う」とも。なぜなら、ユーミンの世界をリアルに体感できるのは「たぶんあの場所だけだから」という。
 


40年以上も訪れる人が絶えないのも当然なくらい「特別な場所」なのだ

 
私たちのテーブルを担当してくださった店員さんの「お客様の中には20年ぶり、30年ぶりに来たと言われる方や、北海道や九州から来たという方も少なくないですよ」との言葉に、聞いているこっちが驚いたのだが、その理由が一瞬にして分かったような気がした。

また、いわゆるバブル期には、ここは男性が女性を誘って訪れる「とっておきのデートスポット」であり、土日(特に夜)には「ドルフィン」に向かう車によって“ドルフィン渋滞”が起こるのも日常茶飯事だったとも聞く。当時は「エントランスにポーターがいた」というくらいだから、ちょっとワンランク上の店に来たという“特別感”みたいなものもあったのだろう。

誰もが華やかだった時代の一端に触れされてもらった――そんな取材だったように思う。


―終わり―
 

参考文献
2012年12月9日付 讀賣新聞 日曜版(よみほっと)「名言巡礼」
 
住所/横浜市中区根岸旭台16-1
電話/045-681-5796
営業時間/11:00~21:00
定休日/無休
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play

この記事どうだった?

面白かった 1086 面白くなかった 17

おすすめ記事


missyさん2017年10月27日 13時15分
1970年代に母とドルフィンに、行った事があります。その頃は大きな窓から海がよく見えました。この記事を読んで又行ってみたくなりました。
そう思う 17 そう思わなかった 1
minchouさん2017年03月31日 11時21分
久しぶりに昔懐かしい荒井由実の曲を聞いててこの記事に来ました。今私がこのレストランを尋ねたとしたら40年ぶり以上になりますかね。20才の頃からよくこの店に出入りしてまして、22の時にこの曲がリリースされたのですから、正にリアルタイム世代と「自慢」できましょうか(笑)。でも当時はまだそれで客が集まって来るようなことはそんなになかったですね。詞にあるように静かなレストランでした。夜はさえぎる物のない石油コンビナートの美しい光が連なってロマンチックでしたな。色々な思い出がありますが、25の頃現在の妻と行って以来ごの無沙汰です。また行ってみたいですね。
そう思う 35 そう思わなかった 6
toshi1949さん2016年11月30日 21時59分
私も去年、学生時代から付き合っている女性とドルフィンへ行きました。お店はレポートのとおりです。根岸の競馬場あとの公園を歩いて、バスで横浜に戻りました。ありがとうございました。
そう思う 28 そう思わなかった 2