ログイン/会員登録

こんにちは、ゲストさん。

ログイン/会員登録する

ログインすると、すべてのコンテンツを
ご利用いただけます。

年末年始に食べるべき極上の一皿
はまれぽ.com無料掲載について
イベントカレンダー2017年12月

Question みんなのキニナル投稿

投稿の中から、はまれぽ編集部もキニナルことを調査してお答えします!
ぜひ投稿してみてね。(200文字まで)

投稿はこちらから

みんなのキニナル

    1月15日(小正月)に行われた「どんど焼き」の実態がキニナル。多くの方が飾ったしめ縄・門松・正月飾りは7日に取り外した後は本来ならどんど焼きで処分される筈ですが、昨今では近隣住民からの苦情や都市部での...

    よこはまいちばんさん

    あのロールロイスに横浜限定モデルがあるらしいです。(いつかは)購入を検討したいので取材お願いします。http://www.rolls-roycemotorcars-nicole.com/news_ev...

    riceさん

    はまれぽアンケート「よく利用するバスはなに?」ですが、なぜ相鉄バスが項目から外れているのでしょうか。結果では「そのほか」の値が高いようですが、相鉄バスなのかフジエクスプレスなのかわかりません。

    栄区かまくらさん

もっと見る

あなたはどう思う?

過去のアンケート結果はこちら

よく利用するバスはなに?

横浜市営バス
京浜急行バス
神奈川中央交通
江ノ電バス
川崎市営バス
川崎鶴見臨港バス
箱根登山バス
そのほか

投票せずに結果を閲覧

アクセスランキング

ジャンル
1位
【はまれぽ名作選】 金沢区六浦の「ラーメン神豚」! 「631大ラーメン」と大格闘の巻!
2位
【はまれぽ名作選】相鉄ムービルにあるメガ盛りの店「金太郎」の「メガ盛焼スパ」を実食!
3位
【はまれぽ名作選】取材不可!? 横浜橋にある超有名天丼屋「豊野丼」に突撃!
4位
【編集部厳選】散歩ついでに噂のあれを喰らう!
5位
【はまれぽ名作選】陸の孤島の名店? 磯子区岡村で食いだおれ!
6位
【編集部厳選】あんあんあん! やっぱり大好き! 焼き鳥ちゃん!
7位
1ヶ月間しか食べられない!? 上海蟹の美味しさを中華街で検証!
8位
早朝6時から反町に漂うコーヒーの香りの正体は?
9位
【はまれぽ名作選】店名に横浜とつくのに他県の方が店舗が多い?横浜西口五番街のたいやき屋さん「横浜くりこ庵」に突撃!
10位
横浜赤レンガ倉庫の「ベッドでごろごろできる席」があるカフェに突撃!
11位
『今夜、ハマのバーにて。 vol.6』~「ウイスキートディ」と常連さん~
12位
【はまれぽ名作選】テレ東の「大食い王決定戦」のニューヒロインVSライター・クドー、3kgの唐揚げを完食できるのか?
13位
ユーザーが選ぶ家系NO.1店が決定!「IEK(イエケー)48総選挙」の最終ユーザーランキングを発表!
14位
激安激ウマ!? 「オーケーみなとみらい」にオープンした焼肉店をレポート!
15位
新横浜にあるセクシービキニ居酒屋ってどんな店?
16位
超個性派横須賀B級グルメパン「ポテチパン」とは?
17位
【ニュース】崎陽軒が「メガシウマイ弁当」を発売! シウマイの食べ比べができるプレミアム弁当も!
18位
ユーミンの歌『海を見ていた午後』に出てくる「山手のドルフィン」の今はどうなっている?
19位
「これぞ家系」、直系店第1号店の杉田家に突撃! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾六
20位
かわいい「ホロ酔い女子」が集まる立ち飲み屋を探せ! 野毛編
21位
元町の老舗洋菓子店「喜久家」のオリジナルスイーツ「ラムボール」誕生秘話を徹底レポート!
22位
吉村家から受け継がれた味! 吉村家直系店と最初の独立店が登場! ~横浜の家系ラーメン全店制覇への道~其の弐拾四~
23位
横浜駅、行列の立ち食いそば店「きそば鈴一」に突撃!
24位
横浜生まれのバナナってどんな味!?
25位
【はまれぽ名作選】車橋、宮川橋、関内・・・横浜に急増中とウワサの「もつ肉店」の正体は?
26位
【編集部厳選】寒くなってきたんで、とりあえず、おでんでも!
27位
鎌倉・小町通り、盛りがすごいと噂の老舗カレー店「キャラウェイ」に突撃!
28位
【はまれぽ名作選】野毛には、リアルな深夜食堂がある?
29位
マグロも温泉も! 「みさきまぐろきっぷ」のお得な使い方は?
30位
分厚いパンケーキを横浜駅徒歩5分圏内で2店舗発見!!
横浜人にインタビュー
教えて○○さん!
はまれぽの記事がアプリでサクサク読める!! はまれぽアプリリリース!!

横浜のココがキニナル!

平戸桜木道路と国道1号線がぶつかる山谷、もう何十年も前にトンネルが掘られていると思いますが今どうなっているのでしょうか。(bubukaさん/はなっこさん/boyoさん)

はまれぽ調査結果

桜木東戸塚線の平戸地区は、トンネルなどの築造が必要になり、高額な事業費が必要のため、現在進め方を調整中。2025年度めどに完成を予定している。

ライター:小方 サダオ (2017年03月04日)

周辺住民の語る“桜木東戸塚線平戸地区”について(つづき)

次に平戸地区の出口予定地に向かってみた。
 


入口の山谷交差点(青矢印)と出口の環状2号線(緑矢印)の交差点(Googlemapより)

 
環状2号線沿いの名瀬方面からの合流地点には、建設現場があり、トンネルの入り口になると思われるコンクリートの斜面が露出していた。

桜木東戸塚線を名瀬方面から来た車は、現在はこの地点で直進できず、左右に延びる環状2号線に合流するしかない。

 

桜木東戸塚線の名瀬方面から突き当りになる工事現場


桜木東戸塚線平戸地区の工事現場


山肌がコンクリートで固められている


桜木東戸塚線と合流するあたり


環状2号線の桜木東戸塚線と合流する手前あたり


環状2号線

 
そして来た道を戻り、山谷交差点に着くと交差点は渋滞になっていた。

「このあたりの国道1号線は渋滞する時がある」という前出のコメントのように、山谷交差点には平戸桜木道路から国道1号線に合流するための車の列ができている。
 


山谷交差点付近に出来た平戸桜木道路側の車の列


国道1号線が渋滞のため先に進めず、平戸桜木道路の車の列は解消されにくい


交差点付近では割り込みをする車も見られる

 
もし”平戸地区”の区間が開通すれば、少なくとも東戸塚駅方面へと向かう車は桜木東戸塚線を利用するため、このあたりの国道1号線の渋滞は緩和するかもしれない。

この現状を見ると、当区間の開通は必要性があるもののように思えた。



事業の進歩について

最後に横浜市道路局建設課長の五十嵐中也(いがらし・なかや)さんに事業の進捗について伺うと「桜木東戸塚線(平戸地区)は、国道1号線と環状2号線を結ぶ延長670メートルの路線で、そのうち410メートル(61%)がトンネル構造となっています。国道1号線の渋滞対策や周辺地域の交通安全の向上を図る整備効果の高い路線と考えています」

「2015(平成27)年度末時点では、これまでにかかった事業費は約55億円、今後必要となる事業費は約72億円と推定しています」と話してくれた。
 


中区方面から流れてくる桜木東戸塚線の交通

 
「道路局としては、工事完了が近い事業進捗率の高い路線に予算を集中させて、整備を進めています。そのため、トンネルなどの大型構造物をつくる必要がある桜木東戸塚線の平戸地区は、一時期に高額な事業費が発生するため、当面、事業の進め方を調整しています」という。

事業進捗率の高い路線については、「戸塚区で言うと、環状3号線(戸塚周辺地区)、桂町戸塚遠藤線(上倉田戸塚地区)、横浜藤沢線(上永谷舞岡地区)などがあります」と答えてくれた。

また「現状は、2011(平成23)年ごろから用地取得が進んでいない状況ですが、2025年ごろまでに完成させたいと考えています。事業は継続中で、現在も関係地権者様と話し合いを行っています」とのこと。
 


平戸地区の区間については当面事業の進め方を調整中だという

 
「果樹園が市街化調整区域で市の農業振興地域のため、開発工事が止まっているのではないか」という点については「当地区は農業振興地域にあたりますが、農業振興地域制度というのは、道路整備を規制するようなものではありません。したがって、当該路線についての進捗は調整していますが、今後、順次事業を推進していきたいと考えていますので、ご理解いただきたいと思います」と答えてくれた。
 


農業振興地域制度により道路整備が規制されることはないという

 
前出の「約50年前からあった桜木東戸塚線が山谷交差点から名瀬のほうへとつながる話」に関して伺うと「現在の桜木東戸塚線は、1966(昭和41)年当時、中区花咲町から戸塚区岡津町までを結ぶ桜木岡津線という路線名で都市計画決定しました。その後、1972(昭和47)年に桜木岡津線の戸塚区名瀬町から戸塚区岡津町までの区間が現在の権太坂和泉線に編入し、残りの区間を桜木岡津線から桜木東戸塚線という名称に変更しました」という。



取材を終えて

環境創造局の担当者に伺うと「東戸塚駅ができる前のことになりますが、『平戸果樹の里』は、以前は数軒の梨農家があり、市街化区域で税金が高かったため、税金の負担の少ない市街化調整区域に変更しました。市街化区域の中に市街化調整区域がうまれたのは全国でも珍しいケースです」という。

都市化が進み、市街化調整区域から市街化区域になる場合は多いようだが、当区間にある果樹園の場所は、市街化区域から市街化調整区域へ変更された地域。そういった場所は珍しいようだ。

事業の完成もキニナルが、この事業が貴重な「平戸果樹の里」の農地に影響があるのか、今後も注目していきたい。
 


山の上の果樹園に影響しないように道路は出来るのだろうか

 

―終わり―
 

最初へ

前へ

1

2

3

次へ

最後へ

はまれぽアプリ
App Store
Google play


この記事どうだった?

面白かった 279 面白くなかった 15

おすすめ記事


Fuさん2017年03月11日 18時36分
ここは単純に予算の問題が大きいようですね。現状でも渋滞はしますが一応国道1号→環状2号で迂回できてしまうので、代替の道路が全くないところと比べると優先順位は下になってしまうんでしょう。
そう思う 10 そう思わなかった 3
カズのおかずさん2017年03月11日 11時02分
低金利でこれから物価・所得の上昇が見込める今こそ、事業を加速化してほしいと思うけど、横浜市はのんびりと2025年とか言っているよね。5,6年前の都市計画道路計画の見直しを前提に動いているようだけど、社会情勢は時々刻々と変化するのだから、それに合わせて再度見直してほしいと思うのは私だけ?
そう思う 13 そう思わなかった 1
はま045かぜさん2017年03月05日 06時02分
地元ですが、出来たら1号線や県庁平戸桜木線の山谷交差点を中心に伸びる渋滞緩和に間違いなく効果があると思う。(立体ではないのでいづれ更なる渋滞になる危惧もあるが)道路整備は地元が便利になる事だけの整備ではない。整備が進めば地元も万年渋滞から解放され助かる。是非、本腰を入れて早々に進めてほしいと思います。しかし、人の土地を勝手に市街地にしたり調整地域にしたり、利権が絡めば調整地域を開発させたり役人の私利私欲やりたい放題の都市計画は いい加減にしてほしい物です。
そう思う 62 そう思わなかった 12